不動産業界の闇の慣習「個人バック」【あなたの取引にも…】

不動産業界は閉鎖的で、一般の人が知らない風習がたくさんあります。

その中でも、「個人バック」というものがあります。

「個人バック」とは不動産業界用語で、説明すると担当の営業マンに会社への支払いとは別に支払うバックマージンの事です。

不動産の取引は金額も大きいので、この「個人バック」が実はいい収入源になったりします。不動産屋の営業マンで金回りがいいのは、この「個人バック」が関係しているのもあるかもしれません。

不動産業界では、この「個人バック」だけで月に何百万円も稼ぎ出す人間もそう珍しくありません。

普通の人からすると驚きますよね?

そういう世界なんです、不動産業界って。

お客さんは、仲介手数料だけ不動産会社に払っていると思っています。知らぬが仏ですが、実は多くの場合でよけいなお金を払わされていることは多々あります。

その最たるものが、営業マンのポッケに入る「個人バック」です。

もちろん、お客さんに「お小遣いください」なんて直接行ってくる営業マンはいません。でも、あの手この手で、「個人バック」を取ろうと営業マンは必死です。

必要な費用ですといわれた、その費用。もしかしたら営業マンの「個人バック」かもしれません。

このような記事は読み物としても面白いと思いますが、せっかく読んでいただいているので、不動産の営業マンがどのようにして「個人バック」を算出しているかについても書いていくので、読者さんが、自分の不動産取引の際、正規の費用以外のよけいなお金を取られないように役立ててくれれば幸いに思います。

でも、あくまでも個人的な見解によるものなので、私が想像で書いていることかもしれませんし、私が作った作り話かもしれませんので、あしからず。

不動産業界の闇の慣習「個人バック」

不動産業界の闇の習慣「個人バック」

では、不動産取引で支払う、どのようなものに「個人バック」が入っているのでしょうか。

紹介しだすとキリがないくらいにありますが、代表的なものを紹介します。

  • 家を売却成立した際の値引き額の差異
  • 購入の際の諸費用
  • リフォーム紹介
  • 建築業者紹介
  • 生命保険紹介

家を売却成立した際の値引き額の差異

家を売却する際は、基本的に不動産屋さんにお願いしますよね。

売却方法にもさまざまな方法があるのですが、中には古い家だったり、室内がボロボロだったりすると一般の人には売れなくて、しびれを切らして法人に売る場合もありますよね。

では不動産会社を通して、不動産を買う法人さんは何を目的に勝っているのでしょうか。

不動産を通して商売をするためですね。不動産を通して商売をするというと、二通り利益の出し方があります。「家賃収入を得る」ことか「転売して差益を得る」ことです。

どちらの利益をとるにしても、不動産の購入金額を利益がでるレベルまで下げて買わない事には、法人さんの事業として成り立ちません。

ということは、法人に売るということは一般的に売るよりも安くなることは当然なんですね。

もちろん、このことは担当の営業マンから説明があったでしょうし、売主さんもある程度の覚悟をしているでしょう。

例えば、このようなケースを想像してください。

老夫婦などの場合、あの世に家は持っていけないし、お金に換えて余生を楽しく過ごしたいというニーズがあるため、法人に売る人も少なくありません。

当然、法人に売ることは安くなるというデメリットが目立ちますが、取引がスムーズだったり、資金の面で安心だったりするメリットもあります。

後、法人に売却する場合でしたら物件を売ってしまった後にトラブルになることもありません。

老夫婦もしぶしぶ、そういった選択肢をとったとします。

ここから、闇の話になります…

老夫婦が、そう決断したことを聞いた営業マンですが、すぐさま法人さんに話を持ちかけます。

すると、法人さんがいくらで買ってくれるか金額を提示してくれます。

1,000万円で買ってくれることになりました。

それをそのまま、老夫婦に話を持ち掛ければいいのですが、ここでもう一つ営業マンは、法人さんに対して提案を持ち掛けます。

法人さんからしても、悪い提案ではありません、もうこの時商談の主導権は完全に営業マンが握っています。

すると、法人さんも自分が提示した金額よりも安く買うことができて、そのお礼を渡すと思えば、メリットしかない提案なので、その提案を受けますよね。

後は、この営業マンが老夫婦の物件をどれだけ安く買い叩けるかによって「個人バック」の額も変わってきます。

もしかしたら、こんな話を老夫婦に持ち込んでいるかもしれませんね。

これが、もし成立すれば、営業マンのポッケにいくら入ってくるかは小学生でもわかる計算ですよね。

こうならないためにも、法人買取であっても金額は比較検討するに越したことはありません。

そんな時に重宝するのは、一括査定サイトです。

こちら日本最大級の一括査定サイトで、最短45秒で金額の比較検討ができます。

リビンマッチ

購入の際の諸費用

不動産を買う時には、物件代金以外にも様々な諸費用があります。

物件の購入の詳細は以下の記事がおススメです。

マイホームを買う時の流れ【不動産屋は教えてくれない注意点】

この諸費用の中で、「個人バック」を疑うべきところは不動産の取引を担当する司法書士の先生の費用、もしくは新築の際に表題登記という土地家屋調査士に支払う費用があるのですが、その費用の二つが「個人バック」の疑いのかけられる費用です。

