「死にたい」から自殺を考える人に「生きる方法」を提案させてください

Hello World!!
杉山です。

少し、過ぎてしまいましたが9月1日って何の日かご存知ですか?

たまたま、ぼーっとテレビを見ていたら飛び込んだニュースで、自分の中ではけっこうな衝撃を受けました。

9月1日は何の日かと言いますと、「一年の中で一番自殺が多い日」だそうです。

しかも、年齢層でいうと、若い人達が多いそうです。

社会人になりたての人であれば、夏季休暇で長い間休んで、夏季休暇が終わって、仕事に行く日々が始まって、その毎日に嫌気がさすそうです。

また、驚きなのは中学生や高校生も9月1日に大量に自殺者が増えるそうです。

夏休みが終わり、新学期が始まる日だからだそうです。

いじめにあっている子は、夏休みにいじめの手が止まるので平穏な夏休みを過ごすことができていますが、新学期が始まると、またいじめの毎日が始まることに耐えきれる自信がなくなり「死」を選んでしまうそうです。

なんか、とても考えさせられるニュースだと感じました。

私も、弱小なりにブログを運営しているものですから、今回の記事が無事にGoogle様にインデックスされて、もし「死にたい」と思われているような人の目に触れる機会があるのなら、「生きる方法」を提案したいと思い、今回の記事を書いています。

