【運命のいたずら】日本対南アフリカ戦のみどころ【ラグビーワールドカップ2019】

こんにちは~!
杉山です。

ついに、やってきました。

ラグビーワールドカップ2019の準々決勝戦。

まさか、あのラグビー弱小国だった日本が決勝トーナメントで試合をすることがあるなんて思いもしませんでした。

怒涛の4連勝をしてくれ、世界でトップレベルでもある、アイルランドとスコットランドにも勝利をもぎ取ってくれて、日本代表は本当に国民に勇気と前向きな気持ちを与えてくれていると思います。

台風で被災した人も多いと思います。
そんな人の、一筋の希望にもなっているのではないかと思います。

メディアでは、連日ラグビーがとりだたされ、ラグビーを知らない人も「にわか」な形でラグビーに興味を持ってくれ、ファンになってくれる人も増えてくれていて、とっても嬉しいです。

サッカーとか野球くらい、日本でもメジャーなスポーツになってくれたら、学生時代ラグビーに人生を捧げていた身からすると嬉しい限りです。

日本が対する決勝トーナメントの相手は「南アフリカ」です。

まさに運命のいたずらといっても過言ではありません。

4年前のワールドカップでも、日本は南アフリカに勝利しています。

ジャイアントキリングが起きにくいラグビーで日本は大番狂わせを起こしてくれました。

当時は、「桐谷美玲が吉田沙保里に勝ったようなもの」とか「ドラゴンボールのヤムチャがセルに勝つようなもの」と言われるくらい力の差があるなかで、勝利してくれました。

南アフリカは、ラグビーワールドカップでも2度優勝しており、ラグビー強豪国です。

当時、まさか日本に負けるなんて、南アフリカの選手はもちろん、スタッフ、観客も想像もしなかったでしょう。

そんな、大金星から4年後のワールドカップ決勝トーナメントの舞台で再び戦うことになりました。

ワクワクして、楽しみで仕方ありません。

そんな、南アフリカ戦のみどころを今回は記事にしていきます。

【ラグビーワールドカップ2019】日本対南アフリカ戦のみどころと考察

【ラグビーワールドカップ2019】日本対南アフリカ戦のみどころと考察

日本の実力は、アイルランドやスコットランドに勝ったとはいえ、まだまだ南アフリカを超えているとは言いにくいところがあります。

それだけ、南アフリカは強いです。

南アフリカの強みはなんといっても、フィジカル。

ワールドカップでこれまで戦ってきた、どのチームよりもフィジカルが強いチームです。

体とパワーで、ゴリゴリ戦ってくるでしょう。

それに、日本はどう立ち向かえばいいのか。

各チームのメンバー発表から考察

まずは、各チームメンバー発表から考察していきます。

日本代表からいきましょう。

  • 1. 稲垣啓太
  • 2. 堀江翔太
  • 3. 具智元
  • 4. トンプソンルーク
  • 5. ジェームス・ムーア
  • 6. リーチマイケル(ゲームキャプテン)
  • 7. ピーター・ラブスカフニ
  • 8. 姫野和樹
  • 9. 流大
  • 10. 田村優
  • 11. 福岡堅樹
  • 12. 中村亮土
  • 13. ラファエレティモシー
  • 14. 松島幸太朗
  • 15. 山中亮平

先日の、スコットランド戦から変わったのはFBの15.山中選手くらいで、後は同じです。

言うまでもなく、ベストメンバーです。

これ以上のメンバーはないというくらい、日本が誇る、最強の日本代表が真っ向から戦いに挑みます。

ここまで、幸い主力選手に大きなケガもありませんでしたので、ベストメンバーで南アフリカ戦に挑むことができます。

この試合の日本の注目選手は、個人的にはFWは姫野選手で、BKは山中選手です。

姫野選手は、南アフリカのフィジカルにも全然力負けしないパワーを持っていますので、この試合でも、どんどん前にでてくれると思いますし、得意のジャッカルで試合の流れを日本に持ってきてくれる場面も期待したいです。

南アフリカの選手が委縮させるくらいの、アグレッシブさを姫野選手はやってくれると信じています。

BKに関しては、山中選手に注目したいです。

同じ大阪出身で、高校の時や大学の時は本当にスター選手でしたから。

トップリーグにいって、ドーピングに引っ掛かり表舞台に立つ機会から長い間遠ざかっていましたが、実力は本物ですし、それから大変な努力もされたと思います。

今大会では、正直。
これまで大きな見せ場は作れていません。

そろそろ、爆発するんじゃないかと個人的には期待しています。

日本代表でFBだけが、トゥポウ選手を使ったり、山中選手を使ったりと、固定化されていませんので、この試合で爆発して、日本代表のFB山中亮平としての地位を確立してほしいと思います。

次に、南アフリカのメンバーです。

  • 1.テンダイ・ムタワリラ  
  • 2. ボンギ・ンボナンビ
  • 3.フランス・マルハーバ
  • 4.エベン・エツベス
  • 5. ルード・デヤハー
  • 6.シヤ・コリシ(ゲームキャプテン)
  • 7.ピーター=ステフ・デュトイ
  • 8.ドウェイン・フェルミューレン
  • 9.ファフ・デクラーク
  • 10.ハンドレ・ポラード
  • 11.マカゾレ・マピンピ
  • 12.ダミアン・デアレンディ
  • 13.ルカンヨ・アム
  • 14.チェズリン・コルビ
  • 15.ウィリー・ルルー

南アフリカの要注意プレイヤーは、10.ポラードと12.デアレンディです。

ポラードは、キックスキルが非常に高く、ワールドカップ前のテストマッチで日本が戦ったときも、キックに苦しめられました。

ウィングで、足の速い11.マピンピや14.コルビを走らせて、10.ポラードのキックパスでトライを取っているシーンもこのワールドカップでも何度も見ます。

なので、日本はこの10.ポラードを自由にさせないことが重要だと思います。

次に12.デアレンディは超攻撃型のCTBで、とにかく強いです。

対面である、中村選手のタックルがあれば問題ないと思いますが、要注意です。

持っているものを全て出し切れば勝機が見える

怒涛の4連勝を見せてくれて、日本史上初の決勝トーナメントに進出してくれて、夢と奇跡をいっぱい見せてくれて最高ですが、やはり人間とは欲の生き物でうすね。

「ここまで来たら、いけるとこまで行ってほしい」と思ってしまいます。

ベスト8という目標をクリアした今、目標をクリアしないといけないというプレッシャーからは解き放たれていると思います。

アイルランドやスコットランドという強豪に勝利してきた、確固たる自信もあると思います。

優秀なスタッフによる、戦略もこの1週間しっかりと準備ができているはずです。

あとは、本当に全てを出し切るだけです。

ここまでの集大成をすべてぶつけて、どうかもう一度国民に夢を見せてほしいと思います。

南アフリカに、もし勝利することができればいよいよ「優勝」という二文字が少し現実的なものになります。

それは、まだ少し先の話になりますが、まずは南アフリカを倒して日本に再び前向きな風を吹かせてほしいと思います。

頑張れ!ニッポン!

それでは、今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。