ブログのネタ探しで実践している5つの方法

Hello World!!
杉山です。

最近、ツイッターなどを見ていると、ブログを始められたりしている人もけっこう増えてきて、自分の記事を紹介してくれたりして、嬉しい限りです。

でも、ブログの毎日更新や、頻繁に更新を繰り返していると、割と壁にぶち当たります。

その中でも、もっともやっかいな壁がブログの書くネタが見つからない壁です。

ブログを書く際に、なんといってもネタ探しが非常に重要で、ブログのスキルの半分以上は、ネタ探しなのではないかなと思っているくらいです。

ひとえに、ネタ探しと言っても、ただ書くことがらを選ぶだけではいけませんよね。

ブログを書く意味は、読者に有益な情報を提供して、その対価として収益が発生するので、大前提読まれないと意味ないですし、読んでいて、面白いと思ってもらわないといけません。

そして、また読みたいと思ってもらわないといけません。

これらを総合すると。

  • 有益な情報
  • 読んで楽しいと思ってもらえる情報
  • この人のブログまた読みたいと思ってもらえる情報

この3拍子がそろわないと、いいネタとは言えないわけです。

テキストの情報があふれている世界で、読んでもらえるだけでありがたく、その読んでもらえる貴重な機会のなかでどれだけ、インパクトを残せるかがブログ運営のもっとも重要な部分かなと思ったりしています。

私は、ブログを始めて53日くらいでまだまだ、ペーペーで。

これから何百記事と、連続更新を目指すにあたって、正直ネタが続くか不安ですし、毎日明日の記事が書けるか不安です。

でも、なんとか首の皮一枚ここまで続けることができました。

そんな、私が普段実践しているネタ探しの方法について、ご紹介したいと思います。

ブログを始めたての人。ブログの更新をしていてネタに行き詰っている人のお役に少しでも立てれば幸いに思います。

ブログのネタ探しで実践している5つの方法

  • ニュースチェック
  • Youtubeチェック
  • ブログチェック
  • 読書
  • 人との関わり

ニュースチェック

日々のニュースチェックは欠かしません。

最近は結婚したので、ブログの執筆が完了すると妻と朝食を共にするのが日課なのですが、必ず朝の情報番組をチェックするようにしています。

視点は、ブログのネタになりそうなものにアンテナを張るということが極めて重要で、「へ~」「すごい」「そうなんだ」みたいな感情は一切捨てるようにしています。

芸能人の誰かが結婚したとか、誰かが離婚したとか、不倫したとかどうでもよくて、自分のブログの読者さんが有益な情報がないかアンテナを張るイメージです。

しかし、テレビではやっぱりなかなか有益な情報を手に入れることが難しいので、次はネットのニュースチェックも行います。

私がよく見るネットニュース系のサイトが以下です。

ご参考にしてください

Youtubeチェック

次ぐに、Youtubeチェックですね。

Youtubeが危険なのが、作業時間に見てしまうと、中毒性があるのでついつい、必要のないものまで見てしまうということがありますので、見るタイミングは隙間時間をお勧めします。

会社員の方でしたら、電車の移動中とか。

営業の人なら、車での移動中とか。

ギガ数が心配でしたら、いいアプリがあるのでご紹介しておきます。

こちらのアプリですが、家などのWifi環境にいるときに、このアプリ内に見たい動画を保存して、外出先でアプリ内に保存したYoutube動画を見ることができる超優秀なアプリですので、是非活用ください。

私は、今は会社に勤めていませんので、作業と作業の合間の休憩時間とか、昼食時とか、夕食時とかに見るようにしています。

私が普段見ているチャンネルもご紹介しておきます。ご参考までに。

ぷろたん日記
マナブさん
ユニグラ
成功への道
モチベーション紳士

ここから、ネタ発掘を行っています。

この中で言ったら、ぷろたんは、エンタメ系なのでブログネタになりなさそうと思われるかもしれません。

確かに、エンタメ性の動画も多いのですが、たまにまじめな話をするんですね。

年齢も同じなので、共感できる事柄がすごく多いです。

昨日、こういうツイートをしました。

こういうすごく人間らしいところとか。

これとか。

人生を生きるヒントにもなるので、時間があるかたは見てみてください。

ブログチェック

これも、日課でブログで稼いでいる人のブログをチェックします。

こちらも視点は、「今日もいいこと書いているな」とか「共感できるすごい」とか「感動」とかいわゆる感情の視点ではなく。

この人の文章はなぜ、最後まで読まれるのか。

なぜ、引き込まれるのか。

途中で、読むのをやめた自分は、どこで飽きてしまったのか。

ということを、考えながら読むことが大事だと思います。

そうすれば、自ずとネタにたどり着いたりします。

その人が書いている内容を、そのまま書いたらパクリ記事になるので、内容を真似するよりかは、その人の書き方を考察して、「読まれるブログの書き方」みたいなノウハウ記事にしたほうが読者にとっては有益で、ためになります。

私自身は誰のブログを見ているかは、特に決まっていません。

全然知らない人のブログも読みますし、それこそ与沢さんが昔更新していたブログも読むし、特定の読むブログは決まっていません。

読書

これは、だいたいの人がしていると思います。

ブログのネタ探しの鉄板ですよね。読書です。

本って、偉人の脳みその中身を1500円くらいで買えるのでめちゃくちゃコスパがいいんですね。

たくさんの偉人の考え方を、自分にインプットして、内容をまとめて、自分の言葉でアウトプットすればそれはひとつの記事になってしまいますから、読書はかなり有用です。

本に関してはamazonで購入することもありますが、なるべく本屋さんで買うようにしています。

「まえがき」を見て買いたいという思いがひとつと、シンプルに本屋さんの雰囲気が好きだからです。

amazonで買って、電子書籍のほうがロジカルに考えたら、絶対に便利だし、かさばらないし、いいこと尽くしなことはわかっているんですが…紙の本が辞められません。笑

ちょっと、知的な自分に酔うのも好きなのかもしれません。笑

人との関わり

人との関わりから、ブログのネタが生まれることも非常に多いです。

やっぱり、我々が生きている世界は人との関わりなくして生きていくことができませんし、哲学者のアドラーが言うには「人間の悩みの100%が対人関係」というほど、多くの人は対人関係に悩みを抱えています。

ブログも、人々の悩み解決ツールのひとつなので、人と関わることで、「あっこれブログのネタになる」という気づきはけっこうあります。

そんなときは、スマホにメモして帰ってから頭の中で記事にしていくイメージです。

もちろん、生産性のない飲み会に行くべきではないですが。

行ったら何かありそうな飲み会には積極的に参加したいと思っています。

人の考え方や、その人がこれまで生きてきた歴史にはたくさんのエッセンスが詰まっているので、それは誰かの悩み解決に必ずつながるので、それはネタになるんですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

これらが私が実践している5つのネタ探しの方法になります。

これらは、いきなりやって、いきなりネタに出会えることはありませんので、これらもルーティン化して日々の生活に導入することで、はじめてネタに出会えるとおもっています。

何事も継続ですね。

ブログを毎日更新するのなら、ネタ探しも一日も休むことができないのです。

全ては連鎖します。

全ては、継続の上でしか成り立たないのかもしれません。

本日も長い文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございます。