生命保険なんていらない【不確定な未来より今を充実させる】

こんにちは~!
杉山です。

早速ですが、生命保険って入っていますか?

生命保険って、不動産の次に高い買い物だと言われています。
普通の人の人生であれば、基本的に人生で2番目に高い買い物となります。

しかし、不動産ともなれば多くの人は何件も内見をして、考えに考えた結果、結論をだし、よく考えて購入を決める方が多いです。

しかし、生命保険ともなれば、なぜかいとも簡単に入ってしまいます。

普通の、保険のおばちゃんの説明で、あまり保険の内容を熟知しないまま入っている人も多くいます。

その保険のおばちゃんは、誰かの紹介であることが多く、保険の中身自体がいいか、悪いかではなく、知人、もしくは結婚相手の親などから勧められる「人」で簡単に申し込みを行ってしまいます。

「いやいやいや、自分はきちんと保険の窓口で決めた」という人もいるかもしれませんが、保険の窓口のような仲介業の収益の上げ方はご存知でしょうか?

保険会社にお客さんを紹介することで「紹介料」を受けとって、それが事業利益となっています。不動産でいうと、スーモカウンターとか、結婚業界でいうと、ゼクシィカウンターとかも同じ業態です。

人が集まる、一等地に店舗を構えて、いわゆる見込み客を集めて、その客を紹介していく、仲介業なのです。

すると、どういうことが起こるかというと…
できることなら「報酬が高いところに紹介したい」となるに決まっています。

一等地の家賃を支払わないといけませんし、そこで働く人の給料もありますので、事業として利益を出し続けなければいけません。

高い広告料を支払って、数ある競合他社の中から来ていただいた貴重なお客様には当然、紹介単価のいい会社に紹介したいと思うのは、事業を営んでいる以上、当たり前のことですよね。

商売なので、当然のことです。

しかし、一般消費者からすると本意ではありません。

だって、「紹介料の高い会社」を紹介してほしいのではなく、「自分にあった保険を提案してくれる会社」を紹介してほしいだけなのですから。

そんなことなら、私はいっそのこと「生命保険」なんて入らないほうがいいと思っています。

今回は、その理由について書いていきたいと思います。

生命保険なんていらない、今を生きる

生命保険なんていらない、今を生きる

「生命保険」が必要ないと思う一番の理由は、不確定な未来にお金を使いたくないからです。

これが、自分の信念であり、道です。

なので、もし生命保険を深く考えることなく申し込んだ人は、今一度考えてみても良いかもしれません。

「結婚と同時に生命保険に入るべき」って誰が決めたのか

生命保険に入るタイミングって、多くの場合は「結婚」のタイミングであることが多いです。

「結婚」をすると、奥さんという守らなければいけない存在ができるので、自分が死んだとき用にお金を残しておかなければいけないという理由です。

たしかに、自分が死んだ後に大事なパートナーにお金を残してあげるのはとても大切な事ですよね。

しかし、「結婚と同時に生命保険に入るべき」と言い始めた時代と、今の時代では大きく違うことがあります。

それは、平均寿命が爆上がりしているということです。

私は29歳ですが、たぶん100歳くらいまで生きると思います。

どんどん医療も発達しています。

たぶん、そんな簡単に死なないと思うのです。

というより、寿命をまっとうせずに死ぬ可能性はめちゃくちゃ低い確率であると思うのです。

そんな確率の低いことに、毎月高いお金を払い続けることにどうしても価値を見出すことができないのです。

「生命保険でも、お金が増える保険がある」という声が聞こえてきそうですが、お金が増えだすのは払い始めて30年先くらいからです。

しかも、微々たるお金です。

また、お金が増え始める前に解約すると大損します。

本当に大損です。

人生何があるかわかりません。
いつ、お金がいるかもわかりません。

損をしてでも、解約返戻金が必要になることもあるかもしれません。

そんなことなら、最初から入らないほうがよかったと後悔するはずです。

なにも、パートナーにお金を残しておく方法は「生命保険」だけではありません。

住宅ローンを35年の長期で組む人は、それも立派な「生命保険」になってくれます。

団体信用生命保険というのに、基本的に銀行負担で入りますので、死ねば住宅ローンの残高は0になります。

住宅ローン0のお家を、パートナーに残しておくことができます。

後は、一番シンプルですが現金を残しておくということもできます。

色んな選択肢がある中で、「生命保険」にメリットが感じないのです。

保険会社がCMをうち続けられる理由

不況と言われている時代で、広告単価も上がってきている時代にもかかわらずテレビを見ていると保険会社のCMってめちゃくちゃ流れると思いませんか?

なんでだか知っていますか?

何を隠そう、儲かっているからなんです。

大手の保険会社のほとんどが、入会している生命保険者全員が今死んでも、全員に生命保険料を支払うことができる以上の内部留保額があると言います。

このご時世でも、CMをうち続けられる理由は儲かっているからに他なりません。

しかも、知り合いの外資系生命保険の営業マンから聞いた話によると、儲けの源泉のほとんどが途中解約だそうです。

満期まで生命保険を払い続ける人は本当にごくごく一部だそうで、そのほとんどが途中解約するそうです。

途中解約すると、大損しますから保険会社はまるまる利益になります。

そんな実態の中、生命保険を満期まで払い続ける自信を持てるかというと、私には無理です。

同時に保険会社を儲からせるために、大事なお金を使いたくありません。

私は不確定な未来より、今を充実させたい

いろいろ言ってきましたが、一番の理由はこれです。

「不確定な未来より、今を充実させたい」と思っているから、生命保険をいらないと思っています。

生命保険って、死んだ後に大切な人にお金を残すものですよね。

なんか、その考え方自体がネガティブに感じてしまって、死んだ前提のことを考えるよりも、今にお金を投じたいと思うのです。

自分のパートナーがどんな気持ちかはわかりません。

「死んだあとの為に生命保険に月々払ってほしい」と思っているかもしれませんが、私は、そのお金は今使いたい。

今、パートナーと食事に行ったり、旅行に行ったりしたい。

死んじゃったら、いくらお金があっても楽しめない。

自分が死んじゃった後のことは、あまり考えていない。

たぶん死んじゃってもパートナーが路頭に迷うことはない。

家族もいるし、働けない体なわけでもないし、日本には生活保護というセーフティネットもある。

それなら、今を楽しみたいし充実させたいって思うので、月に2万円とか3万円とか生命保険に払うくらいなら、そのお金で、寿司でも食べさせてあげたいし、ちょっと貯金して温泉旅行でも連れて行ってあげたい。

死んだ後に、パートナーの心の中で生き続けるためには「生命保険を払うために、やりたい事を我慢した結婚生活」より「美味しい物や楽しいことをいっぱいして笑い合った楽しい結婚生活」のほうが私自身後悔しない。

だから、生命保険はいらない。

死んだあとより、今が大事。

それでは、今回の記事は終わります。

生命保険について考えるきっかえになれば嬉しく思います。

長い文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。