月末に来月の目標設定をしよう【なりたい自分になるために】

Hello World!!
杉山です。

本日は月末ということもありまして、目標設置の仕方について記事にしていこうと思います。

営業会社とかであれば、月末には必ずといっていいほど目標設定をしますが、ご自身の中での目標設定をしている方は以外にも少ない印象です。

しかし、会社の目標設定も大切ですが、それと同じくらいご自身の目標設定も大切ですので、もし目標設定をされたことがないのでしたら、この機会に目標設定にチャレンジされてはいかがでしょうか。

目標の重要性

目標の重要性

何をするかを考えなくて済む【選択の排除】

目標の重要性のひとつが、目標を設定すると、日常生活から限りなく選択を減らすことができることにあると思います。

我々は、日々様々な選択をしながら生きています。

1日、約9,000回の決断をするみたいです。
驚きですよね。

選択をすることは、当然疲弊しますし。
選択の数を増やすことは、一日のパフォーマンスを落とします。

スティーブジョブズがいつも同じ服を着ていた話は有名な話です。

引用:wikipedia

マーク・ザッカーバーグの同じシャツがたくさん並んでいる写真も話題になりました。

FaceBook創業者 マーク・ザッカーバーグのクローゼット

これらの人は、服を選択することを放棄しています。

それ以外に山ほど、考えるタスクがありすぎるため、服を選ぶのに大切な脳の領域を使用できないそうです。

この他の偉人にも、食事にまったく関心がない人もよく聞きます。

「なにを食べようか」などという選択は、疲弊し脳の領域を使用するため毎日同じメニューを食べるそうです。

これらの偉人たちのように、選択は少なくする努力をするほうがパフォーマンスを最大限発揮できます。

朝起きて、「今日は何しよう」などと毎日考えるよりも、目標をしっかり設定して、ただ目標に向かっての行動だけを進めていけば、選択の数はグッと減ります。

そうすれば、目標にも近づきやすくなりますし、なりたい自分い近づくと思っております。

サボれない【達成が遠ざかるから】

目標を設定するからには、達成させたいという気持ちが湧きます。

1カ月後の自分が、月末に立てた目標をクリアすることができれば、それは小さな成功体験になり、自分の自信にもなり、自己成長もします。

人間は楽な方にいきたい生き物です。

目標という指針がないと、すぐに矢印が別の方向に向いてしまいます

目標を立てていれば、サボろうと思ったときに、必ず引っ掛かります。

月末に立てた目標を達成するためには、サボることはどうなのだろうか?という問いに必ずぶつかります。

サボることは、目標を達成することから遠ざかることを意味します。

簡単にはサボることができなくなります。
当然、人間なので時としてサボってしまうことはあるのですが、それでも何も目標を立てていない人と比べれば、格段にサボる回数は減ることになるでしょう。

目標がないと、来月も同じ自分

会社とは別の、自分に対しての目標をいうことは、来月も今と立場も能力も変わっていないままの自分になります。

1ヵ月という、長い時間を生きていたにもかかわらず、そこには、先月と何も変わらない自分の姿があります。

これでは、口ではああしたい、こうなりたいと言っても、その願望が実現することはありません。

長期的な目標は誰でも、わりと持っているものです。

お金持ちになりたいとか、会社辞めたいとか、海外でリモートワークしたいとか。

でも、長期目標ほど曖昧なものはないと私は思っています。

基本的に未来の事など、誰にも予測できないですし、わかりません。

長期目標も、大切ですけど。
ボヤーとしてて大丈夫です。

大切なのは、明日からどう生きていくかの短期目標。

今の自分を少しずつ成長させるプロセスが、長期目標よりもとても重要だと私は思います。

なので、どんな小さいことでもいいので来月、どうしたいか。

なにを達成したいのかを、明確に決めることはとても重要です。

そして、それを何としてでも、達成するという強い気持ちが必ず、成長することができるはずです。

では、目標設定の決め方を解説していきます。

目標設定のロードマップ

目標設定のロードマップ

1.長期的な目標に近づくものを設定する

長期的な目標は、多くの人が漠然と持っていると思います。

現在、ブログを書いている人であればブログで飯を食えるようになりたいとか、トップアフィリエイターになりたいとかでしょうし。

プログラミングをしている人であれば、将来はトップエンジニアになって企業や個人からもバンバン案件を受注して、2,000~3,000万円稼ぐとか、その人にとって目標は違うと思いますが、こうなりたいという理想像はありますよね。

