Twitter疲れたので、しばし休憩します

Hello World!!
杉山です。

題名の通りなのですが、ツイッター疲れたので、しばし休憩します。

自分事なので、記事にしようか迷いましたが、きっと同じ悩みをもった人もいるのではないかと思って記事にしました。

今回の記事は、ツイッター疲れた人向けの記事です。

「はぁああ!?ツイッターめっちゃ楽しいのに何言っちゃってんの?コイツ」みたいな人は閉じるボタンでページを閉じちゃってください。

きっと、ツイッター楽しくてワクワクしている人にはなかなか理解できない話になると思います。

遡ること、4カ月半前くらいから私はツイッターをはじめました。

SNSというと、ツイッターは昔から真剣にしたことがなかったので最初はワクワクして、好きなようにつぶやき、フォローしている人の情報を浴びながら充実したツイッターライフを過ごしていたわけです。

幸いなことに、応援してくれる人もたくさんできて、気づけばフォロワーさんは2,600人を超えていました。

フォロワーさんを買ったりだとか、相互フォローのキャンペーンをせずに自然に集まってくれた2,600人の人たちです。

杉山のツイッターはこちら

2,600人ってすごいですよね。

ちょっと、調べてみたら秋田県の東成瀬村という村の人口が約2,600人くらいだそうです。笑

一つの村の人全員にフォローされている状態です。
普通の凡人がです。

異常事態ですね。

でも、せっかく自分をフォローしてくれている人の期待を裏切りたくないし、「フォローしてよかった」と思ってもらいたいと気を使いながらツイッターを続けてきましたが、少し疲れてしまいました。

なので、ちょっと休憩します。

ごめんなさい。

Twitterが疲れた理由

Twitterが疲れた理由

フォロワーさんの数を気にする生活

毎日、朝起きた瞬間にツイッターをチェックして、日中も作業の合間にチェックして、妻と食事中も、誰かとご飯食べに行っても、トイレに行ったときにおしっこしながら片手でスマホでチェック。

幾度となく、いろいろな場面でチェックしてしまっている生活でした。

そしてやっぱり気になるのが、「フォロワーさんが増えているかどうか」でした。

増えていたら嬉しいし、減っていたら悲しいです。

この感情の浮き沈みを毎日感じながら生活しています。
気にしすぎなんでしょうが、そういう性格なんでしょう。

フォロワーさんが、減ったら。

「あれ?いまのツイートだめだったかな」

「なんか、気に障るようなこと言っちゃったかな」と考える毎日。

でも、フォロワーさんは増えてほしい。

でも、誰かに「フォロワーさんを増やしてどうしたいの?」と言われたら、明確な答えをもっていない自分にも気づかされました。

有名になりたい。
フォロワーさんがちやほやしてくれたら嬉しい。

それが、相まって自分が自由に発言、行動をしたい内容ではなく、フォロワーさんが期待する発言、行動を取ってしまっていました。

有益なツイートをしなければならないという重圧

誰が決めたかわかりませんが、「有益なツイートをしなければならない風潮」みたいなのがツイッター上に存在します。

この風潮をものともせず、「いや、自分のつぶやきたい内容だけ、つぶやく」という強固な人間であればよかったのかもしれませんが、私はこの風潮にのまれ、そして実践し、結果的にわけわからなくなりました笑

