【継続の秘技】小さな成功体験の設定の仕方【勝ち癖】

Hello World!!
杉山です。

先日、このようなツイートをしました。

これは、実体験を基にツイートしましたが、割と反応もよかったので、今回はこのツイートを深堀していきたいと思います。

今回の記事を読んで、得られるメリットとしては。

「なにかを頑張りたいと思って、始めてみるけど長続きしていない人が、小さな成功体験の設定の仕方を学び、継続ができる」ようになります。

なので、もしなにかを始めてもなかなか続かないとお悩みの方は必見です。

続かない根本的な理由

続かない根本的な理由

なぜ続かないのか?

基本的に人間は、続けることが難しい生き物なのです。

これは、どれだけすごい人も同じです。

基本的に現状維持を好み、37度くらいのぬるま湯を大変好みます。
この感覚が、我々人間の標準的に備わっているメカニズムです。

なので、なにかの本を読んだり、ネットサーフィンをしていたりして、「おっ!なんだか燃えてきた、これをがんばってやってみよう」と意気込みやり始めても、2週間後くらいにはだいたい辞めてしまっています。

モチベーションも高く、やる気にも満ち溢れていたはずなのに、なぜか辞めてしまうのですね。

では、なぜ続かずに辞めてしまうのか。

それは、「成果が出ないから」です。

例えば、ブログを始めようと思って、始める人はたくさんいますよね。

モチベーションがMAXな初期の頃は、無料ブログがいいのか、ワードプレスを使って、独自ドメインでやるほうがいいのか、調べて気合入れてブログを作成して、「いざ、記事を書き始めよう」と書き始めますが、書いても書いても誰にも見てもらえません。

誰にも見てもらえないので、お金も入るはずはありません。

文章を書いていたら幸せだからブログを始めたという人はいないでしょう。

なので、ブログの成果は金銭の発生のはずなのです。

でも、がんばって書いても、誰にも見てもらえません。

気合入れて文字数を書いても読まれません。

すると、モチベーションは著しく低下してしまって。

結果、継続の手を緩めてしまい、辞めてしまいます。

これは、「継続に飽きた」のではなく。

「成果がでない」から起こってしまったことだと説明がつきます。

なので、我々人間のメカニズム上、「成果がでない」ことを永遠に続けることはできないのです。

これが、続かない理由になります。

とは言っても、新規で始めることが早々に成果がでるほど甘い世界ではありませんよね。

では、続かせるためにはどうすればいいのでしょうか。

小さな成功体験を設定する

やる気に満ち溢れて何かを始めたときは、当然「はやく成果がほしいわけ」です。

しかし、「はやく結果がでるほど甘くない」ことも事実ですよね。

このジレンマを克服するためには、方法は一つしかありません。

それは、「小さな成功体験」を体感することです。

金銭の発生が伴うような、大きな成果を上げるのには時間がかかりますが、小さな成功であれば、それほど時間がかからずに達成することができます。

そして、小さな成功体験は他人に決めてもらう物ではなく、自分で決めなくてはいけません。

あくまでも自分の物差しで、自分のキャパの範囲でうまく設定しましょう。

小さな成功体験の設定の仕方

小さな成功体験の設定の仕方

それでは、具体的に小さな成功体験の設定の仕方についてみていきましょう。

超えられそうな小さな目標を作り、紙に書く

なにかを達成したいとなると、わりと長丁場になることが覚悟しておかないといけません。

その長丁場を退屈させない為に、「小さな成功体験」を作るのですが、その「小さな成功体験」とはどのようなものを設定すればいいのでしょうか。

基本的には、「どう考えてもそれくらいはできるだろう。」と思うレベルものを設定するのが望ましいと思います。

そして、小さな成功体験の期間についても自分で決めましょう。

例えば、今週は「これ」をやるとかですね。

それができたら、来週は「これ」みたいな感じ。

ご参考までに、私が決めた小さな成功体験を紹介します。

プログラミングの場合

  • ProgateのHTML&CSSをクリアする
  • ドットインストールのHTML&CSSを理解する
  • 簡単なページを模写してみる
  • マナブさんの課題の模写をしてみる
  • マナブさんにオファーされるように挑戦する
  • 新しい言語に挑戦する
  • その言語で、アイディアを考える
  • アイディアを新しい言語で作成し、アウトプットする
  • 仕事を受注してみる
  • 単価を上げてみる
  • 外注してみる

