貯金は意味がない説は大嘘だと思う【貯金は挑戦の切符】

Hello World!!
杉山です。

貯金は意味がないと、よく言われますが、私はそれは大嘘だと思っております。

いろいろな説があり、頭のいい人やインフルエンサーなども「貯金は意味がない」と言ったりして、よく賛成派と否定はで別れています。

人それぞれなので、当然色々な意見があると思いますが、私は1mmも「貯金は意味がない」と思ったことがありません。

誰に何を言われても変わりませんし、凡人がなにかに挑戦するためには、貯金なしではどう考えても再現性がないように思います。

個人的には、貯金こそ挑戦の切符だと思っており、いわゆる普通の人生を歩んできた私のような凡人の人生な人が、人生を変えたいと行動するとき、間違いなく貯金は大きな武器になると思います。

なので、今回は頭のいい人が「貯金は意味ない」って言ったことをうけて、現在貯金を頑張っている人や、これから挑戦の為に貯金を始めようと思っている人がブレないように、貯金は挑戦の切符である根拠について書いていきたいと思います。

影響力のある人の意見は巨大で、そっちが正しいように錯覚してしまい、自分の軸がぶれてしまうことも多々あると思いますが、今一度、本質を考えていただければと思います。

巷でよく言われる貯金は意味がない説

巷でよく言われる貯金は意味がない説

ホリエモンの著書で物議を醸しだしている

日本を代表する起業家である、ホリエモンの著書でここぞとばかりに、貯金を否定されています。

最近でた、こちらの本です↓
あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる 著:堀江 貴文

まだ、読まれていない方の為に解説すると、ホリエモンはお金は貯金せずにすべて使っていると。

貯金をするために、飲みに行く機会を減らしたりとか、けちけちすることが人生をダメにするという内容の本です。

お金の為に、やりたいことを我慢する人生は終わりにしようといった内容のものです。

これを読んだ人が、「貯金せずに遊びまくっていいんだ」と勘違いして「貯金は不要」と「貯金は意味がない」と言っていたりします。

この本で言っていることが、どこまで真実かはわかりませんが、ホリエモンが貯金0なんてことはたぶんありえないと思うんです。

そもそも、凡人である我々とお金に対する意識が違っていて、我々は貯金不要と言うと、貯金0を想像しますが、ホリエモンの貯金不要はたぶん貯金0のことを言っているわけではないように思います。

想像の域ですが、自由に動かせる現金は、1億くらいは持っているんじゃないかと思っています。

ホリエモンが言っている「貯金は不要」の定義はこうだと思います。

生きていくのに不自由のないお金を手元に残した後は、無意味に貯金する必要はないので、どんどん自分の欲望に身を任せてお金を使おうということを言っているように思います。

それを証拠に、冒頭にはこんな一文がある。

「誤解されてはいけないが、1円残らずに使いきり、ボロボロの貧乏人になれと、売れない芸術家みたいなことを言っているわけではない。
あり金をすべて使うつもりで、やるべきことをしよう。
そうすれば、お金に使われ続けるマインドからは、きっと脱出できる。」

あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる  堀江 貴文

ホリエモンが伝えたいのは、お金に縛られて自分のしたいことを押し殺す、お金の呪縛から解き放たれる為の方法であり、貯金0円の自転車操業を推奨しているわけではないということです。

私は、そんな風に解釈をしました。

貯金より投資しろ

貯金が意味がないという人で、「貯金より、投資しろ」という議論もあります。

銀行の口座にお金を貯めてもお金が増えないから、なにかに投資しろという理屈です。

こういう人たちの言う投資とはどの投資を指すのでしょうか。

不動産?株?のことなのでしょうか?

ある程度まとまったお金はないと不動産にしと、株にしろ買うことはできません。

物理的にいえば、買うことはできるかもしれませんが、10万とか20万では投資のポートフォリオも組めないので非現実的です。

最低でも100万円くらいいるとおもいます。

あの株のスペシャリストのBNFさんでさえ、160万円くらいから始めたと言っています。

BNFさんを知らないからはこちらを見てみてください↓

株で成功している、神王リョウさんも100万円から始めて、全部溶かして、もう一度100万円貯金して再チャレンジしてブレイクされたようです。

ここからわかることは、めちゃくちゃ才能のある人達でさえ、最低でも100万円は用意していたということです。

貯金0で投資するというのは、いわばこの株のスペシャリストよりもいばらの道を進むことになります。

うまくいかないとは言いませんが、なかなか暴論のように私は思います。

こういう話をすると、「少額でできる投資もある」という人がいます。

  • 投資信託
  • iDeco
  • REIT
  • 生命保険(養老)

このあたりが、よく話題にされる投資ですが、これらの類は「人にお金を渡して増やしてもらう」やり方です。

要約すると、貯金せずに、人に預けて増やしてもらうことを推奨するわけです。

これらの4つの投資はやっていないので知りませんが、リターンも少ないのではないでしょうか?

