Web系で独立して一カ月経って感じた。独立に必須な4つの力

Hello World!!
杉山です。

いきなり、私事で恐縮なんですが…。

この度、独立して一カ月が経ちました。
長いようで、短い一カ月でした。

収益はツイートにも報告してる通り、約20万円弱でした

昨年度の月収に比べると、5分の1に激減しております。

ここで、ふたつの見方があると思います。

独立して一カ月目で20万円も稼げたのならすごい。
大したものだという見方。

もう一方は、せっかく独立してやっていっているのに、昨年の5分の1しかないことに悲観する見方。

私は後者です。
何一つ満足できた結果ではありませんでした。

しかし、幸いにも命のゲージ(貯金)は尽きておりませんので、引き続き7月も挑戦を続けることができます。

目標も決まりましたので、目標をクリアできるように挑戦していきます。

前置きが長くなってしまい申し訳ありません。

今回の記事は、そんな独立して一カ月経った私が感じた、独立に必須な4つの力について書いていきたいと思います。

独立とか起業とかは、わりとポジティブな面がとりだたされる傾向にあり、あまりダークサイドの部分をとりだたされることはありません。

独立のポジティブな面といえば

  • 希望
  • 好きな事
  • やりたい事
  • 自由な時間

このような形です。

しかし、表があれば裏もあるのが物事の本質です。

当然、いいことばかりではありません。

今回は、ポジティブな面ではなく、ダークサイドな部分に触れていこうと思います。

希望と夢に満ち溢れて毎日を過ごしている反面、不安と孤独とも隣り合わせです。

普段は強がって、ツイートでもだしませんし。
家族の前でも、毅然に振舞います。

しかし、何とも言えない「不安と孤独」がふとした瞬間に降りかかってきて、自分を見失って全てを捨てたくなる瞬間が時折あります。

そのような瞬間に打ち勝つ力が、独立をする際には必要になるとおもいました。

これから、独立しようと考えている人や会社を辞めようか迷っている人達にむけて、私が感じた、兼ね備えておくべき4つの力をシェアしたいと思います。

独立に必須な4つの力

独立に必須な4つの力

私が、1ヵ月経ってみて感じた4つの力は以下の通りです。

  • 不安に耐える力
  • 孤独に耐える力
  • 自分の進む道が正しいと思える力
  • 休日がないことに耐える力

それでは、一つずつ解説していきます。

不安に耐える力

独立をすると、逃れられない不安が押し寄せてきます。

「ちゃんと食べていけるのか」

「収益はあがるのか」

「努力は報われるのか」

「読者さんは為になっているのか?」

挙げだすとキリがありませんが、様々な不安に襲われます。

考えても、無駄なことは頭ではわかっています。
そんなこと、考える暇があるのなら作業をしたほうがいいことくらいわかっているのですが、人間の心とは脳と直結していないので、感じたくなくても感じてしまいます。