こんな感じです。

ブログの場合で言うと

  • 1,000文字書いてみる
  • 1,500文字書いてみる
  • 2,000文字書いてみる
  • 3,000文字書いてみる
  • 100PV目指す
  • 5,000文字書いてみる
  • 1,000PV目指す
  • アドセンス合格を目指す
  • 1万PV目指す
  • 記事をバズらせる
  • アフィリエイト記事を書いてみる
  • 月5万円をめざす

ほとんど、文字数とかPV数とかですがこんな感じですね。

これは、私の小さな成功体験を真似する必要は全くありませんので、ご自身で簡単そうだと思うものを設定しましょう。

そして、設定したら紙に書くことも忘れてはいけません。

紙じゃなくてもいいですよ、スマホのメモ機能でもいいです。

できれば、スマホの待ち受け画面に設定してもとても有効でしょう。

紙であれば、トイレの目立つところに貼ることも、とても効果的でしょう。

私の場合は、「自分ノート」を書いていまして、そこに記しています。

成功したらご褒美を用意する

小さな成功体験を設定して、それに向かってとりあえず頑張ります。

頑張った結果、成功することができたら自分自身を褒めて、自信を持つようにしましょう。

そして、できればご褒美を用意してもいいでしょう。

私は、赤ワインが好きで、その中でも「ナパ・ハイランズ」という銘柄が好きでなので、小さな成功体験に成功すれば、それをご褒美で飲むようにしていました。

5,000円程度の赤ワインで、私の経済状況では、日常的に飲むことはできない高額帯のワインなので、それをモチベーションにがんばることができます。

ちなみに、「ナパ・ハイランズ」が気になる方は以下からどうぞ。
おいしいですので、是非。

【※最新2016年】[常温便][2本目以降700円引]ナパ・ハイランズ カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー【2016年】

このように、私の場合は赤ワインですが、それぞれ自分の好きなものをご褒美に用意するといいと思います。

このように、自分にご褒美を作り、にんじんをぶら下げると、がんばれます。

次は、すこし高めに設定する

小さな目標を設定し、それを成功することができたら、次はもう少し、レベルを上げた小さな成功体験を設定しましょう。

ブログを例にすると、1週間100PVを設定していてて、それを達成できたのなら、次は200PVとかですね。

少し高めに、でも難易度が急に上がるようなものはNGです。

あくまでも、緩やかに階段を上っていけるような小さな目標を設定しましょう。

徐々に徐々に、あくまでも長期的な視点をもって目標を設定してください。

あまり追い込みすぎず、周りと比較せずに自分自身のペースで設定しましょう。

あとはループ

あとは、これの繰り返しになります。

小さな成功体験を繰り返し体感し、「飽きる」ことと「成果が出ない事でのモチベ低下」をセルフ的に排除し、継続できるシステムを自分で作り上げてください。

小さなことの積みかさねが、いつか、大きな成果をあげるようになります。

私も、まだ大きな成果は出せていませんので、偉そうなことは言えませんが、この理論はおおむね正しいと思います。

私も頑張りますので、是非、共に頑張っていきましょう。

最後に、私の大好きなイチロー選手の今回の記事にも精通する名言をシェアしたいと思います。

「いま、小さなことを多く積み重ねることが、とんでもないところへ行くただひとつの道なんだなというふうに感じています」

イチロー

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。