宮迫&亮の緊急会見で思うこと

Hello World!!
杉山です。

吉本芸人、闇営業の一連の騒動において。
昨日、渦中の芸人である、雨上がり決死隊の宮迫さんと、ロンブーの亮さんが緊急会見を行いました。

昨日は、土曜日でしたので、この時間帯に報道番組はしておらず、地上波では見ることができなかったので、私はAbemaTVの生放送で見ました。

私は、大阪人で、土曜日のお昼ご飯時には「吉本新喜劇」を見ながら育っており、当然お笑いが好きで、難波に遊びに行った時はNGKに行ってお笑いを見たりもしました。

それで、今回の会見を見て、幸いブログを運営していることから。
この緊急会見を見て思ったことや感じた事を書こうと思ったので、書いています。

完全に自己満足です。笑
自分の書きたいものを書きます。

すいません。

有益ではありませんが、許してください。笑

宮迫&亮の緊急会見で思うこと

これって、そもそもそんなに悪いことなのか。

昨日の会見を見ていて、二人の涙を流す姿に感情移入してしまって、私自身もこみあげるものがあったのですが、ふと冷静に戻った時に、「なぜ、こんなに涙を流して謝っているのか?」という疑問が浮かびました。

騒動が大きくなって、そもそもなにが問題になっているのかを考えました。

今回の騒動で問題になって、世間やワイドショーが問題視している点は以下の3点でしょうか。

  • 闇営業をしたこと
  • 詐欺グループの営業だったこと
  • お金をもらったのにもらっていないと嘘をついたこと

しかし、この3点で冷静に考えればどれもそんなに世間が騒ぎ立てて、「叩かれる」ほど悪いことではないのではないかと思います。

闇営業をしたこと

闇営業という言葉がすごくネガティブさを連想させますが、いわば「直営業」のことですよね?

「直営業」をしてもいいか悪いかは、芸人と事務所(吉本)の取り決めの問題で、世間がとやかくいうべき問題ではないと思います。

事務所が「直営業してもいいよ」というスタンスなら別に問題ないんでしょうし。

事務所が「ダメ」って言ったらやってはいけません。

たとえ、事務所が「ダメ」って言っているのにも関わらず、「直営業」をしてしまったとしても、別に事務所と芸人の問題なので世間が騒ぎ立てることではないと私は思います。

別に、「直営業」は法律を犯している行為ではないし、芸人のような個人事業主なら直営業をすることはなんら法律的にも倫理的にもおかしくの無いことだと思います。

でも、マネジメント上で吉本に禁止されているのなら守るべきだとは思いますが、他人がとやかく言うべきでないし、闇営業という言葉は適正ではないと思います。

詐欺グループの営業だったこと

そして、もうひとつ問題視されているのが、「直営業」の相手先が詐欺グループだったということ。

詐欺で、だましたお金をもらっていたから悪いとされています。

たしかに、知っていて「直営業」したのならとんでもなく、悪いことだと思いますが、今回は知らなかったわけですよね。

じゃあ、仕方ないんじゃないかなと個人的に思います。

それを言うなら、「直営業」の会場も詐欺でだましたお金で払っているのでしょうし、その場の飲食代も該当します。

そこは、とがめられずに芸人だけがとがめられて、契約解消まで追い込まれるのはちょっと違うかなって思います。

お金をもらったのにもらっていないと嘘をついたこと

これは、ダメですね。

これが今回の騒動で私が感じる唯一、悪かったなと思う点です。

その他のことは、悪いと思いません。
「直営業」自体も悪くないし、その相手先が詐欺グループと知らずにお金を受け取ったことに、宮迫さん含めた芸人達の落ち度はないでしょう。

だって、詐欺グループって知らないんですから。

でも、お金をもらっていたのにもらっていないと嘘をついたのはダメですね。
きちんと謝るべきです。

「嘘をついてすいません」って。

でも、それだけで済むでしょ。
なんで、契約解消になるのか意味不明ですね。

人間なので、保身に回って突拍子もない嘘をつくことはあるはずです。
嘘はよくないので、嘘をつく前に時間は戻りませんので、やってしまったことは仕方ありません。

じゃあ、謝ればいいだけですよね。
それで、この問題は解決すると私は思うのですが、世間は許さないのですかね。

吉本叩きが始まるだろうけど、それも違う

週明けから、また今回の緊急会見で吉本叩きが始まりそうな気がします。

この緊急会見で、宮迫さんが話した内容は嘘偽りのないものであり、それが逆に吉本のブラックさが垣間見えてしまいました。

  • 早い段階で「お金をもらった」と芸人が打ち明けたのに静観していたこと
  • 会見をしたと言ったのに会見をさせてくれないこと
  • 社長が「おまえら連帯責任で全員クビにできる」発言をしたこと
  • 引退会見か、契約解消の2択を迫ること

これらを受けて、おそらくこれまでの潮目が変わって、吉本叩きが始まりそうな予感がしますが、それも違うと思います。

たしかに、よくない会社の体質なので変えるべきところはたくさんあると思うので今回の一件で松本人志さんや、さんまさんも動くそうなので少しずつ変わっていくことだと思います。

でも、またここで「吉本叩き」を世間がしてしまうと、収拾がつかなくなり、また誰か辞めなくてはならなくなってしまいます。

そんな結末は、今回会見した宮迫さんや、ロンブーの亮さんも望んではいないでしょう。

だから、「吉本叩き」はせずに明日には吉本の社長も会見をするそうなので、それまではそれこそ静観でいいのではないかと思います。

芸人同士の絆の深さに感銘を受けた

同時に今回の緊急会見で、芸人同士の絆の深さに感銘を受けました。

松本さんのこのツイートにはじまり。
今日のワイドショーは急遽予定を変更して生放送していました。

気になったので、すべて見ましたが、お笑い愛の強さを本当に感じましたし、芸人同士の絆の深さに感銘をうけました。

東野さんも、涙で声を詰まらせる場面があり、後輩思いのいい先輩でかっこいいなと思いました。

陣内さんも言及されていますね。

芸人同士で助け合って、笑いあって、我々にもお笑いを届けてくれて、つまらない日常とか、嫌なことがあったりしても笑かしてくれれば、気持ちは楽になるし、ハッピーになります。

すばらしい職業ですよね、芸人さんって。

宮迫さんも、亮さんも契約解消からの、契約のまき直しをして、吉本興業のお偉いさんも誰も辞めずに、最後は笑っておしまいっていうのがこの騒動のハッピーエンドだと思います。

明日の、報道番組では「吉本叩き」は辞めてほしいな。

今日のワイドショーで、松本人志さんが「大崎会長が辞めたら自分も辞める」って言ってたの聞いてなおさら思いました。

世間が「吉本叩き」をしすぎたら、大崎会長が辞めてしまいますよ。
そうなれば、松本さんも辞めて、テレビで松本さんを見れなくなってしまう。

まっちゃん好きだからそれは避けたい。
なんの力もないので、どうすることもできないけど。

「吉本叩き」が起こらない事を祈って、静観します。