失業保険取得に動いていたけど、めんどくさいから辞めた話

Hello World!!
杉山です。

フリーランスになって、約2ヵ月とちょっと経ちました。

それまでは、サラリーマンをしていたので、会社を辞めたら「雇用保険の失業保険給付」が受けれる資格があるので、タダでお金がもらえるならと、失業保険取得に動いていましたが、この度、めんどくさいから辞めました。

というか、基本的に収入がない人の「給付制度」になるため、私が申請して給付することは不正受給にも抵触する可能性もあった為辞めたのも理由にあります。

どこの自治体も、特に手続きで変わることがないと思うので、今回は会社を辞めて「失業保険」を給付しようと考えている全ての人にむけて書いていきたいと思います。

会社を辞めてフリーランスになることを考えられている方は必見です。

失業保険はいいけど、めんどくさい

失業保険はいいけど、めんどくさい

まず、失業保険という制度はどういうものかを説明していきましょう。

意味合いとしては、「失業して、次の就職先を見つけるまでに生活費を補填する」というものになります。

つまりは、本来、次の就職先を探していない人向けのものではない為、もらうための行程が非常にめんどくさいのです…。笑

しかし、失業保険の額が額で、まじめにサラリーマンをしていた人にとっては無視できない額であることも事実でしょう。

人によっては、労力を惜しまずとも欲しいという人もいることだと思います。

まずは、あなたが今、会社を辞めたらどれだけの失業保険がもらえるのか下記のサイトより計算してみましょう。

失業保険計算ツール

どうでしたか?無視できない数字が出たのではないですか?

では、どのようにして失業保険を受け取るのか解説しましょう。

失業保険がもらえるのは初回認定日から3カ月後から

失業保険はすぐにもらえません。

初回認定日から3カ月の月日が必要になります。

初回認定日とは何かといいますと、これは仕事を退職した日ではなく、初回認定をハローワークがした日になりますので、会社を辞めたらすぐにハローワークに行き手続きをしないといけません。

これが、だいたい1時間くらいの手続きなのですが、いろいろな紙に書いたり、面談なんかもあります。

「次はどんなところに就職したいですか~?」と職員と面談します。

「年収はどれくらいほしいですか~?」とか聞かれます。

フリーランスとして活動すると決めている私にとっては、とてもミスマッチで返答に困りました。

その手続きを終えると、次にだいたい1週間後くらいにある「雇用保険の説明会」に来るように指示を出されます。

雇用保険の説明を長々とするものになると思いますが、私はもうめんどくさくて受給を断念したため、行っておりませんので、どんなことをするのかは知りません。

しかも、この「雇用保険の説明会」ですが2時間くらいあります。

時間もったいないですね。

そして、「雇用保険の説明会」が終われば、認定してくれるのかというと言うと、まだまだ終わりません。

次は「初回講習」というので、また「雇用保険の説明会」から更に一週間後くらいにハローワークに行かなくてはいけません。

こちらが無職なことをいいことに、日時も基本的にハローワーク側が相談もなしに指定してくるので、スケジュールを強制的に抑えられるイメージです。

この「初回講習」がどんなものなのかはわかりませんが、また説明なのでしょう。

そして、この「初回講習」を修了してやっと「失業認定」をしてもらえることになります。

辞めてから、このような手続きを踏んで「失業認定」を受けるまでは約1ヵ月かかります。

そして、いざ失業保険を受給できるのは、この「失業認定」から3カ月後になるので、最速最短で会社を辞めてからすぐに行ったとしても、もらえるまで4カ月もの月数が必要になります。

