【理想的な勝利】日本がサモア戦に快勝し3連勝【ラグビーワールドカップ2019】

こんにちは~!
杉山です。

ラグビーが熱いですね。
いや~熱い。前回の試合も興奮しました。

日本中がラグビーワールドカップに夢中とまでは生きませんが、いろいろなメディアにも取り上げられて、あまりラグビーのことを知らない人も、少し関心をもってくれているのかなと感じます。

ラグビーには魅力がたくさんあって、本当に素敵なスポーツです。

学生時代、打ち込んでいたので、日本全体でラグビーという一つのスポーツが盛り上がっているのは自分のことのように嬉しく思います。

それでは、今回の記事の内容ですが。
日本が、ロシア、アイルランドに続き、サモアにも勝利してくれました。

怒涛の3連勝で、今までのラグビーの歴史を見ても始めての出来事であり、限りなく日本のラグビーは急成長を遂げていると言えます。

そんな、サモアに勝利した、サモア戦の内容を振り返っていきたいと思います。

試合を見ていて、「あぁ、たしかにあそこがよかったな」と共感したいラグビーファンの方や、どのような視点でラグビー経験者は試合を見るのかに興味がある方は、面白い内容になると思うので、是非最後まで読んでいただければ嬉しく思います。

それでは、サモア戦を振り返っていきましょう。

ボーナスポイントも取って、サモアに快勝

ボーナスポイントも取って、サモアに快勝

サモア戦始まる前に、以下のような記事を書きました。

【勝つだけではあかん】日本対サモア戦のみどころ【ラグビーワールドカップ2019】

この記事でも書いてある通り、日本がベスト8に行くためには、ただ勝つよりもボーナスポイントを取って勝たないといけない状況にあったため、ただ勝つよりもボーナスポイントをとって買ってほしいと思っていました。

とはいえ、サモアが弱くないチームであることも事実。

体のサイズに恵まれ、走力にも恵まれ、個々の能力でいうと日本は負けているかもしれません。

それだけ、サモアは個々の能力が高いチームでありました。

試合が始まって、決してスムーズな試合運びではありませんでした。

レフェリーに少し癖があったので、普通ペナルティが取られるような場面ではないのに取られたりして、サモアにペナルティゴールを何度か許し、思うように点差が開きません。

基本的に点差がある程度開かないと、積極的にトライを取りに行くという選択をしなくなるので、トライ数を積み上げることができません。

ボーナスポイントを取るには4トライ以上を取る必要がある為、トライ数を意識しながら観戦していましたが、なかなかトライを取れない時間が続きます。

サモアを疲れさせようと、日本はボールを回して翻弄しますが、その分、サポートが遅れるのが目立ち、サモアの執拗なボールへの攻撃にターンオーバーされる機会も多く、「いけそうなのに、いけない時間」が長かったように思います。

しかし、後半。
姫野選手の、ゴール前5mで試合の雰囲気をガラッと変える、スーパージャッカルのおかげで試合の流れが変わりました。

ピンチをチャンスに変えた日本は、そこからトライを取り始めます。

そして、ロスタイムでボーナスポイントの決め手となる4トライ目を奪い、快勝。

結果的には、理想的な勝利と、最高な状態でスコットランド戦に臨める形となりました。

日本対サモア戦の勝因は「日本のチーム力」にあり

今回の勝因は、「チーム力」だと私は思います。

FWのスクラムも最高によかったですし、BKの展開もすごくよかったです。
しかし、それよりもチーム全体としてよかったかなと思います。

というのも、試合をしながら、誰の声かけかはわかりませんが、レフェリーに一癖あることを察知して、ディフェンスの2枚目のジャッカルを積極的にするようになった場面が途中からありました。

私も、実際にプレイしていたのでわかりますが、ラグビーというスポーツは監督やコーチとコミュニケーションが取れる機会が他のスポーツより少ないので、水を持ってきてくれる人伝いに監督やコーチの分析を聞くくらいしか、ないのです。