「有益なツイートとはなんぞや?」を常に考えました。

一日15ツイートしようと、決めて、ツイートの内容を考えます。

フォロワーさんから共感の得るツイートはなんだろう。

どんなことをつぶやけば、みんな喜んでくれるのだろう。

4、5時間、パソコンに張り付いて明日何をツイートするかを考える日々でした。

結果、有益なツイートができたのか。

精神論ばっかりでキモイと思われたのか、わかりません。

でも、なにか与えられるものがあるかもしれないと、昔買った本をひっぱりだしてきてツイートを考えて、140文字にまとめてつぶやいたりしました。

最初の1週間くらいは、頑張れました。

でも、結局「有益なツイート」を考え過ぎて、わけわからなくなってきて、「有益なツイートとは?」みたいな哲学的な考えに発展し。

結果、誰に有益で、誰に有益でないのか判断がつかなくなり「有益なツイート」がわからなくなり、ツイートができなくなってきました。

重圧を感じていたのだと思います。

いいねやRTが気になる

ツイートをすると、いいねがついているか、RTをしてくれる人がいるか、気になって気になってしょうがありませんでした。

渾身のツイートに、いいねやRTが付くのは嬉しいですが、逆も、もちろんあります。

渾身だと思っても、いいねもRTがついていない時もありますよね笑

そんな生活を続けているうちに、「人の顔色をうかがって生きている」状態となんら変わりないことを感じるようになってきました。

いいねやRTがいっぱいつくようなツイートをしないといけないという強迫観念が自分自身を苦しめていました。

自分が目指している、憧れている人は「フォロワーさんの増減とか、有益なツイートをすることに必死になっているのか?」これを考えたときに私の中での答えは「NO」でした。

たぶん、そんなこと気にしていないんですね。

好きなことをつぶやいて、フォロワーさんが共鳴して、あれこそが理想的なSNS運営だなと。

まあ、なんかそんなことをグルグル考えていたらすこし、疲れてしまいました。

自分がいったいなんなのか、何がしたいのか、何者なのか。
ぶっちゃけ自分自身でもよくわかっていません。

Twitterはしばし休憩

Twitterはしばし休憩
Sweet dreams design, vector illustration eps 10.

いろいろ、ツイッターが疲れた理由を書きました。

なので、しばし休憩です。

フォロワーさんの増減を気にする日々や、「有益なツイート」を考える日々とすこし離れます。

一度、フラットに戻します

休憩しながら、色々考えようと思います。

自分はなんなのか、何者になりたいのか。

ツイッターのフォロワーさんが期待している「杉山 翔平」ではなく、自分自身はいったいどうなりたいのかを、もう一度フラットに戻して考えます。

地に足つけてダイエットにフルコミットします

とはいえ、何もしないでボーと過ごすのは嫌なので、ダイエットで掲げた目標である3カ月で-20kgはなんとしてでも達成させようかと思います。

このままだったら、あれもやって、これもやってとなんか色々なことに手を付けてしまい、中途半端で、結果なんにも達成できていない状態になるでしょう。

なので、まずは自分の決めた目標である3カ月で-20kgすることに取り敢えずフルコミットしていきます。

人間、そんなに一度にたくさんのことはできませんからね。

新しい世界で、情報が溢れすぎて地に足がついていなかったのかもしれません。

ふわふわして、自分はなんなのか見失っていたのかもしれません。

なので、ひとまず地に足をつけて自分の決めたダイエットの目標にフルコミットしていこうと思います。

それを達成した時に、また何か見えてくるかもしれません。

とはいえ、また戻ってくるかもしれません

当面は、休憩するのでツイートがあったとしても「ブログの更新通知」くらいになると思います。

いわゆる、普通のつぶやきはしばし休憩です。

自分でいうのもなんですが、スピード感は早いので、しばらくすると戻ってくるかもしれません。

なんか、こうやってわざわざブログ記事にしなくてもよかったんですが、2,600人のフォロワーさんに何も言わず、いきなり休憩したら心配してくれたりしたら気の毒だなと思ったので、記事にしました。

そして、なんだかツイッターに最近疲れた人がこの記事を見て、「ああ、わかる」と思ってもらって、無理しないでツイッターをするきっかけになればいいかなとも思いました。

まあ、人生山ある谷ありで難しいですが、取り敢えず地に足つけてダイエット頑張ります。

あ!

ブログの毎日更新は、もちろん続けていきますからね。

よろしければ、今後ともよろしくお願いいたします。

今回の記事は終わりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。