どう考えても長いです。

めんどくさいですよね。

しかし、今したお話は会社を「自己都合により退職」した場合に限ります。

会社からリストラにあった場合は、即効でもらえるそうなのでリストラに合った人は必ずもらうようにしたほうがいいですね。

「自己都合による退職」の人は、辞めてからもらえるまで4カ月かかるので、なかなかハードルが高いように思いますね。

就職する気がないのに、仕事を探すフリをしないといけない

「失業認定」を受けて、3カ月待つだけでOKかというと、そうではありません。

1ヵ月毎に、最低でも2回仕事を探さないといけないという決まりがあります。

こちとら、フリーランスとして独立しているのに就職する気なんてないわけなので、仕事なんて探していないのに探すフリをしないといけないということになります。

本当に探しているのなら、いいですけどね。

本当に探していないと苦痛ですよね。

月に最低2回なので、けっこうな時間を取られます。

時間だけでなく、仕事を探すフリをしないといけないので、職員さんも気の毒ですし、そこの面談に生産性はまったくありません。

本来失業保険は、退職して次の就職を探す人のものになるので、当然ですが、ズルができないようにうまいことなっていました。

それにしても、会社を辞めてから4カ月も無収入な状態を基本的に維持しないといけないので、貯金がある人でないとなかなか難しい制度なようにも思いました。

しかし、不正受給している人が多いのも実情でしょう。

失業保険の不正受給の要項もあいまいでめんどくさい

失業保険の不正受給の要項もあいまいでめんどくさい

不正受給の要項もあいまいでめんどくさいです。

「失業して、次の就職先を見つけるまでの生活費の補填」なのであれば、失業した人を全員を対象にしなければいいのに、失業した人全員が対象になっています。

失業した人の中には独立を志す人もいるでしょうし、すこし働くことに疲れたから半年くらいゆっくりするという人もいます。

そんな人達でも、基本的に収入がなければ受給できるということになっています。

しかし、受給するために「仕事を探すフリ」だけはしないといけないことになっています。

なんか変な感じですよね。

それは不正受給にならないのか?どうなのか?

あいまいです。

フリーランスで独立して、受給するのは至難の業

フリーランスで独立を考えて、会社を退職する人が失業保険を受給しようと思うのは結果的には至難の業なのではないかと思います。

4カ月間も無収入でいることは難しいです。

私は、ブログもしているので、何もしなくても収入が発生してしまうこともありますし、なんだかんだお金が入ってくるので、収入を0にすることは困難です。

それで、不正受給なんて言われたらたまったもんじゃないし、もう失業保険を受給することはあきらめました。

時間もかかるし、何度もハローワークに行くのもめんどくさいと思ったからです。

しかも、どうもハローワークの空気が苦手です。

絶望に満ち溢れた顔をした人も何人かいて、ネガティブな空気を感じました。

ネガティブは伝染しますから、あまりよくないと感じました。

それらのマイナス要素と、失業保険の額を天秤にかけたときに、ハローワークなんていかずに、自分のやるべきことに時間を投下し、コミットするほうがいいと判断しました。

当然、先立つものがないと生活もできませんので、お金に困っている人は受給されるべきでしょう。

お金に困っていない人は受給するものではないと、そう感じました。

不正受給と認定されると3倍の罰金がある

不正受給の要項があいまいなのですが、もし国から「あなたは不正受給でした」と認定されることになってしまったら、大変なことになります。

3倍の罰金が命じられます。

しかも、受給してからいつ言われるかわかりません。

しかも、認定するのは国なので、こちらの言い分は通用しません。

不正受給ではないと自分では認識していても、国が不正受給と言えば不正受給になってしまうので、「失業したので、就職活動をしている間の生活費補填」である正攻法でない形で受給したのなら、いつまでもそのリスクにおびえながら生活しないといけなくなります。

3倍ってばからしいです。

失業保険の受給をする為に、あくせくハローワークに通い、貴重な時間を使い、やっとの思いで受給できたのに、「不正受給です」と言われてしまえば、時間もお金もどぶに捨てる事になります。

この記事を読んで、受給するかどうするかをよく考えてください。

必ずしも、いいことばかりではありませんので、最良の選択をしていただければと思います。

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。