案件受注するなら、無料保険に加入しディフェンス面を固めよう

Hello World!!
杉山です。

私のブログは、プログラミングを学習されている方もたくさんいらっしゃると思うので、今回は、そんな方たちにむけての記事になります。

プログラミングの学習を続けていくと、自分に力がついてきて、その力を試してお金を稼ぐフェーズが来ると思います。

クライアントから、案件の依頼をうけて制作し、納品する過程にチャレンジしていく人も多いと思います。

私と、同時期に勉強を始めた仲間も、もう何人も案件を受注しており、実際にお金を稼いでいます。

そして、今後も学習がある程度のレベルまできて、行動力の高い人はどんどんと挑戦し、案件を受注し、「自分で稼ぐ力」をつけていくことでしょう。

お金をもらうということは、プロということです。

クライアントが、依頼するということはあなたのプロとしてのスキルにお金を払うわけで、当然そこには責任が生じます。

責任とは、いろいろな責任があります。

  • 納期に遅れない責任
  • 仕事をきちんとする責任
  • 納品後の保証責任
  • 秘密厳守の責任
  • 著作権の責任
  • 情報漏洩の責任
  • 突発的な自己により責任

こちらの責任は案件を受注すれば、誰でも降りかかってくる責任です。

あなたが、学習して3カ月しか経っていないとか、半年しか経っていないとか、仕事に対しての未熟さなどは言い訳になりません。

クライアントに迷惑をかけた瞬間に、責任を果たす義務が生じます。

迷惑をかけたら、なんらかの形で自分自身で責任(損害賠償)をとることになります。

きちんと、貯金ができていて口座に潤沢なお金があるのでしたら、急にトラブルになったときでも自分のお金でなんとかなるでしょう。

しかし、お金をもっていない場合。

そのお金をどこかから捻出しなければいけません。
親に借りるのか、友人に借りるのか、消費者金融に借りるのか。

「自分は大丈夫、ちゃんと気をつけているから」という人ほど、トラブルに巻き込まれるケースがありますので注意が必要です。

今回は、そんなトラブルに巻き込まれたときのリスクを回避するために、フリーランス向けの保険に加入して、しっかりディフェンス面を固めましょうというお話です。

プログラミング学習を続けていくと、案件受注のモチベーションばかりが高くなり、どちらかというとオフェンス傾向が強くなります。

しかし、長く太く、案件受注を続けていくにはディフェンス面もオフェンス面同様とても重要です。

また、保険と言うとお金がかかると思っている方も多いでしょうけど、今回ご紹介する保険は無料です。

無料は怪しいですが、怪しさもまったくありません。

我々、案件受注をしていく者にとってデメリットは一つもないと思いますので、最後まで読んでいただければ嬉しいです。

フリーランスによる、フリーランスの為の無料保険 【フリーナンス】

フリーランスによる、フリーランスの為の無料保険 【フリーナンス】

早速、無料保険を申し込む

これから、フリーランスとして、案件を受注してお金を稼いでいかれる方。

なにかの片手間で、副業としてお金を稼いでいかれる方。

もうすでに、案件を受注していて現在進行形の方。

全ての人にとって、ディフェンス面を固める上では願ったり叶ったりのサービスになります。

正真正銘、完全無料で突発的に起きる可能性のある不慮の事故をカバーしてくれる保険です。

無料だからといって、当然怪しくなく。
運営会社は上場企業であるGMOなので、安心です。

フリーナンスの3つのメリット

フリーナンスの3つのメリット

フリーナンスには、無料保険も含めて3つのメリットがあります。

  • 振込専用口座
  • 無料保険
  • 請求書買取即日支払い制度

1.振込専用口座

フリーナンスがあなた専用の口座を作ってくれます。

作成した口座は、クライアントとのやり取りに使用することができ、フリーナンス専用口座に入ったお金は、一週間に一度あなたの本当の口座に資金移動されます。

もちろん、資金移動による振込手数料は無料です。

このフリーナンスの専用口座のメリットは何かと言うと、例えばあなたが現在会社員で、会社で副業が禁止されているとします。

でも、こんな時代だからプログラミングで副業をしていきたいと考えたとしましょう。

当然、会社にバレるリスクは避けたいので実名でするのはリスクがありますよね?

そんな時に、このフリーナンスの専用口座を使えば、実名ではなく、ペンネームや屋号で口座名義を設定できるので、クライアントにあなたの実名が知られるリスクはないのです。

また副業バレだけでなく、自分の実名以外にブランディングさせたいサービスなどの名前を用いて口座を作ることができます。

銀行で口座を作るとなると、個人名が基本になるので、実名以外で口座を作成したい方にはとても便利です。

今までありそうでなかったサービスと言えるでしょう。

2.無料保険

フリーナンスが、案件で起こりうる様々な不測の事態を救ってくれます。

この保険が、アカウント開設だけで無料で入れるのですからすごい時代になりました。

保険の内容はこちらです。

  • 情報漏洩 最高500万円
  • 著作権侵害 最高500万円
  • 納品物の瑕疵 最高500万円
  • 納期遅延 最高500万円
  • 業務遂行中の事故 最高5,000万円
  • 仕事の結果の事故 最高5,000万円
  • 受託物の事故 最高5,000万円

