カフェでノマドワークは作業効率もコスパも悪い説

Hello World!!
杉山です。

フリーランスになって、1ヵ月半が経ちました。

フリーランスでの独立を目指している方もいると思いますが、その中でもカフェでMacbookを出して、ノマドワークに憧れている人もいるかもしれません。

今回は、そんな人の憧れを壊そうと思います。笑

壊すは、嘘です…笑

最初はいいかもしれませんが、総合的に見れば、カフェでノマドワークは作業効率もコスパも悪いのでオススメしませんっていう話をしていこうと思います。

「いや、カフェは落ち着くし。」

「おしゃれな空間で仕事をするほうが気分もあがる」

とか、いろいろな意見はあるかと思いますが、基本的に全てまぼろしだと思います。

作業効率とコスパ以外のものを望むのならカフェで作業もいいでしょうが、作業効率とコスパを望むなら、カフェは超絶不向きです。

なぜカフェで作業するのだろう

なぜカフェで作業するのだろう

飲み物も食べ物も高い

カフェに行ったら、なにか絶対に頼まないといけません。

何も頼まず、座って作業なんてできませんよね。

朝から行ったとして、コーヒーからおそらく始まりますよね。
ノマドの定番スタバなら、400円くらいしますよね。

そこから、夜まで作業するんですが、その400円のコーヒーだけで夜まで耐えることができる人はなかなか難しいと思います。

なんか、「申し訳ない」とか私なら思ってしまい…
そんなに、喉も乾いていないのにコーヒーをおかわりして、最低でも3杯は飲んでしまいます。

おかわり割引サービスを使ったとしても、1,000円前後使います。

しかも、喉が渇いてどうしようもなくて飲んでいるわけではなく、「申し訳なさ」を感じて飲む、微妙な感情もついでについてきます。

ちなみに、余談ですが。
今年のゴールデンウィークにマレーシアに行った時に感じたのですが、カフェで長居するなら「申し訳なさ」でコーヒーを注文する人も多いと思いますが、マレーシアではそんな人皆無でした。

「一杯で全然OK、いつまでもいてね!」みたいな空気が出来上がっていて、海外はノマドワークもありだなと感じました。

うまく言葉にできませんが、人のことを全く干渉しないし、気にもしていない空気が強く、「申し訳なさ」も感じなかったです。

でも、ここは日本です。
視線が痛いです…笑

特に、人気のカフェであれば1日中いたら混む時間帯があるのです。

吸われる椅子を探して、うろうろしている人が増える時間帯です。
レジには長蛇の列ができてます。

そんな時に、店員さんから向けられる視線に込められた思いは、「おまえ、いつまですの席占領してるんだよ」と感じてしまいます。

きっと、店員さんは、そんなこと思っていないんでしょうけど…
被害妄想かもしれませんが、なんか申し訳ない。

また、一日いたらお腹も空きますよね。

一旦、パソコンを閉じてカフェを離れて、ご飯屋さんに入るにしろ、そのままカフェで食事まで済ますにしろ、それでまた1,000円前後必要です。

ヘタすると、一日でトータル2,000円前後使ってしまうかもしれません。

高いですよね。

移動時間もったいない

カフェに行くのにも、時間が必要になりますよね。

家の近くに、ショッピングモールなどがある人ならカフェが必ず入っているので、そこで作業することができますが、近くにショッピングモールがない人は、わざわざそこまで移動しないといけません。

移動時間もそうですが、カフェに行くのに部屋着ではいけませんよね。

女性でしたら、すっぴんで行くことに抵抗のある人もいるでしょう。

そうなると、準備の時間も移動時間にプラスして必要になりますよね。

男性でしたら、顔洗って、歯を磨いて、寝ぐせを直して、必要な人はワックスで仕上げたりしますよね。

そして、服を部屋着からよそ行きの服に着替えますよね。

早い人でも、20分くらいはかかります。

女性なら、もっとかかりますよね。

お化粧に、日焼け止めクリームに、髪の毛のセットに大変です。

服も着替えるのもプラスされれば、1時間くらいはかかりますよね。

そして、各々の移動手段を使って、移動するわけです。

歩きなのか、自転車なのか、電車なのか、車なのか。

時間もったいないですよね。

周囲の人うるさい

カフェとかってけっこう、うるさくないですか?