基本的に不動産を買う時に必須なのが、司法書士です。購入したものを自分の名義にしてもらうために名義変更の登記をしてもらう必要があります。

会社によっては、会社自体の取引にかかわる司法書士を決めてしまっているところもありますし、営業マン個人がお抱えの司法書士を持っている場合があります。

なかなか、普通に暮らしていると司法書士と会う機会もないし、周りにも司法書士になった人もあまりいませんよね。だから、司法書士は不動産屋さんにお任せするというケースがほとんどなのですが、ここが実は危険なポイントでもあります。

司法書士の費用というのは、「実費」と「報酬」で構成されているんですね。

「実費」の部分は本当に必要なお金を表します、法務局に払わないといけない「登録免許税」や、出来上がった登記事項証明書をあげる費用や、郵送費などですね。

登録免許税は、以下のサイトで簡単に算出することができるので司法書士の費用が妥当かどうか調べる際に是非、活用してください。

登録免許税計算ツール

例えば、登録免許税が10万円だったとして、司法書士の見積もりの費用が30万円としたら「報酬」で約20万円とっているということになります。

それが高いか安いかはまた別の議論ですが、この「報酬」の20万円の中に営業マンの個人バックも含まれているかもしれません…。

こういう、ビジネスマッチングサイトで司法書士を探すのも良いかもしれません。

比較ビズ

リフォーム紹介

中古の物件を購入する際には、切っても切れないのがリフォームですよね。

リフォーム会社を自分で一から探すのはけっこうめんどくさいと思う人も多いと思います。そんなに人生の中で何度もあるものでもないので、相場もあまり把握していませんよね。

そういう隙間に「個人バック」の疑惑は潜んでいます。

中古の住宅を買う際に必ずと言っていいほどリフォームは提案されますよね、提案するにはお客様のことを思っての裏側には自分のメリットも隠されているかもしれません。

リフォームを提案しますが、実際に工事をするのはその工務店です。工務店も今や仕事を取ろうと必死になっていますから不動産会社に営業にきたりします。

その際に、ご紹介いただいたら受注金額の%を渡しますという提案を営業マンは必ず受けていますから、好意で紹介してくれたと思った、そのリフォーム会社さんは「個人バック」の収益源かもしれません。

当然、リフォーム会社さんからすると、その営業マンからの紹介なので、約束した受注金額の数パーセントを払わないといけないので、見積もりの金額にその額が上乗せされます。

すると、損をするのは誰でしょう。

お客さんですよね、紹介料はなにも違法ではないですから文句を言えませんが、不動産屋さんにも仲介手数料払っているのに、それ以上取られるのはあまり気持ちのいいものではありませんよね。

「個人バック」の疑惑を払拭したかったら、リフォーム会社も自分で段取りするのが一番安全で安心です。

しかも、このご時世同じ内容、同じ商品で相見積もりを取るのが鉄板のやり方だと思います。

リフォーム会社も比較サイトがあり、業界最安値の1,300社から一番安い見積もりを選択できる便利なサイトがあるのでシェアします。

リフォーム【リショップナビ】一括無料見積りサイト

建築業者紹介

まず家を建てるとなると、土地探しから始める人も多いと思います。

そうなると必ず、不動産屋に行きますし、自分で家を建てる人も7割くらい不動産屋から土地を買っっていると言われています。

なので、土地探しで不動産屋に行くのはある意味セオリーなのですが、土地を紹介するのと同時に、営業マンが建築業者を紹介してくるケースもあります。

そこの不動産会社が建設もしているケースは良いと思いますが、全然他業者を紹介してくるケースがあります。

それも、先ほど書いた「リフォーム」と同じパターンです。

リフォームよりも単価が大きいですし、建物の打合せは金銭感覚が狂うお客様も多いので、「個人バック」に引き当てられるお金もどんどん積み上げられているかもしれません。

生命保険紹介

全ての取引がちょうど終わることに、家計を見直ししませんか?と提案されたら要注意です。

たしかに、住宅ローンを組むことで家計のバランスが乱れる可能性があり、それを見てもらうこと自体は悪い事ではありません。

しかし、不動産会社の営業マンから提案されるような範疇の話ではないような気もします。

ここには、生命保険の営業マンと手を組んでいる「個人バック」をもらう為の手口かもしれません。

もし、見てもらいたいならこちらも自分で探すのがいいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

あまり知らない世界だから、面白く感じた方もいればちょっと恐怖に感じた人もいるかもしれません。

不動産屋が儲かる仕組みもなんとなく、理解できた人もいるのではないでしょうか。

ご自身が、「個人バック」の餌食にならないコツは基本的には比較検討です。

たとえ、「個人バック」の疑惑がそこに見え隠れしていても他社よりもいい金額で買ってくれたり、他者よりも安くリフォームができるのならいいお話だと思います。

比較せずに、一社で決めてしまうのは危険ですので、めんどくさいですが損をしないためにもひと手間を惜しまず、比較してみてください。

現代は、ネットが普及していますので昔みたいに一社ずつ電話をする必要もありません。情報を入力して、ボタンを押せば自動的に金額が把握できます。

参考になったら幸いにおもいます。

長い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。