全然、どこの誰だかわからない私に、「死なないで」なんて言われるのは無責任に聞こえるかもしれません。

そして、私が強制的に「死にたい人」が自殺することを止める事もできないと思っています。

でも、行動に起こす前に「本当にもうできることはないのか」「逃げるという選択肢は残されていないか」を考えてほしいなと思います。

もし、「このまま生きていてもしょうがない、死にたい」と1mmでも考えているのなら是非、今回の記事を最後まで読んでいただけばと思います。

「生きる方法」を私に提案させてください。

「死にたい」全ての人に、「逃げる」を提案させてください

「死にたい」全ての人に、「逃げる」を提案させてください

死ぬのは「逃げる」という選択肢をとってからでも遅くないはずです

「死にたい」と考えて、行動に起こしてしまうと本当に死んじゃいます。

死んでしまうと、今手を動かしたり、足を動かしたり、脳で考えたりできていることが全てできなくなります。

「死にたい」と考えることすらできなくなり、全てが「無」になります。

お腹がすいた時に食べるご飯が美味しいと感じることもできなくなってしまいますし、ゲームをしたり、漫画や本を読んだりして楽しいと思うこともなくなります。

夏は暑い、冬は寒いという感覚もなくなります。

うまく説明できませんが、ぜ~んぶ「無」になってしまいます。

いわずもがな、「死」は最終手段です。

本当に最後の最後の手段。

なので、今の段階で「死」を選択するのは少々時期が早いのではないかなと思います。

その前に「逃げる」という手段が残されています。

ありとあらゆる「逃げる」という手段を試しても、どうしてもダメで、はじめて「自殺」を考え始めればいいかと思います。

「自殺」を考える人の多くの悩みは現在の環境のせいだと思います。

「仕事」が嫌だ、「学校」が嫌だ、「人間関係」が嫌だ、「家庭問題」は嫌だ、人によって様々ですが、その全ての根源を環境です。

環境とは一度、入ってしまうとなかなか抜け出すことができませんし、ましてや子供達でいうとそこの環境が、世界の全てであるかのように錯覚してしまいます。

当然ですよね、まだ人生もそれほど生きていなくて、言われるがままのレールにそって生きてきているので、「自分で選択する」という力がまだ備わっていませんから。

そうなってくると、「逃げる」という選択をする前に、もうこの環境では生きていてもしょうがないと考え、「死にたい」と思ってしまう傾向にあります。

でも、最終手段の前に、実は「逃げる」という選択肢があります。

また、「逃げる」ことはかっこ悪くもないですし、恥じることでもありません。

ドラクエでも、モンスターが強すぎる場合は「逃げる」を選択しますよね。

なので、今いる環境が嫌なら、逃げても全然OKです。

問題別に具体的な「逃げる」手段を提案させてください

もう「死にたい」と考えられているくらいなので精神的にはかなり追い詰められていると思います。

いろいろな事に疲れてしまっている状態でもあると思います。

「逃げる」に関してもどうすればいいのか、わからないかもしれません。

なので、問題別に「逃げる」手段を私に提案させてください。

何もこの通りにする必要はないですが、限りなく負担の少ない方法を考えましたので、参考にしてください。

「仕事」から逃げる方法

自殺を考えられている人の中には、「仕事」が原因である人も多いと思います。

職場の人間関係が嫌だったり、毎日の満員電車が嫌だったり、何のために生きているのかわからなかったり、上司のパワハラやセクハラで苦しめられていたりして、生きるのが辛くて「死にたい」と思われているのなら逃げてしまいましょう。

「逃げる」方法は簡単です。

「仕事辞めます」と上司に言えばいいのですが、そういう精神状態だと「仕事辞めます」というのすらままならないと思います。

そんな時は、最近徐々にブームになりつつある、「退職代行」をつかいましょう。

退職代行は、あなたの代わりに会社と退職の手続きをしてくれるサービスになります。

あなたは家にいながら、会社とやりとりすることだけでなく、金輪際、職場の人と会うことなく、スムーズに退職することができます。

詳細は、以下よりご覧ください。

辞めるは恥だが役に立つ【退職代行サービス 辞め恥】

退職の代行をやって「はい終わり」ではなく、失業保険取得のサポートから、有給取得サポートから、退職後サポートまでしてくれるサービスなので、心強いです。

通常5万円しますが、9がつ限定で29,800円のキャンペーン中だそうです。

これで、あなたの手をわずらわせることなく辞める方法を提案できましたが、あとは、その後どうするかです。

勢いで辞めたはいいものの、辞めて給料がなくなると生活ができなくなってしまいます。

しかし、「死にたい」くらいの精神状態になっているのですぐにまた別の会社に就職することなんて考えられないでしょう。

そんな時は、「生活保護受給」して、心が充電されるまで国にサポートしてもらいましょう。

生活保護をもらえれば、最低限の生活は保障されます。

屋根のあるお家に、毎日の生活は何不自由なく過ごすことができるので、ゆっくりと心を充電しましょう。

生活保護受給に関しては、下記のサイトが参考になります。

生活保護の申請 | もらうには3つの条件 | 簡潔に解説しています‎

これで、「仕事」から「逃げる」が完了です。

生きていれば、1年か2年もすれば、なにかやりたいことが見つかるかもしれません。

生活保護をもらいながら、じっくりゆっくり心を充電しましょう。
焦る必要はありません。

「学校」から逃げる方法

冒頭にも書いた通り、9月1日の自殺者で一番多いのは、中学生と高校生だそうです。

中学生や高校生が、「自殺」してしまう原因の大半は「学校」が問題となっているケースが多いでしょう。

今は、SNSが普及しているので学校の時間が終わってからもいじめは続くと言われています。

休まる暇もなく、24時間いじめに耐える毎日を過ごしていると、そりゃあ精神は参ってしまい、つらく、「死んだほうがいいんじゃないか?」と思う気持ちも少しだけ共感できます。

しかし、実際のそれを行動に起こしてはいけません。

それを行動に起こす前に「逃げる」という選択肢をとりましょう。

学校から逃げる方法は簡単です。
学校に行かなければいいのです。

参考になるかわかりませんが、「ゆたぼん」という不登校Youtuberをご存知ですか?

