WordPressで自作テーマを作ってブログ運営をしよう Vol.7

Hello World!!
杉山です。

ワードプレスシリーズも最終章です。

最終章は前回作成した、ブログの仕上げをして、実際にブログを公開して全国に発信していく方法について書いていきます。

最終章ですることは以下の通りです。

  • レスポンシブにしよう
  • 実際に全世界にあなたのブログを公開してみよう!

レスポンシブにしよう

前回作成した、自作テーマはパソコンバージョンになります。

しかし、現代はパソコンでブログを見られることは、ほぼなく。

ほとんどがスマホによる閲覧となっております。

私のブログでも、だいたい7割くらいがスマホでの閲覧となっております。

ということは、今のまま公開してもスマホでの閲覧の際には大きくレイアウトが崩れてしまいます。

こんな感じになってしまいます。

これでは、スマホで見た人は「なんじゃこりゃ」となって、見てくれませんよね。

なので、スマホにはスマホのレイアウトをする必要があります。

スマホのレイアウトは、style.cssに記述をしていく形になりますので早速コーディングしていきましょう。

style.cssに記述

そして、今回はハンバーガーメニューも搭載しております。

ハンバーガーメニューとはこういうやつですね。

これを作るには、header.phpに新たに追記していく必要がありますので、header.phpを開いてください。

そして以下の箇所に新しくコードを入れていきます。

コードは以下のコードです。これを上記の箇所に記述していきましょう。

これでOKですね。

それでは、スマホでどのように表示されるか確認してみましょう。

スマホバージョンの確認の仕方は、デベロッパーツールでするのが一般的なので、その方法もご紹介していきます。

Googlechromeを使用していることが前提ですので、まだの人はインストールしましょう。

GoogleChrome

デベロッパーツールのやり方は、右クリックで「検証」をクリックします。

以下の要領で試してください。

これでスマホでの確認ができます。

このように問題なく表示されていればOKです。

おめでとうございます。ここまでお疲れさまでした。

こちらで自作テーマの完成です。

では、こちらであなたオリジナルのブログを作成して、あなたの得意なこと、日々疑問に思うこと、誰かの役に立てそうなことを世に発信していきましょう。

実際に全世界にあなたのブログを公開してみよう!

これまでは、ローカル環境で構築してきましたが、全世界に発信するには実際にサーバにアップロードする必要があります。

そうすることで、全世界の人に発信することができるようになります。

しかし、このサーバーにアップする前に必要なことがあります。

それはドメインの取得です。

ドメインとはいわば住所のようなもので、住所を取得しないと、誰の家に訪問しているかがわからないので、ブログをアップすることができません。

なので、手順としては以下のかたちです。

  • ドメインを取得する
  • レンタルサーバーを借りる
  • WordPressをインストールする
  • ブログの発信をはじめる

こちらを順番に見ていきましょう。

ドメインを取得する

まずは、住所であるドメインを取得していかなくてはいけません。

ドメインとは、サイトのURLの「http://」もしくは「https://」の後にくるもののことを指します。

私のブログでしたら、「sugiblog.me」こちらがドメインになります。

まずは、このドメインを取得することから始めていきます。

あなたのオリジナルで住所に設定したいドメインを選んでいきましょう。

ドメインの取得は「お名前ドットコム」が有名です。

私も「お名前ドットコム」で取得しましたので、そちらで取得していきましょう。

トップページで、あなたが指定したいドメインを検索してください。

検索して、気に入ったものがあればお申込みを進めていきましょう。

お申込み方法は、画面に沿って行けば問題なく進めます。

どこのサイトでもあるような、名前を入力したり、住所を入力したり、お支払方法を指定したりですね。

ドメインは比較的安く、だいたい100円くらいからあります。

「.」の後の部分を覚えやすいものや、広く使われているものにすると高くなる傾向がありますが、「.com」を選ぼうが「.jp」を選ぼうがSEO的には関係ないそうなので、お財布と相談して、ベストな選択をしてください。

ちなみに、私のドメインでは「.me」ですが現在徐々に検索順位も上がってきていますので、SEO的に問題ないというのは本当だと思います。

レンタルサーバーを借りる

ドメインの取得が完了したら、次はサーバーの契約をしないといけません。

サーバーには購入と、レンタルという方法がありますが基本的に個人でブログをする場合は、レンタルするのが一般的になりますので、レンタルしましょう。

ワードプレスと相性がいいのは「エックスサーバー」だと思いますので、そちらをお勧めいたします。

私もエックスサーバーを使っています。

エックスサーバーは以下より契約することができます。

契約の仕方は割愛します。ここまで、自作テーマを作成してきた方ならネットで買い物もしたことあるかたが大半だと思うので、問題ないと思います。

契約が完了すれば、まずしなくてはいけないことがあります。

それは、ドメインとサーバーとを結合させなければいけません。

そのやり方をみていきましょう。

お名前ドットコムのマイページに移動しましょう。

マイページから「ドメイン一覧」に移動して以下のように「ネームサーバー」を変更するボタンをクリック

ネームサーバーの設定画面にの下にスクロールしていただき、以下のように進めてください。

この「ネームサーバ情報を入力」のところに以下のように情報を入力してください。

そして、忘れずに下の「確認ボタン」を押して完了です。

これはなにをしたかというと、このドメインはエックスサーバーで使いますということをドメイン側で設定をしました。

次は、エックスサーバー側でドメイン設定を行っていきましょう。

エックスサーバーのサーバーパネルに移動してください。

そして、ドメイン設定をクリックしてください。

そして、「ドメイン設定を追加」をクリック後、先ほど取得したドメインを入力してください。

そして、忘れずに「確認画面へ進む」を押して完了させてください。

WordPressをインストールする

これで、前準備は完了です。

いよいよ、ワードプレスをインスト―ルしていきましょう。

エックスサーバーでは、簡単インストールというものがありますのでとても簡単にワードプレスをインストールすることができます。

それでは、実際にインストールしていきましょう。

エックスサーバーのサーバーパネル内の「WordPress簡単インストール」をクリック。

次のページで、ドメインを選択して、その次のページで「WordPress」インストールをクリック

そのまま進めると、簡単にエックスサーバー側でインストールを行ってくれます。

これで、完了です。

ブログの発信をはじめる

これで、いよいよ全世界にブログが発信できる準備が整いました。

あとは、ダッシュボード画面に移動して記事をどんどん書いていきましょう。

また、サーバーにワードプレスをインストールして数分、数時間はまだダッシュボード画面にいけない可能性があります。

それは、まだサーバー側が対応できていないことを表しますので、すこし待ちましょう。

待てば、ダッシュボード画面にいくことができるようになります。

それでも、ダメな場合は一度スーパーリロードを試すのも一つでしょう。

まとめ

これで、WordPressシリーズは以上になります。お疲れさまでした。

もし、本気でブログを始めたくて私のWordPressシリーズにたどり着いた方で、シンプルな作り方はわかったけど、なんかこう…もっとオリジナリティのあるかっこいいのが作りたいと思った方は、私が作らせていただきます。

普通の制作会社に頼むと、おそらく30万円以上の請求が相場だと思いますが、私でしたら、内容によっては10万円以下で作成することも可能です。

悩んでいるなら、まずは見積もりをさせてくださいね。

見積もりはもちろん無料ですし、見積もりを見ていただいた後に断っていただくのは全然大丈夫です。

また、制作過程において制作能力に不満を感じたり、不安を覚えた場合はいつでもおっしゃってください。

全額返金しますので。

軽い気持ちで是非、お見積りしてください。

お見積りは以下より、お願いいたします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。