時間も限られており、第三者を通じての伝言なのでなかなかうまく伝わらないんですね。

すると、何が重要かというと、プレイしている選手たちが試合の中でコミュニケーションを取って、修正をしていかないといけないことにあるのです。

それが、今回のサモア戦では顕著にできていました。

執拗に、リーチ選手がBKとコミュニケーションをとったり、FWとコミュニケーションを取ったりしていました。

そのおかげで、チームが一つとなり、それがうまく点差に表れたと思います。

ボーナスポイントを取れて勝てたのは、すごくよかったのですが、サモア戦を見ていて、少し気になった事もありました。

それは、日本の選手も少し疲労が溜まってきているようにも思いました。

アイルランド戦でタフな試合をして、体にダメージもかなりあったと思うので、もしかしたら一部の選手はリカバリーできていなかったのかもしれません。

サモアも当然疲れていましたが、日本の選手も同じように疲れていたようにも見えました。

スコットランド戦には、しっかりとリカバリーして万全の体制で挑んでほしいと思います。

日本のスクラムはワールドクラス

アイルランド戦とサモア戦を見ていて思ったのですが、日本のスクラムが強すぎて驚いています。

アイルランドやサモアって、世界的に見てもスクラム強い国なんです。

それを証拠に、サモアも前半スクラムにこだわってきたシーンがあったと思います。

アイルランドは当然、世界ランキング1位になった国でもあるのでスクラムが強いのは当たり前ですよね。

その二つの国に負けず劣らず、マイボールの時にはしっかりキープして、相手ボールの時のはプッシュしてプレッシャーをかけていて、時にはスクラムでペナルティを奪い、チャンスになった場面も多々ありました。

スクラムって、私も組んでいたことがあるのでわかるのですが、めちゃくちゃしんどいんです。

試合中はもちろんですが、スクラムを強くするための練習って超絶しんどいんです。

しかも、ここまで飛躍的にスクラムが強くなっているところを見ると、たぶんえげつない練習をこなしていると思うのです。

今大会、徐々に注目されているのが、この日本代表の強いスクラムを作りこんだと言われている、日本代表のスクラムコーチである、長谷川さん。

向かって左の方なんですけど、いかにもスクラムコーチという感じですね。笑

前回のワールドカップ以降に日本代表のスクラムコーチに就任されて、約3年日本代表のスクラムを指導してきて、今大会スクラムが完全に花開いています。

この長谷川さんも、どうやら以前日本代表としてワールドカップにも出場していた選手だそうで、プレーヤーとしても一流、コーチとしても一流なんです。

今大会の日本のスクラムを作り上げた、表舞台にはでてきませんが、日本のラグビーが飛躍した、大きな大きな立役者であることは間違いないでしょう。

世界からも日本のスクラムは注目されていますし、当然それを指導した長谷川コーチにも注目がいくでしょう。

ワールドカップ終了後、熱烈なオファーが海外のトップチームからきそうですね。

次はいよいよ世紀の第一戦「スコットランド戦」

さあ、次戦はいよいよリーグ戦最後を飾るにふさわしい一戦である、「スコットランド戦」です。

スコットランドは、水曜日にロシア戦を控えており、おそらく4トライ以上を取って勝利すると思うので、得点は9になります。

つまり、日本はスコットランドに普通に勝てば、全勝文句なしで決勝トーナメントに駒を進めることができる。

しかし、仮に負けてしまったとしても、スコットランドを3トライまでに抑えるか、3トライまでに抑えることができなかったとしても、くらいついて4点差以内で負ければ、1点得点を貰えるので日本は決勝トーナメントに進めることができます。

目標であるベスト8に大手をかけているわけですが、まだまだ分からないというのが正直なところなので、難しいことは考えず、気持ちよく勝ってほしいと祈るばかりです。

勝つためには、自陣でペナルティをしないことでしょう。

スコットランドには、レイドローという優秀なキッカーがいますのでペナルティをおかすごとに3点とられてしまいます。

また、キックを多用してくるチームでもあるので、バックスリーのキック処理も大きな勝負の分かれ目になるでしょう。

その二点さえ抑えれば、十分に勝機があると思うので、期待しています。

また、スコットランドは水曜日にロシアと戦って、中4日で日本戦なので、ダメージが完全に抜けていない可能性もあるので、日本にとっては有利に働くかもしれません。

気持ちよく勝利して、初の決勝トーナメントに進出してください!

がんばれ、日本!