カフェってみんな話に来ていることが多いので、それでうるさいっていうのはお門違いなのはわかっているのですが…。

私は、文章を書いたり、コードを書いたりするときは基本的に無音じゃないと作業ができないタイプなのです。

画像を選んだりするときは、音楽あってもいいのですが、それ以外の時は集中が途切れるので、あんまり音は取り入れていないのですね。

そんな人間がカフェに行くと、めっちゃうるさく聞こえます。

しかも、私が悪いのですが会話の内容も気になってしまいます。

笑い方に癖のある人もたまにいますし。

奇抜なファッションをしている人がどんな飲み物を飲むのか気になるし。

横の席のカップルが喧嘩しだすし。

喧嘩の原因も気になるし。

集中力のきれる要因でカフェは溢れています。

クラシックが流れて、優雅に作業なんて夢のまた夢です。

現実は、いろいろな人間が同じ場所に集まって好きなように会話し、好きなように笑い、怒り、混沌としていて、お世辞にも優雅とは言えないです。

作業効率、コスパを重視するなら自宅が一番

作業効率、コスパを重視するなら自宅が一番

飲み物、食べ物が安い

カフェで作業するなら、絶対に自宅のほうがコスパがいいですよね。

飲み物は、コーヒーが飲みたかったらスーパーでコーヒー豆でも買ってストックしておけば、好きな時に飲めますし。

お腹が空いたのなら、食材を冷蔵庫にいれておけば、今一番自分が食べたいものを料理して作ればいいですし。

コスパも、カフェよりよっぽどいいです。

まあ、たしかにコーヒーはカフェのほうがおいしいと思いますが、その差は誤差の範囲です。

家でも、コーヒーの淹れ方はGoogle様に聞けば、ある程度おいしくできますので、そこまで大きな問題ではありません。

移動時間も準備時間もなし、起きて数秒で作業開始

カフェに行くのにかかっていた時間も自宅なら大幅に削減することができます。

起きて、パソコンの前に座ればすぐに作業を開始することができます。

煩わしい、着替えや、髪の毛のセット、女性ならお化粧の必要はありません。

起きて、数秒で作業スペースで作業を開始できるのです。

自分の空間を作れる

自分のベストな作業空間ってあると思います。

インテリアにこだわった空間が好きな人もいれば、なるべくシンプルなほうがいい人もいるでしょう。

インテリアも自分の自宅なら自由自在です。
なにもお金をかける必要はありません。

今なら100均で、ある程度のものはそろえられるので、いくらでもおしゃれにすることが可能です。

私は、シンプルなのが好きなので、特に空間づくりはしておりませんが。

カフェのインテリアが素敵でそれを求めている人なら家でもすこしは再現できます。

また、音楽を聴きながら作業をしないと、はかどらない人もいると思います。

カフェならイヤホンですが、家ならスピーカーから好きな音楽を聴きながら作業することができます。

周囲がうるさいということもなく、集中して自分の作業に没頭できます。

まとめ

たまにならいいですが、毎回カフェで作業はぶっちゃけきついと思います。

それに、憧れてフリーランスになっても、数日で非効率さとコスパの悪さに気づくでしょう。

カフェで作業する人をディスっているわけではありませんが、たぶん家でやったほうがいいと思います。

家以外で作業したいなら、図書館とかがいいんじゃないですか。

飲食代はかかりませんし、基本的には静かにしないと「怒られる」ので、必然的に静かです。

どちらにせよ、カフェはおすすめできませんね。

今回の記事は以上です。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。