めちゃくちゃ炎上したことが記憶に新しいですが、彼の言っていることはあながち間違いではないと思います。

死ぬことを考えるくらい嫌なことなんて、無理やりする必要なんてないんです。

というか、そんなに必死に人生を生きる必要はありません。

嫌なら辞めればいいし、嫌なら逃げればいいんです。

あなたの親はあなたの味方です。
「学校行きたくない」と言うと、「行きなさい」と心無い言葉が返ってきますが、それは大人と子供のギャップにより生じる言葉です。

大人には、子供の世界のすべてが「学校」にあるということを理解している人はごくわずかです。

なので、訴えるあなたも「今までとは違うかたち」で訴えなくては行けません。

「本当に学校に行くのがつらい」というような気持ちを伝えなくてはいけません。

そうすれば、必ず気持ちは伝わります。

味方である親はあなたが再起できるような最善の方法を一緒になって考えてくれるはずです。

「学校」という世界がすべてと思うかもしれませんが、そうではありません。

その「学校」でいじめられているから世界で自分のことを好きになってくれる人なんていない、世界中の人から嫌われているなんて思う必要はありません、そんなこと起こりえるはずがないのですから。

学校以外にも選択肢はいっぱいあります。

日本が嫌なら海外にだって行くこともできます。

自分の人生は自分で決めていいんです。

だから、死ぬなんて、どうか考えないでください。

「全て」から逃げる方法

なんかもう「全て」が嫌で、生きている意味も見いだせないし、人生楽しくないから死んでも同じだと思っている人に、「全て」から逃げる方法を提案させてください。

「全て」が嫌だと思う人は、人生に何かを求めすぎているのかもしれません。

「人生は壮大な暇つぶし」であるので、人様に褒められた生き方をしないといけない必要もなければ、「こうあるべき」といった価値観も私は幻想だと思っています。

あくまでも自分の思想とか、倫理感さえブレずにもっていれば、あとは生きたいように生きていいのです。

なので、「全て」が嫌になったら死のうではなく、「全て」が嫌になったら、「もう、なにもしない!」と決めて逃げてはみませんか?

なにもしない、ベットの中でゴロゴロ生活をしていてもご飯は美味しいし、寝るのは気持ちいいじゃないですか?

それで十分なんです。

「あの人は、すごいのに、それに比べて自分は…」と思って、人と比べてなにかに取り組んでもろくな結果になりません。

あくまでも人は人。
自分は自分です。

誰かに勝つ必要もなければ、絶対にお金持ちになる必要もありません。

そうしたい人がそうすればいいだけで。

したくない人はしなくていいのです。

なので、「全て」が嫌になったら「全て」投げ出しちゃいましょう。

職場、人間関係、家庭問題もうぜ~んぶ嫌になったら「放棄」して、誰もいない南の島にでも行って、言葉も通じない、人種も違う人達と触れ合って暮らすという選択肢もありです。

幸い、日本のパスポートは最強ですから、たいがいの国にわりと長期滞在することが可能です。

携帯も解約して、必要なものだけもって、逃げてもいいと思います。

死ぬくらいなら、最後にクレイジーなことをしてみましょう。

すると「死にたい」なんて思う暇もないくらいに、生きることができるかもしれません。

結論:わざわざ死ななくてもいいって話です

世の中には、まじめでかしこい人がいて、そういう人達が「常識」とか「正しい生き方」とかを提唱しています。

その通りに生きられる人がいいですが、1億2000万人も国民がいるなかで、そのようにすることが生きづらい人もいるでしょう。

そんな人は、プライドを捨て、開き直って従わずに生きたいように生きればいいと思います。

しかも、それは誰にも迷惑をかけませんから。

「死ぬ」という選択をするよりも何百倍もいい選択です。

お金がないなら生活保護をもらえばいい。
日本で生まれ、日本国籍を取得できている特権なのです。

使うだけ使えばいいんです。

あなた一人養うくらい、国の予算からすると誤差です。

人間関係が嫌なら、付き合わなければいいんです。
死ぬくらいなら。

ひきこもって、ゲームしてもいいですし、アニメを見てもいいんですよ。

世間一般的に言うと、共感を得られる行動ではないですけれども、あなたの人生なんですから、他人になんて言われようと好きなことをすればいいんです。

綺麗に生きる必要なんてないですし、正しく生きる必要もどこにもありません。

死にそうで限界なら、徹底的に逃げて、是非生きてください。

ありきたりな言葉ですが、生きていればなにかが起こります。

放っておいても楽しい事が起こるようになっています。

だから、自分から命を落とすのだけは辞めてください。

約束です。

それでは今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。