Youtubeがブログに圧勝している現実【動画の時代の到来】

こんにちは~!
杉山です。

今回の動画は、「なにかで発信していきたい」と考えている人が今からはじめるなら絶対Youtubeがいい。という話をしていきたいと思います。

いろいろな人が、動画の時代が来ていると言っていますが私自身、ピンときていませんでしたが、最近Youtubeの活動を再開し、Youtubeのアナリティクス(分析ツール)を見ているとその意味がわかりました。

もう、時代は動画ですね。

自分自身の生活を考えてみてもそうです。

テレビは面白くないので、なにを見ているかといえばYoutubeです。

テレビは、見たい番組がある時間まで起きていないといけなかったり、その時間に見たい番組がかぶることもありますし、ちょうどテレビを一番見るだろう、ご飯時に面白い番組がやっていなかったり、ぶっちゃけ煩わしいんです。

でも、Youtubeは違います。

例えば、ご飯を食べる30分の間に今関心のある動画を見ようと思えば、数多くの動画を見ることができますし、妻が風呂に入っていて、自分は布団で待っている間の20分程度の時間も、手のひらでスマホを通してYoutubeを開けばすぐに動画を見ることができます。

エンタメを見て、笑いたいと思えば、お笑いの動画を見ればいいですし、勉強をしたいと思ったら、勉強の動画を見ればいいですよね。

見たいときに、見たい動画を手のひらにあるスマホを通じて見ることができるYoutubeのすごさを知ったのは遅いかもしれませんが、最近ようやく腑に落ちるようになってきました。

なので、これまでの「発信するツール」といえば、ブログやnoteなどのテキストのツールが一般でしたが、それも変わってくるんじゃないかなと思います。

というか、もうすでに変わっていると思います。

まあ、事実私の弱小ブログと、弱小Youtubeを比べてみても明白なのです。

ショックですが、事実として受け入れないといけません。

Youtubeがブログに圧勝。7カ月積み上げた220個の記事が、たった18個の動画に負ける

Youtubeがブログに圧勝。7カ月積み上げた220個の記事が、たった18個の動画に負ける

見出しをもう一度見てみてください。

事実です。

このブログですが、7カ月運営してきて記事数は220個あります。

毎日更新を頑張ってきて、ネタの無い日も必死に絞り出して、毎日3,000文字以上の記事を納品してきました。

収益こそ少ないですが、月2マンPV程度にまで成長していたのですが、あっけなく、Youtubeに抜かれました。

しかも、たった18個の動画にです。

一日の視聴時間、視聴維持率でいうと、220個の記事が、たった2本の動画に負けている日だってザラにあります。

大事なので、もう一回言いますが。
私が7カ月積み上げた220個の記事よりも、Youtubeのたった18個の動画のほうが毎日見られているんです。

悲しいですが、これが現実である事実です。

だから、たぶんこれから「発信していきたい人」はYoutubeをするべきです。

7カ月必死こいて動画を作り続ければ、コンテンツの質が伴っていれば、なかなか面白いことになると思います。

それだけ、Youtube村には人がいます。

動画の時代が到来している

数字から見ても明らかですが、今の子供たちを見ても明らかです。

大学生や高校生で、スマホを使えない人はいませんし、Youtubeを見ない人はいないといいます。

では、もっと若年層はどうでしょう。

3歳くらいの子がYoutubeでヒカキンをみて、踊っていたりするわけです。

外で赤ちゃんが泣いていても、お母さんがスマホを取り出し、Youtubeを開き動画を赤ちゃんに見せてあやしている光景も何回も見たことがあります。

その子たちが大人になる時代=日本の未来なわけです。

Youtubeのユニークユーザーはどんどん増えます。

テレビに危機感を感じている芸能人がどんどんYoutubeに参入してきています。

私たちよりちょっと上の世代。
テレビが好きな世代です。

Youtubeはあまり見ないかもしれません。

しかし、自分の好きな芸能人がYoutubeに参入するとたぶん見ると思います。

Youtube村に足を踏み入れたら最後。

関連動画地獄で、Youtubeをどんどん好きになっていきますし、手のひらのスマホで動画を見れる便利さを経験してしまったら、もうテレビには戻れなくなります。

今まで、100%テレビに費やしていたものが、50%、50%の割合でテレビとYoutubeになる人がいっぱい、いっぱい増えます。

Youtube村は、Youtube帝国になっていき動画市場を席巻します。

また、テクノロジーの時代も動画時代を後押しします。

5Gがもう、まもなく世に広まります。

月末になると、ギガ数が足りなくなり低速になる人も今は多いですが、それが5Gになるとなくなります。

ギガ数を気にせずに、超高速で動画を見ることができます。

友達との待ち合わせで5分早くついても、ギガ数を気にせずに、5分の動画を見ればすぐに時間を潰すことができるわけです。

通勤、通学の移動時間や、仕事の合間の休憩時間、自宅での食事中、寝る前、朝起きたとき、すべての時間、動画があれば暇をつぶせるわけです。

動画の時代です。

テキストよりも、動画のほうが情報を伝えやすい

また、性質上テキストよりも、動画のほうが情報が伝わりやすいという利点も動画市場にはあります。

文字は、書き手の解釈と、読み手の解釈が違うことがよく起こります。

それは、日本語の難しさもありますが、読み手のリテラシーに問題があったり、書き手の文章力に問題があったり、様々な要因がありますが、テキストでは情報が伝わりにくいといったことがあります。

しかし、動画でその人の表情や身振り手振りが入るだけで、まるで目の前で会話しているかのような感覚になり、スムーズに情報が伝わりやすいのです。

また、ハウツー系のコンテンツは動画のほうがわかりやすいです。

縫物を始めたいと思ったり、料理を始めたいと思ったり、魚をさばいてみたいと思ったりとなにかの方法を知りたい場合、テキストで読んで理解するよりも、動画で身振り手振り見て、実践すればこんなにわかりやすいことはないはずです。

これから、どんどん便利になっていくであろう未来において、情報が伝わりやすい動画が選ばれるか、読んで理解しなければいけないテキストが選ばれるかは考える必要もないくらい、動画が有利であることは間違いありません。

ブログよりYoutubeがいいと思う

今から、やるならブログよりYoutubeですね。

顔出しが嫌なら、仮面を被る方法もありますし、首から上を写さないようにする方法もありますからね。

私もブログの運営をどうするか実は考えています。

7カ月220個記事を積み上げてきたものが、たった18個の動画に負けているというのはショックでもあるし、逆にチャンスなのかなと思ったりもします。

ブログに使う時間の全てを、Youtubeに捧げればもっと伸びるかもしれない。

でも、220個も記事を納品してきて、毎日連続で更新してきたのを止めるのも勿体ないと思っています。

いろいろな事をやるマルチタスクよりも、一つの事に集中するシングルタスクのほうがいいという話も聞くし、「どうしようか~」と悩んでいます。

でも、今から始めるならYoutubeがいいと思います。

これは、断言できます。

それでは、今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。