WordPressでのブログの始め方

Hello World!!
杉山です。

WordPressの自作テーマを作成しておりまして。
おおまかな開発が完了したので、本日には公開までいきたいと思っております。

公開は、もちろんお金はとりませんので多くの人に使っていただけると嬉しいです。

そして、それの伴って自分もブログ作ってみようかなという人が増えればそれはそれでいいのかなと思い、WordPressでのブログの作り方を今日は記事にしていきたいと思います。

ちなみに自作テーマはこんな感じです。


WordPressでブログを作る際に、大切なことは大きくわけて3つに分類されますので、その3つを深堀して説明していきますので、それさえ理解できれば実際に自分のブログを簡単に持つことができます。

WordPressでブログ作成大事な3つのポイント

  • WordPressって何かを理解する
  • ドメインを取る
  • サーバーにアップする

WordPressって何かを理解する


まずは、WordPressって何かを理解する必要があります。
全体の構造が分かっていないと、あれこれ説明されたとことでわかりませんよね。

WordPressは簡単にいうと、ブログを簡単に誰でも投稿できるツールだと考えていただければいいでしょう。

本来、我々が日々目にしているホームぺージやサイトはどのようにして作られているかというと、主に、HTMLとCSSによって構成されています。

ファイルに、それらのプログラミングを書くことによってサーバーにアップして我々の目に入ってきています。

企業のサイトや、一商品のLPくらいでしたら個別にHTMLとCSSを記述してサーバーにアップすればそれで完了しますが、ブログという日々更新する可能性のあるWebサービスに関しては、その都度、わざわざHTMLとCSSを記事ごとに書いていく必要があります。

そうなってしまうと、ブログの記事をひとつ書くだけで膨大な時間がかかってしまい非効率です。

それらの、非効率さを受けて開発されたのがWordPressです。
今、お話ししたようなHTMLやCSSに書く作業や、サーバーにアップする作業などめんどくさいことを全部WordPressがしてくれます。

我々、WordPressユーザーはただ書きたい記事を書いて、「公開」ボタンを押すだけでブログの記事を公開できてしまう、すごいシステムなんです。

WordPressのテーマとは?


では、私が作ったテーマってなにかと言うと、このWordPressの機能はあくまでも投稿をスムーズにするためのものであり、ブログの見た目に関してはあくまでも作成者が自分で作らないといけません。

そこで、用意されているのが「テーマ」というものです。
これは、簡単に言うとブログの見た目をテンプレート化したもので、テーマは無料のものから有料のものまで幅広くあり、自分の一番気に入ったものを選ぶといいでしょう。

「WordPressテーマ」でググればいくらでもでてきますので、いちど確認してみてください。

そして、このテーマを私は自作しましたので、一つの選択肢として私のテーマを使うことも視野に入れてみてください。

ドメインを取る


では、次にWordPress作成で重要なポイントの2つめになる、ドメインを取るという作業を見ておきましょう。

ドメインとは、簡単に言うとホームページのURLです。
これから、WordPressでブログを作成するにあたって、無料ブログで作成するわけではなく、あくまでもあなたのブログが世の中に誕生するわけですから、当然、専用のURLが必要になります。

これを独自ドメインって言ったりします。

このブログでいうと、
https://sugiblog.me/
これが、URLですよね。

そして、ドメインの部分というのが「sugiblog.me」という部分です。
これをまずは取得する必要があります。

ドメインの取得は、お名前ドットコムが安いので、そちらで取得していきましょう。

お名前.com

そして、このドメインは、基本的に変えることができませんので、自分らしい気に入ったものを選びましょう。

.の後の部分も特にSEO的にもなんでも大丈夫そうなので、好きなものを選びましょう。ちなみに私なんて、「me」ですからね笑

このことについては、マナブさんの記事が良質ですのでシェアします!


お名前ドットコムでの詳しい取得方法については、動画で解説していますので、よろしければ参考にしてください。


自分のドメインを取得できれば、次はそれをサーバーと連携させなくてはいけませんので、その方法を見ていきましょう。

サーバーにアップする


サーバーの説明がなにが一番わかりやすいかと考えていたのですが…。
土地に例えるとわかりやすいかもしれません。

インターネットという街があるとして、これはすごい面積を誇っていていわば無限大に広がっています。

そのインターネットという街の中の土地を分譲しています。
これをサーバーだと思ってください。

そして、その土地の上にドメインを連携されればそれが、そのホームページのURL(住所)となり、そのインターネットの住人誰もがみることができるというわけです。

だから、インターネットでサイトを公開するためにサーバーの用意は必須なのです。でも、現実の土地も買うのは高額ですよね。

これはサーバーも同じです。買うのは高額です。
しかし、現実の土地同様に借りることができます。

しかも、月1200円程度で借りることができます。
これをレンタルサーバーと言います。

では、次にレンタルサーバーを実際に借りてみましょう。

世の中にはたくさんのレンタルサーバー会社がありますが、WordPressをワンクリックでインストールができるサービスがついている、エックスサーバーというサーバーを使うのがいいと思います。

このブログもエックスサーバーでレンタルしたもので作っています。

では、実際にエックスサーバーを登録していきましょう。
こちらから、どうぞ

エックスサーバー

申し込みの方法は動画にしましたので、ご参考までに。


登録が完了すれば、次は、先ほど取得したドメインとサーバーの関連付けを行う必要がありますので、ここでは良質な記事があるのでこれを基に関連付けを行っていきましょう。


では、次はいよいよWordPressを自分のサーバ上にインストールしていきましょう。

エックスサーバーの場合は、ワンクリックでできてしまいます。

手順はこちらの公式サイトを参考にしてください。

WordPressインストール手順

これで、晴れてWordPressのインストール完了となります。
おめでとうございます。

まとめ


初心者のかたには少し理解するのが難しいかもしれませんが、慣れてしまえば簡単です。

今日は、長くなるのでここで記事は終わりにしますが、インストール後のブログを作るまでも記事にしていきたいと思いますので、またチェックしてください。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。