年収を上げることより、収支を読む力をつけよう【欲望を操作】

Hello World!!
杉山です。

多くの人は、年収をあげることにフォーカスしすぎているように思います。

年収を上げることを考えるのは、確かに素晴らしいです。

年収200万円よりも、700万円とか800万円のほうが当然いいに決まっています。

しかし、年収を上げることにフォーカスしすぎても落とし穴があると思っています。

私は、お金を稼ぐ力と同時に、収支を読む力もかなり重要だと思っております。

先日、このようなツイートをしました。

このツイートの通り、不動産業界には年収1,000万円プレーヤーがごろごろいるのにもかかわらず、金融リテラシーが低い人が多いです。

月100万円あったとしても、100万円をつかってしまう人がけっこういます。

当然、100万円を月に使うわけですから、見た目は「お金もってそうだな」という身なりをしています。

ブランド物のスーツを着て、キラキラの時計をして、ブランド物のバッグを引っ提げています。

でも、実は収支は0でお金が残っていないケースはけっこうあります。

これでは、その場その場の豊かさは手に入れることはできても、人生においての豊かさを手に入れることはできないと思っています。

なので、私は月100万円稼いで100万円つかう人よりも、月20万円の給料しかないけど5万円貯金できる人の方が、人生の豊かさを手に入れることができると思っております。

なぜなら、月20万円から5万円を捻出できている人は収支をきちんとコントロールすることができているからです。

こういう人は、仮に月収が100万円になってもしっかりとお金を残すことができるからです。

この収支を読む力とは、私はスキルだと思っており、自然にできている人もいれば私のように、勉強して始めてできるようになる人もいます。

収支を読もうとすることは、自分の欲望を操作できなければいけません。

思っているより難しく、個人的には収入をあげることよりも、収支をコントロールする力を身に着けるほうが難しいとさえ思うときがあります。

今後、めまぐるしく変わりゆく未来の中でも、収支をコントロールする力は、非常に大事なスキルとなります。

年収が高くても残っていないなら寝ているのと同じ

年収が高くても残っていないなら寝ているのと同じ

年収が1,000万円を超えていようが、2,000万円を超えていようが収支をコントロールできない人はそのほとんどを税金と消費と浪費に使ってしまいます。

それでは、何も残りません。

年収1,000万円や2,000万円を稼ぎ出すのはしんどいです。
普通の会社員なら、なおさらです。

睡眠時間を削るときもあるでしょうし、会社の為にたくさんのことを捨てたときもあったと思います。

死に物狂いでつかんだ収入を、残すことなくすべて使ってしまって収支が0で終わってしまったのなら、それは、何もせずに寝ていたことと同じなのです。

確かに、お金を使った経験は残っているかもしれませんが資本が増えているかと言われれば増えていませんので、収支0は寝ているのと同じ。

資本主義で強者になるためには、資本を残し、それを増やし続けなければなりません。

資本主義において、収支をコントロールする力は間違いなく必須のスキルなのです。

欲望を満たしても、終わりは来ない

収支をコントロールできない主な原因は、欲望がコントロールできていないところにあります。

人間の欲望はとどまることを知りませんから、望め望むほど欲望は増幅していきます。

  • おいしいものが食べたい
  • 気持ちいいことがしたい
  • かっこよく思われたい
  • お金持ちと思われたい
  • いい車がほしい
  • いいところに住みたい
  • 今あれがほしい

