【歴史を変える大一番】日本対スコットランドのみどころ【ラグビーワールドカップ2019】

こんにちは~!
杉山です。

いよいよ、この日がやってきました。

日本ラグビー界の歴史を変えるかもしれない、世紀の第一戦である、日本対スコットランド戦があります。

状況的に言うと、勝てば1位で決勝トーナメント進出がきまり、プールBの2位である「南アフリカ」と対戦することになる。

仮に負けても、4トライ差に抑えて、かつ7点差以内であれば日本は2位で決勝トーナメントに進出することができる。

そうなれば、対戦相手はあの「オールブラックス」になる。

私の理想を言うと、スコットランドに快勝して、1位で決勝トーナメントに進出して、昨年、勝利し、世紀の大番狂わせと言われた「南アフリカ」と対戦し、本当に強くなった日本と真っ向からぶつかってほしいと思ったりします。

しかし、まずは決勝トーナメントのことを考える前に、スコットランド戦にフォーカスしなければいけません。

そんなスコットランド戦のみどころを今回の記事では解説していきたいと思いますので、スコットランド戦が楽しみな人や、どういうことに気を付けて試合を観戦したらいいかわからない人は、是非、参考になさってください。

【ラグビーワールドカップ2019】日本対スコットランド戦のみどころと考察

【ラグビーワールドカップ2019】日本対スコットランド戦のみどころと考察

ラグビーファンからすると、本当にスコットランド戦は楽しみにしているはずですが、もしかした中止になる可能性があります。

ご存知の通り、台風が直撃しており台風の具合によって、当日の朝に試合をするかどうかを判断されると言うのです。

現実問題、本日行われる予定であった「ニュージーランド対イタリア」や「イングランド対フランス」は中止を余儀なくされました。

自然のことなので、どうしようもないことですが非常に残念です。

スコットランドの首脳陣営が「中止ではなく、延期にしてほしい」と協会に訴えているそうですけど、他の2試合が中止している最中、スコットランドだけが特別扱いにはならないでしょう。

台風により、中止になれば「引き分け」ということになり、得点で日本が無条件に決勝トーナメントに進出することになります。

中止になれば、スコットランドとしては戦わずして決勝トーナメントにいけないので、スコットランドの首脳陣の気持ちもわかりますが、こればっかりは自然の事なので仕方がないでしょう。

中止の可能性はどれくらいあるのか?と私も気になって色々調べたところ、当日に台風が滞在しているという可能性は低いということでした。

しかし、懸念されるべきは試合が行われる「日産スタジアム」の周辺が河に囲まれているということから氾濫し、「水没」してしまう可能性はあるそうです。

水に浸かっている芝生の上で試合を行うことはできませんので、そうなれば中止という判断をされるでしょう。

ワールドカップ協会も全力を尽くしてくれていると思うので、我々はただ祈るしかありませんね。

各チームのメンバー発表からの考察

それでは、日本対スコットランド戦のみどころと考察をしていきます。

まずは、メンバー発表からの考察を解説していきたいと思います。

日本のメンバーからいきます。

  • 1. 稲垣啓太
  • 2. 堀江翔太
  • 3. 具智元
  • 4. トンプソンルーク
  • 5. ジェームス・ムーア
  • 6. リーチマイケル(ゲームキャプテン)
  • 7. ピーター・ラブスカフニ
  • 8. 姫野和樹
  • 9. 流大
  • 10. 田村優
  • 11. 福岡堅樹
  • 12. 中村亮土
  • 13. ラファエレティモシー
  • 14. 松島幸太朗
  • 15. ウィリアム・トゥポウ

フルパワーのメンバーだなという印象です。

フォワードは間違いなく、フルメンバーです。
LOトンプソン選手も、先発に復帰しており、No.8をマフィを起用するかとも思いましたが、今大会のリーチ選手とラブスカニ選手と姫野選手の活躍を見れば、付け入るスキがないので、仕方がありませんね。

バックスは、福岡選手が先発復帰で、フルバックを山中選手からトゥポウ選手に変えています。

意図はわかりませんが、ハイボールの処理が山中選手よりもトゥポウ選手のほうがいいという判断なのかもしれません。

どちらにせよ、日本は最高のメンバー構成です。

対するスコットランドですが、スコットランドもフルメンバーです。

  • 1.アラン・デル
  • 2.フレーザー・ブラウン
  • 3.ウィレム・ネル
  • 4.グラント・ギルクリスト
  • 5.ジョニー・グレイ
  • 6.マグナス・ブラッドベリー
  • 7.ジェーミー・リッチー
  • 8.ブレード・トムソン
  • 9.グレイグ・レイドロー(ゲームキャプテン)
  • 10.フィン・ラッセル
  • 11.ダーシー・グレアム
  • 12.サム・ジョンソン
  • 13.クリス・ハリス
  • 14.トミー・シーモア
  • 15.スチュアート・ホッグ

スコットランドは、ロシア戦で実質的にフルメンバーではなく、リザーブの選手たちで構成したメンバーで勝利を収めています。

つまり、今回のフルメンバーの11グレアム選手以外は、前回のロシア戦に出場していないので、めちゃくちゃ体のダメージをリカバリーできていて、元気なはずです。

怖いところではありますが、日本も一週間空いているので少しはリカバリーできていると思うので、なんとか頑張ってほしいところです。

スコットランドで注意すべき選手は、9レイドロー選手と15ホッグ選手でしょう。

レイドロー選手のキック制度は目を見張るものがありますし、15ホッグ選手はボールを持って走るのが好きな選手なので、不用意に15ホッグ選手めがけてキックを蹴るのは注意が必要です。

勝利のカギは、「キック処理とペナルティ」

スコットランド戦を勝つためには、レイドロー選手の精度の高いハイパントをどこまで綺麗に処理できるかにかかっているはずです。

中盤くらいの位置であれば、かならずレイドロー選手がハイパントを蹴ってきます。

そして、キャッチした選手に人数をかけて襲い掛かって、ボールを奪って裏に展開するというのがスコットランドの常套手段なので、いかにハイパントを綺麗にキャッチして、日本の選手もしっかり戻って、リカバリーをすることが大切です。

明日、試合があるとすれば台風の影響も多少残っていて、風も強いのでボールが流され、落下地点を読むのも難しくなるはずなので、なによりキック処理が大事な試合になるでしょう。

キック処理は、11福岡選手、14松島選手、15トゥポウ選手が主に担うことになると思うので、なんとかキックで崩されないように耐えなくてはいけません。

また、ペナルティを犯すと、PGでどんどん点数をとってくるのもスコットランドの常套手段なので、不用意なペナルティは犯さないことですね。

試合早々に、レフェリーの癖を掴んで修正していくことが大事だと思います。

ハイパントを蹴るのも、PGを蹴るのも9レイドロー選手なので、日本の持ち前の激しいディフェンスや、強いスクラムでプレッシャーをかけ続けて、レイドロー選手のメンタルを静めさすことができれば、勝機が見えてくるはずです。

日本ラグビー界の歴史が変わる瞬間に立ち会おう

明日、勝てば日本ラグビー界の歴史が変わります。

ラグビー弱小国「日本」ではなくなり、世界でも十分に通用する、ラグビー強豪国日本になります。

スコットランド戦はそんな歴史的な日になること、間違いありません。

そんな瞬間に立ち会えるのがすごく楽しみです。

みんなで、日本を応援しましょう。

がんばれ!ニッポン!

それでは、今回の記事は終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。