この不安は、自分で稼いでいく生き方をしている人にはきってもきれないものでしょう。

どのフェーズにも不安はつきもので、お金をどれだけ稼げるようになっても、そのフェーズにも不安は付きまとう物です。

なので、この不安に耐える力を兼ね備えないといけません。

不安に襲われたとき、逃げたくなります。

それを、こらえる力が必要です。

孤独に耐える力

独立すると孤独です。
会社員の時は、なんだかんだミスをしても会社がカバーしてくれました。

損失に近いミスをしてしまっても、給料を減給されることはありませんでしたし、会社をクビになることもありませんでした。

しかし、独立するとそれはなくなります。

ミスや失敗はすべて自分の責任になり。
誰も助けてくれませんし、誰もケツを拭いてくれません。

ミスや、失敗はダイレクトに損失を意味します。

バックボーンなどありません。

全て自分の責任です。

つまりは孤独なのです。

一緒にお酒を飲める仲間や、応援してくれる読者さんはいるでしょう。

そこは、心のよりどころにはなるのですが、そこに依存して、甘えていても売上げはあがりませんし、常にその先を見据えながら日々を過ごさないといけません。

誰かに弱音を吐くことも、誰かに助けてもらったりもできません。

孤独の定義は、人それぞれですが。

私は、孤独に感じました。

「経営者は孤独」という言葉の意味がすこしだけ分かった気がします。

まだ一カ月のペーペーなので、月日が経過するともっと「孤独感」は感じるのかもしれません。

この孤独感に耐える力が必要です。

自分の進む道が正しいと思える力

これは、Web系特有のものかもしれませんが。

自分の進む道が正しいかどうかいつも不安です。

ブログとかYoutubeしてるなんて言ってもたいていの人は、それでお金儲けなんてできるわけないと思っています。

きちんと説明してもわかってもらえません。

すると、心無い言葉も飛んできます。

「遊びみたいなことやってないでちゃんと働け」とか。

本気でやっているんですけどね、理解してもらうのは難しいようです。

また、結果が出るまでの一定期間必要な領域なので売上が経たない期間も続きます。

そんな時、どれだけ自分で決めた道なのでブレるはずがないと思っていても、「この道で大丈夫なのか?」と不安になってしまうことは0ではありません。

そんな時に、ブレずに。

自分の決め込んだ道を愚直に進める力をもっていないと、ブレてしまい。

逃げてしまったり、挫折してしまったりしてしまうような気がします。

休日がないことに耐える力

独立をすると、会社員の時のような休日がありません。

ありませんというと語弊があるのですが、「休んでいる=不安」という図式になるため、会社員の時のような羽を伸ばして「休日~」みたいな休日はありません。

この1ヵ月ですが、1日丸々休んだ日は一日もありませんでしたし。

外出したのは、妻と動物園に行ったのが1日と。
後は、飲み会に3回ほど。

それ以外は、引きこもってずっと同じルーティン作業です。

やりたいことやっているので、苦にはなりませんが。

休日が一週間に一回は欲しいとか、連休が欲しいとかであれば会社員のほうが融通も利くと思います。

なので、休日がないことに耐える力も大切です。

解決策:もがく

解決策:もがく

4つの力をご紹介しました。

これらの4つの力を兼ね備えていたとしても、不安には襲われるし、孤独にも襲われるのだと思います。

そして、自分の進んでいる道は正しいのか。
誰かに価値を提供できているのか、自問自答の日々だと思います。

でも、解決策はもがくことしかないように思います。

結果がどう転ぶかは誰にもわかりません。

もしかしたら、良いほうに転ぶかもしれませんし、悪いほうに転ぶかもしれません。

悪いほうに転ぶと、つらいし苦しいと思います。

でも、失敗しないで成功した人なんていないと開き直り、また立ち上がって一歩歩み始めなければいけません。

それの繰り返しだと思います。

良いこともあるかもしれませんが、当然いいことばかりではありません。

でも、やるしかありません。

もがくしかないのです。

自分の行動を振り返りながら、頭がちぎれるほど考えて、修正して改善して数字を分析して、トライ&エラーで失敗を繰り返して繰り返すことでしか道は開けません。

その道中、前述した「不安・孤独・自分の道が正しいのか」等の感情にも襲われます。

ある意味、会社員のほうが楽なのかもしれません。

何も考えずに済むからです。

そりゃあ、満員電車はしんどいし、嫌いな上司もいるのかもしれませんが、24時間仕事のことを考える必要はありませんよね。

独立すると、24時間考えることになります。

というか、それくらいやらないと生き残ることができないサバイバルな環境だと思います。

甘くないと思います。
順風満帆にきていますが、いつコケるかわかりません。

一気にコケる可能性も0ではありません。

怖いです。

とはいえ、そんな事考えていてもどうにもなりません。

だから、動き続けるしかないのです。

もがき続けるしかないのです。

けっこうマイナスな事ばかり書きましたが、とはいえ挑戦することは素晴らしいですし、独立は素晴らしいと思います。

人生とは、経験の積み重ねだと思っているので。

わかりきった同じ環境で、時間を浪費するなら、スリリングな環境に身を置き、自分の持てる力を全て注ぎ、フルコミットする人生のほうが絶対に充実しています。

もがいて、もがいて最高の人生にしましょう。

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。