相続した不動産を売るか?貸すか?答えは「売る」一択!

こんにちは~!
杉山です。

これからの時代は、不動産の相続もどんどん増えてくるでしょう。

超高齢化社会で、日本の富のほとんどは高齢者が持っているというので、ご自身の親が亡くなった時に「え!こんなに資産があったんだ」と驚く人も多いでしょう。

そんな時代に差し掛かってくる中で、「もし不動産を相続したら、どうするか?」について、今回は記事にしていきたいと思います。

実際に、タイムリーに今、不動産を相続してどうしようか?迷っている人にも参考になる内容になると思いますので、是非最後まで読んでいただければ嬉しく思います。

相続した不動産は売るのがいいのか?貸すのが良いのか?

相続した不動産は売るのがいいのか?貸すのが良いのか?

不動産を相続する頃には、多くの人が自分の家を持っていたり、田舎を離れて、都心で暮らしている等の理由があり、相続した家に住むという選択肢はなかなか考えずらい状況になると思います。

家は住まなければ、驚くほど劣化していきますので、そんなに長い間放っておくこともできない。

かといって、住むわけにもいかない。

そんな時に「売るのがいいのか?貸すのがいいのか?」という問題に直面します。

売れば、まとまった現金が手に入るので、兄弟でそれを分け合ってもいいかもしれませんが、親が長年住んでいた思入れのある家であるし、その家を売れば実家がなくなってしまうので、どこか「もったいない」と感じてしまうこともあるでしょう。

はたまた、第三者に「貸す」となれば、誰かが使ってくれて、かつ月々の収入があるので、そっちのほうが利口な気もするが…「家賃はちゃんと払ってくれるのか?」「綺麗に住んでくれるのか?」などの悩みが増えるのも事実です。

ましてや、素人の自分が大家業なんてできるのか?という不安もあると思います。

一見、どちらもメリットとデメリットがあり、熟考する、この問題ですが、私の見解では答えは単純明快で「売る」の一択だと思っております。

もちろん、私の個人の意見なのでご参考程度に読んでいただければ幸いです。

それでは、どうして相続した家は「売る」の一択なのかの理由について解説していきます。

これからの時代を考えれば売る方がいい

時代を先読みするのは難しいですが、不動産の未来が明るいか暗いかくらいは、予測できます。

超高齢化社会と言われてて、少子化と言われています。

つまりは、物理的に家が必要な人間は、この先どんどん少なくなっていきます。

日本は家が、もう十分国民にいきわたるくらいの家はもう建築されていて、今でさえ空き家問題が取り出たされているのに、もっと今よりも人口が少なくなった未来の不動産市場の未来は明るいと思いますか?

私は思いません。

人口減少だけでなく、この先の未来はIT化がどんどん進み、シェアリングエコノミーがどんどん当たり前になってきます。

車を持たない若者も増えているのと同様、モノは持たないという価値観に変わり始めています。

ミニマリストという言葉もちょっと前に流行りましたよね。

モノを所有しない代わりに、ほとんどのモノは必要な時にシェアする時代になります。

モノがないと、家にスペースが必要ないんですね。
服や靴を所有しなかったり、ベッドもすごくコンパクトになるものが開発されるかもしれません。

家にスペースが必要なかったらどうでしょう。

30坪の一戸建てとか、70㎡のマンションはスペックオーバーになります。

今でも始まっていますが、田舎の飽きやを無料で貸してくれる自治体も増えています。

なんなら、引っ越してくれたらお金をくれる自治体すらあります。

そのような取り組みは、どんどん加速していき、やがて都心以外の自治体は人を呼び込むのに躍起になって、家賃タダとか、住民税タダとかやりだすかもしれません。

そうなった時に、不動産の価値は大暴落します。

だって、誰も買う人がいないんですから。

未来のことはわかりませんが、私はそんな時代になりそうな気がします。

大家業は素人が手を出すものではない

「売る」という選択肢を除くと、「貸す」という選択肢になると思います。

「貸す」ということは、大家になるということです。

大家業は副業でできるほど、甘いものではありません。

まず、第一段階として相続した家を借りてもらうために、大なり小なりリフォームをしないといけません。

建築したての綺麗な家なら、ハウスクリーニングとクロスの張替えくらいで大丈夫でしょうが、建築してから年数が結構経過している家であれば水回りを新調しないといけなかったり、フローリングを変えないといけなかったりします。

水回りを変えると、リフォーム代で100万円はゆうに超えてきます。

まずは、まだ何も収益が発生していない最初の段階で、リフォーム代としてまとまったお金が出せるかどうかという第一のハードルがあります。

第一のハードルをクリアした後は、入居者を入れる作業に入ります。

近所の不動産屋に、客付けを頼むことが一般的ですが、ここでも仲介手数料だけでなく、広告料という不動産屋に支払うお金が必要になります。

家賃の値段によりますが、数万円から数十万円ここでも出費になります。

そして、ようやく入居者が決まって家賃を毎月振り込まれるわけですが、基本的に入居者はオーナー側で選ぶことはできませんので、どんな人が入居するかわかりません。

良い人なら問題ありませんが、めちゃくちゃ素行の悪い人かもしれません。

ペットダメって言っているのに、猫を飼って家をむちゃくちゃにするかもしれませんし、家賃を払わなくなる可能性もあります。

また、人間と言うのは環境が変化する生き物ですから、いつまでそこに住んでくれるかは運なわけです。

1年後に、出ていくことも十分にあります。

それこそ、家をむちゃくちゃに住むような人であれば、リフォームしたところなのに、また入居者を入れる為にリフォームをしなければいけなくなります。

当然、水回りを直して何百万円も投資したお金は、1年くらいでは取り戻せていない中での、リフォームでの再出費なので、儲かるどころか、損をする危険性も大いにあります。

このように、大家業はとても難しいです。

ぶっちゃけ、素人には務まりませんし、片手間で大家業をできる人はよほど要領のいい人でないと無理でしょう。

めちゃくちゃ勉強して、本気で大家としてやていく覚悟があるのなら「貸す」という選択肢もありでしょうけど、それが難しい場合は、変にリスクの高い「貸す」を選択する必要はないでしょう。

「売る」時は慎重に、なるべく高く売ろう

これまで解説してきたように、相続した不動産を「貸す」という選択肢は、なかなか非現実的で、「売却」を視野にいれて検討しようと思った方も多いと思います。

「売る」時の注意点ですが、相続不動産は、どうしてもタダでもらったという特性上、叩き売りのような形で手放してしまう方が多いのも重要です。

どんなにボロボロの物件であろうと、万人受けしないような物件であったとしても、なるべく高く売る努力は惜しんではいけないと思います。

不動産は、適正な売却方法を取るだけで、金額がでかいのでリターンもその分大きくなります。

知識がないから、結果的にたたき売りしてしまっては、亡くなった親御さんも悲しい気持ちになるはずです。

なので、金額にこだわった売却をしていくようにしましょう。

手前みそで恐縮ですが、不動産を高く売る方法や、うまく売却できる方法も当ブログでは書いておりますので、「売り方」に特化した記事を下記に貼っておくので、よろしければご覧ください。

ご先祖様に感謝しつつ、相続した不動産をお金に変えて、よりよい人生の為に使うのが有意義ですね。

それでは、今回の記事は以上です。

長い文章でしたが最後まで読んでいただき、ありがとうございました。