これらは、欲望の一部ですがこういう感情によって我々の収支は狂わされます。

街を歩いても、スマホを見ても、あの手この手で我々は欲望を駆り立てられ消費行動を促されたり、浪費行動を促されたりします。

しかし、どこかでストップをかけないと欲望に支配されて死んでいく人生となってしまいます。

資本主義で強者の立ち位置に登りたいのであれば、この欲望は非常に邪魔な存在で、0→1にする過程をことごとく邪魔します。

では、欲望はどうコントロールすればいいかと言うと、「欲望は満たしても、終わりが来ない」という風に見切りをつけることだと思います。

上を目指せばキリがないのです。

家賃50万円のタワーマンションに住んでも、家賃100万円とか200万円のものもあります。

1,000万円のポルシェを買っても、2,000万円のランボルギーニもあるわけです。

欲望に上限はなく、一つ満たすと「もっと、もっと」となるのです。

その欲望を、「終わりが来ないから、これくらいにしとこう」と自分で制御することができれば強いですね。

豊かさは必ずしも幸せとは直結しない

私は中学校の時に父が事業に失敗し、自己破産しました。

債権者が家に押しかけてくるからという理由で、おばあちゃんの家に逃げて、学校も1ヵ月程度休んだ時期がありました。

生活は一変して、どん底でしたが不思議と不幸だとは思いませんでした。

中学生ながらも、おばあちゃんちで過ごす家族との時間が楽しく、幸せに感じていたような記憶があります。

私は、この経験から豊かさと幸せは直結しないことを学びました。

お金がなくても、人はきっと幸せを感じることができますし、お金があるからといって不幸せな人を社会人になってからもたくさん見てきました。

だから、幸せになりたいから豊かさを目指すのは私は違うと思っていて、幸せならもう、人生豊かなんだと思います。

物が溢れすぎていて麻痺しがちな現代ですけど、人間生きていくのに必須なものが最低限あれば、その中で幸せを感じることができるものです。

収支を読める力をつける

収支を読める力をつける

「今しないといけないか?」を自問自答する

収支を狂わせる一番必要のないものは、お金を浪費することです。

私も、社会人になりたてのころ、めちゃくちゃ浪費していました。

無駄に給料が高かったせいで、歯止めがきかなくなっていました。

  • 飲みに誘われていたら絶対に行っていた
  • 2軒目はキャバクラ
  • 3軒目はラウンジ
  • 4軒目はナイトクラブ
  • 終電がないので泥酔でタクシー
  • キャバクラの姉ちゃんから営業メールきたら行ってた
  • ワインせがまれて、ボトルを開ける
  • スカイライン(車)をローンで購入
  • ブランド物の時計やカバン購入
  • 海外旅行で散財

過去を悔やんでも仕方ありませんが、無駄遣いいっぱいしました。

でも、それがあったから気づけたのかもしれません。

これらの浪費は、欲望を満たすためだけのもので、もちろんその場は楽しいのですが、それで終わりで、なにの生産性もないのです。

今となっては、よく行っていたキャバクラの名前も、指名していた女の子の名前すら忘れました。

このような浪費を辞めるきっかけとなったのは、ある質問を自分にするようになったからです。

その質問とは。

「今しないといけないのか?」という質問です。

将来自分がなりたい自分になるために、「今しないといけないのか?」という質問を、お金を使う瞬間に自問自答するようになりました。

そうすると、お金の使い方の取捨選択ができるようになりました。

この方法でうまく、欲望のコントロールができるはずです。

小さな差が、やがて大きな差となる

欲望をコントロールするのは非常に難しいし、最初のうちはストレスがかかるかもしれません。

収支がコントロールできれば、お金が残っていくので貯金ができるようになります。

収入が多い人であれば月に20万円以上お金を残すことができる人もいると思いますが、一般的な会社員の場合、5万円も残すことができれば上等でしょう。

収支のコントロールを始めると、自然と貯金のモチベーションも高まるのですが、5万円を積み上げることと、高いモチベーションとの間にギャップが生じてしまうかもしれません。

こんなに頑張っているのに、小さなお金しか残すことができないと。

しかし、この小さなお金がやがて、驚くほどに大きな差となります。

すぐに結果がほしいですが、焦ってはいけません。

間違っても意味がないなんて思ってはいけません。

収支コントロールするのは、貯金もできますが、重要なのはそのスキルです。

収支をコントロールできれば、挑戦するのがすごく楽になります。

まとめ

年収に目が行きがちですが、私は年収を高めることと同じくらい、金融リテラシーを高めて、収支をコントロールすることは重要だと感じています。

あればある分だけ使うのではなく、自分の欲望をコントロールしてお金を残せるようになることが人生を生きやすくするスキルだと思います。

本日も長い文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。