海外の口座にお金入れておく方が利回りいいくらいの利率でしょう、おそらく。

投資商品が存在する理由を考える必要があります。

金融機関が投資商品を開発するのは、金融機関が儲けるためです。

多くの人から少額を集めて、大きな資本にして、それで投資して増やすためです。当然、いちばんお金を儲かるのは金融機関であり、投資した人たちには雀の涙程度の利子しかもらえません。

こんな、他力本願な投資を進めるより、しっかり貯金して自分の力で投資を勉強し挑戦するほうが、将来豊かになる可能性は高まると、私なんかは思います。

お金を使って経済を回せ

若者がお金をためだすと、経済が回らないとかなんとか言う人いますけど。

そもそも、自分が満たされていない状態で国やその他の人のことを考えることなどできるはずがありません。

まずが、自分を安定させるのが必須科目で、国の為だからといって消費行動をする人は、使えきれないお金を手にした人です

貯金せず、お国の経済を動かしますという人なんていないと思います。

凡人からすると貯金は挑戦の切符

凡人からすると貯金は挑戦の切符
Old cinema ticket isolated white

貯金が0だと一生ラットレースから抜け出せない

ラットレースというのは、ねずみがカラカラと回る車に走っている様子を表した言葉です。

労働収入で、所得を得ている多くの人はラットレースの中を走っています。

家賃や、食費などの生きていくのに必要なお金を払うためにお金を稼がなくてはいけませんので、まるで前進しないラットレースのようです。

完全のお金のストレスから解き放たれるときは、ラットレースから抜け出せたときであり、例えば。

  • 不動産投資の家賃収入が生活費を上回った
  • 株の配当金が生活費を上回った
  • ブログの収入が生活費を上回った
  • 自分のサブスクリプションビジネスの収入が生活費を上回った

のような、いわゆる労働以外で得る事ができる収入が生活費を上回った時、ラットレースを抜けることができるとされている。

この収入のことを権利収入と言ったりしますが、この権利収入を得るためには権利を獲得するお金だったり、時間だったりが必要になります。

不動産投資をするためには、物件を買う資金がいるでしょう。

100%融資で買えたとしても、諸費用は用意しておく必要はあるでしょうし、不動産を取得したあとの不動産取得税を払えるくらいの現金は最低限必要なわけです。

株を買って、資産を増やしていく過程においても、時間がかかりますし、株を所有するまでは売買により株の所有数を増やしていくことになると思うのですが、儲かったお金を生活費に使っていたら福利を使うことができず増えません。

すると、株を増やしていく間の生活費くらいの現金は必要でしょう。

ブログも同じで、収入があがるまでの間の生活費が必要です。

なので、ラットレースから抜け出すためには、貯金0ではラットレースから一生抜け出すことはできないのです。

たまに、ラットレースを走りながら副業で成功してラットレースを抜け出す人もいるので絶対ではないですが、凡人にはハードルが高いです。

貯金は挑戦中の精神安定剤

サラリーマンをしながら、片手間で挑戦する人もいるでしょうし、私のように背水の陣でサラリーマンを辞めてフルコミットする人もいるでしょう。

私のように、サラリーマンを辞めてフルコミットする人にとっては、貯金は必須だとおもいます。

もしくは、共働きのパートナーですね。

綺麗ごと抜きで、お金がないと生活はできません。

しかし、結果が出るのはいつかわかりませんし、軌道に乗るのはいつなのか予想を立てることはできません。

その間をなんとかしのげる貯金は絶対必要で、貯金がないと精神が安定しないと思います。

私は、先日このようなツイートをしました。

独立すると、思いもかけないお金がかかります。

貯金がなかったら、きっと払えませんので一瞬にして会社員に逆戻りでした。

私の貯金額が150万円ぎりぎりでも、精神が穏やかではなかったでしょう。

精神が安定していないと、焦りがでていい方向に行く場合もありますが、悪い方向に行く場合もあります。

継続が必要な領域で頑張っていくのなら、精神の安定は必須です

そして、精神の安定には貯金は必須です。

まとめ

以上が、今回の記事です。

なので、私は誰が何と言おうと貯金は意味がないなんて思いません。

貯金は、挑戦の切符だし。

挑戦中の体力ゲージになってくれる大切な役割があります。

以上です。

今回も、最後まで読んでいただきありがとうございます。