その、長期的な目標に近づく目標を、短期目標には設定しなければいけません。

ブログでトップアフィリエイターになりたいって言っているのに、短期目標を「せどりで2万円稼ぐ」ではダメなわけです。

長期的な目標に近づける目標を設定しましょう。

2.高すぎず、低すぎない目標を設定する

目標で一番わかりやすいのが数字なので、数字を目標として設定することをオススメします。

ブログだったら、「来月は5万円稼ぐ」とかですね。

プログラミングでも同じです、「10万円稼ぐ」とかです。

では、その数字ですが達成できるかできないかのギリギリラインを設定するのが、いい目標設定の仕方と言われています。

しかし、人によって「なるべく短期で結果がほしい」タイプもいれば、「ぼちぼちマイペースでいい」というタイプもいます。

当然、この二つのタイプでは目標の設定の値は変わってきます。

そこは、自分自身と相談して決めてください。

私の場合は、「なるべく短期で結果がほしい」タイプなので、強度強めの目標の設定になります。

しかし、いくら強度強めだと言っても、実現できなければ意味がありませんので高すぎないようにするのも重要です。

でも、月対比でマイナスになっていなければ、OKなので先月の目標よりも少し高めくらいでいいと思います。

3.そのために必要な作業を割り出す

目標を決めることができれば、次は、その目標を達成するためにはどうしなければいいかを考えないといけません。

ブログなら、アフィリエイト記事を書かないといけませんが、ジャンルを決めたりクオリティの高さを追求するために、試行錯誤しなければいけません。

プログラミングなら、どれくらい案件を取らないといけないのかが目確にわかりますので、その案件受注をとるために、どのようにして取らなくてはいけないのかと有効な手段を試行錯誤しなければいけません。

そして、ベストな目標達成の為の行動を自分の中で決めてしまいましょう。

戦略を時間をかけて練るのです。

戦略なので、蓋を開けてみれば失敗することもありますが、それは大した問題ではありません。

目標を設定し、戦略を練って、それを実践することにこそ価値があるのです。

4.後は思考停止してやるだけ

目標に沿った、戦略も決まれば、後はそれを思考停止してやるだけです。

来る日も来る日も目標達成のために突き進むだけですね。

選択のわずらわしさもありません。

やっている間で、もちろん改善すべきところは適材適所でしないといけませんが、やることは基本的に変わらずひたすら積み上げです。

そして、月末に目標を達成しているかを振り返ります。

目標達成かどうかは、あくまでも結果なので一喜一憂してはいけませんし、目標達成できなくても深く悲観してはいけません。

あくまでもドライに、なぜダメだったのか。
どこの行動が、間違っていたのかを分析し、次月の目標設定の際に生かしましょう。

5.余裕が出てきたら新しいことに挑戦してもOK

思考停止して、作業を繰り返していると作業に余裕がでてくる瞬間があるかもしれません。

作業に慣れてきたら、スピードも速くなってきて、時間が半分でできるようになったということもあるかもしれません。

そういう時は、臨機応変に作業量を増やしてもいいでしょうし、何か新しいことに挑戦しても、OKです!

まとめ

以上で、今回の記事は終了です。

目標設定はとても大切です。

会社では、しっかりと目標設定をきちんとしても、自分自身の目標設定を忘れないようにしてください。

なりたい理想の自分になるため、目標をしっかり決めて次月に挑みましょう。

長い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。