なんと、こんなにたくさんの手厚い保証があって無料なのです。
しかも、どれも起こりえる事故なので安心ですよね。

情報漏洩

案件を受注して、制作中にコンピューターウイルスに感染する確率は0ではありません。

ハッカーにより、パソコン内に侵入されることだって0ではありません。

このような不測の事態で、クライアントの情報が漏洩されることは、案件を受注していく人なら誰しもが起こりえるリスクです。

起きてからでは当然、クライアントには大損害を被るわけですから個人で受けている我々にとってはすべてを保障するのは困難ですよね。

そんな時に、最高500万円をフリーナンスの保険が保障してくれるのですから安心ですよね。

しかも、無料です。

著作権侵害

案件の制作に取り掛かっていたら、知らず知らずのうちに著作権を侵害してしまう瞬間はもしかしたらあるかもしれません。

フリーの素材を使ったはずだったけど違っていたり。

自分が制作した、サイトが誰かのサイトと酷似していて著作権侵害で訴えられる可能性だって0ではありません。

WordPressの有料テーマを使いまわして、作成する際も胴元から著作権侵害を主張されることもあるかもしれません。

そんな時に、フリーナンスの保険は同じく最高500万円まで保障してくれ、安心です。

自分では、とてもじゃないけど解決できません。

納品物の瑕疵

納品したあとに、納品物になにかしらのトラブルが発生し、自分の力ではどうしても治せないといったことも、駆け出しエンジニアであれば起こりえるかもしれません。

そんな時に、自分でどうしようもないからと投げ出すわけにはいきません。

クライアントには、代替手段が必要です。

クライアントの要望は依頼した商品の納品なので、その依頼した商品をきっとまた他の企業なり、フリーランスなりに頼むでしょう。

その費用を負担するのは、当然の事です。

しかし、その額は個人の力では大きな痛手であることには変わりありません。

そんな費用までフリーナンスの無料保険は保障してくれます。

しかも、最高500万円もです。

リスクを恐れずチャレンジできますよね。

納期遅延

案件を受注したら、納期を守るのは絶対です。

納期を遅れることなどあってはならないのですが、突拍子もないことが起こりうる可能性も0ではありません。

当然、自分は遅れる気なんてさらさらなかったとしてもです。

例えば、病気をしてしまったりとか。

身内の不幸で、田舎に帰らないといけなくなったとか。

当然、病気で体を壊して入院になれば案件を進めることはできません。

しかし、この不測の事態はあなたの問題であって、クライアントからすれば関係ありません。

納期の遅延により、当然クライアントは被害を被るので、迷惑料を支払うのはあってしかりでしょう。

入院で、お金も入用な時に、更に迷惑料となると大きな痛手となってしまいます。

しかし、フリーナンスであれば納期遅延で生じた損害も最高500万円カバーしてくれるのです。

安心ですね。

業務遂行中の事故 ・ 仕事の結果の事故 ・ 受託物の事故

これらの保険も付帯しておりますが、これらは前述した保険と比べてつかう機会は皆無に等しいでしょう。

エンジニアの我々とは違うフリーランスの方が仕事をするときに使うようなものだと認識していただければ、事足りるかと思います。

このように、たくさんの保険が無料で入れることは素晴らしいことです。

メリットは案件を受注するあなただけかと思いがちですが、実はクライアントにも、仕事を依頼する相手が保険に入ってくれていると安心するものです。

駆け出しで案件を取っていく時は、当然クライアントからの信用はありませんし、信用がないせいで仕事がとれなかったりもしますよね。

でも、「手厚い保険に加入していて、万が一の時にはしっかりと保障できます」と言えるのと言えないのとではクライアントの安心度合いは違います。

逆の立場で考えても同じだと思います。

人にお金を払って何か物を頼むとき、「不測の事態が起こった時の為の保険に入っている」と一言添えてもらうと、とても安心します。

なので、フリーナンスの無料保険は、あなただけのメリットではなく、クライアントのユーザビリティを高めることもできるツールでもあるのです。

フリーナンスの無料保険を申し込む

3.請求書買取即日支払い制度

3つのメリットは、請求書をフリーナンスが買い取ってくれて、フリーナンスがお金を口座に振り込んでくれるサービスです。

少しわかりにくいと思うので、説明すると。

クライアントから仕事を受けますが、支払いは納品後2か月と言われたとします。

仕事を終わらせたのに、2ヵ月も待てない時にこのクライアントに請求できる権利をフリーナンスが買い取ってくれます。

資金繰りの困っていない時期でしたら、必要ありませんが、突然のお金の入用があったり、なにかソフトを購入しなければならなかったりする場面に役に立つサービスです。

当然、手数料がかかりますが2カ月後に入ってくるお金を少しの手数料を払えばすぐにフリーナンスが立て替えてくれるというものです。

フリーナンスのサービスの収益源はまさしくこの部分で、この部分でうまくマネタイズができているから無料の保険も提供し続けることができているわけです。

まだまだ小規模の案件受注なら使う機会はないのかもしれませんが、案件が増えてきて、外注するようになったりすると、クライアントからもらえるのは2カ月後だけど、外注先には先に支払わないといけないという時が必ずきますから。

そんな時に大変重宝するサービスだと思います。

まとめ

これから、案件受注を目指している方。

現在案件受注をしていて、継続的に案件を取っていきたいと考えられている方。

それらの人にとっては、とても有益なサービスです。

前述しましたが、クライアントに営業する際も保険にしっかり入っていることをアピールできるほうがクライアントの安心感にもつながります。

しかも、これが無料なのですからデメリットが何一つとないわけです。

口座開設には時間が少しかかりますので、お早目のアカウント開設をお勧めします。

フリーナンスに申し込む

では、今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。