Youtube始めたい人が「始めてみよう!」と思える記事

Hello World!!
杉山です。

私事ではございますが、Youtubeデビューをしまして、たくさんの方にご視聴いただきまして、大変うれしく思います。

実は、どういうジャンルでYoutubeをしていくかもまだ、決めておらず完全に見切り発車で始めてしまいました。

でも、こうでもしないと一生Youtubeなんで始められなかったとも思います。

それは、Youtubeを始めるにあたって、色々な心配ごとがあったからです。

  • 恥ずかしい
  • 批判怖い
  • 嫌われたらどうしよう
  • フォロワー減ったらどうしよう
  • 顔キモイと思われたらどうしよう
  • 声キモイと思われたらどうしよう

この心配事って、きっと私だけでなくこれからYoutubeを始めようかなと思っている人も同じ心配事は少なからず抱えているなと思ったので。

そんな、心配事のせいでなかなかYoutubeを始められない人向けに、私がこの心配事を克服してチャンネルを開設して、動画を更新することができたか、どう克服したのかを書いていきます。

一人でもYoutubeデビューする人が増えれば嬉しく思います。

1. Youtubeをはじめたきっかけ

Youtubeをはじめたきっかけ

Youtubeヘビーユーザーだった

私、実は大のYoutube好きでして、毎日なにかしらの動画を見ていました。

もちろん好きなYoutuberもいましたし、そんな人たちをみてどこか、憧れていたのかもしれません。

当然、会社員でしたので自分がYoutubeで発信することになるなんて、まさか夢にも思っておりませんでした。

プログラミングとかに出会うずっとずっと前からYoutubeのヘビーユーザーで、寝る前とか、少し時間が空いたらなにかしらの動画を見ていました。

人気のYoutuberの再生回数が何万回を超えているのとかをみて、それだけ、日本でもYoutubeを見ている人がいることは知っていました。

そこに、大きなマーケットがあることも知っていました。

でも、まさか自分がYoutubeで実名・顔出しで発信することになるなんて夢にも思っていませんでした。

マナブさんにマインドブロックを解いてもらった

Youtube、もしかしら私にもできるかもしれないと、思わせてくれたのもマナブさんでした。

私は、このゴールデンウィークにマナブさんに会いに行きました。

その時の詳細は以下の記事から。

この飲み会のときにしきりにYoutubeの話をされており、「Youtubeしたらいいと思います」というようなニュアンスの事を、当日集まったメンバーにしきりにおっしゃっていました。

なんか、ハードルがそんなに高く感じない言い方で、優しくおっしゃられていたのが印象的です。

私からすると、Youtubeなんて有名だからするもので、誰も知らない一般人が始めたところで誰も見てくれないし、自分がみじめになるだけだなんて思っていました。

そのメンタルブロックがバラバラと剥がされていったような感覚になりました。

そこで、はじめて自分は「Youtubeを始める」ということに興味が湧いたように思います。

2. Youtubeをはじめられなかった原因・対策

Youtubeをはじめられなかった原因・対策

Youtubeを始めたいと思っていてもなかなか、始められないのには大きくわけて3つあると思っています。

おそらく、だいたいの人が、顔出しでYoutubeを始める際に、この原因により二の足を踏んでしまうと思います。

  • 恥ずかしい
  • 批判されるのが怖い
  • ジャンルが決まっていない

一つ一つ、解説していきます。

恥ずかしい→誰もお前に興味ない

Youtubeに顔出しで発信することは、シンプルに恥ずかしいです。

インターネットって、かなりの数の人が見ていますのでそれだけ自分の顔が知らない人の目に触れるわけなので恥ずかしいという感情になります。

しかし、その恥ずかしいというのも自分のただの思い込みの自己満なのかなとも思ったりして、解決することができました。

自分が考えているほど、誰も興味をもっていません。

一人焼き肉がいい例です。
一人焼き肉に行けない人は、周りから「この人ひとりで来ていて寂しい人だな」って思われたりするのが嫌だからいけないそうです。

冷静に考えて、自分が焼き肉食べていて、他のテーブルで一人で焼き肉食べている人の話題になりますか?たぶんならないです。

なったとしても、その場の会話のクッションのようなもので、焼き肉食べているときに一人で焼き肉が食べている人がいたことなんて、お会計の時には忘れているはずです。

この心理と同じで、Youtubeもその人の数分はちょうだいするわけですが、よっぽどでないかぎる、自分が考えているほど、相手はなにも考えていないと腑に落ちることができました。

コンビニで、一人暮らしだと思われたくないからお箸を二つもらうのも同じ心理です。

コンビニの店員さんは、いちいちお客さんが一人暮らししているとか結婚しているとかどうだっていいんです。興味ない。

なので、恥ずかしという感情を過剰に気にすることはやめました。

対策は、「誰もお前に興味ない」で解決です。

批判されるのが怖い→ひろゆき氏の「犬理論」により解決

Youtubeしたら、たぶん批判されることはつきものだというのは想像に難しくありません。

現に、私の動画もすでに低評価ついていますからね笑

批判は怖いですね。

顔も名前も知らなくて、会ったこともない人は、ネガティブな事を言ってくるわけですから、どう考えても嫌ですよね。

それを、「おれも有名になったな」と思える鋼のメンタルは持ち合わせていませんから、批判されれば普通にへこむし、ちょっと嫌になったりします。

この批判が怖いせいで、なかなか一歩を踏みだせない人もいると思います。

そんな時、2ch創始者のひろゆさんのある話に感銘をうけました。

こちらの、動画です。

私が感銘を受けたのは、冒頭でこの部分。

犬に噛まれたら「痛っ」てなるけど、犬にマジ切れする人いないじゃないですか?同じ人間だと思うから腹が立つわけで、犬と思えばいい

ひろゆきさん

これ聞いたときに、その通りだと思いました。

そもそも、私は実名顔出ししていて、批判する人は大抵、名前も顔も知らない誰だかわからない人なわけなので、犬と思えばいいと思うようにしたのです。

そうすれば、過度に落ち込んだりしませんし、その人に腹が立つことなんてないと思いました。

なので、批判されるのが怖いのは「犬」と思うことにより解決。

ジャンルが決まっていない→走りながら決める

Youtubeにおいてジャンルはとても大事だと思います。

定まっていないと、当然チャンネル登録は増えないでしょうし、当然再生回数が伸びることはないです。

だからといって、ジャンルを決めてから発信できる人は少なくて、ここに結構矛盾があるように感じました。

ヒカキンが最初ボイスパーカッションから始まったように、ぷろたんが女装から始まったように、ジャンルなんて決めてもたぶん途中で変わるんだろうなと思うようにしました。

なので、とりあえず走りだしてみる。

ジャンル決まっていないけど、とりあえず手あたり次第動画をアップしてみて、反応を見るのが最善の策のように思いました。

視聴者が求めているかどうかは数字に必ず現れます。

おもしろいと思ったら、当然再生回数は伸びるし、チャンネル登録ボタンも押してもらいやすくなります。

数字を見ながら改善して、消去法でジャンルを決めていくスタイルで私はいいと思います。

ジャンル決めてから走り出そうとすると、なかなか始められないと思います。

百聞は一見に如かずです。

やってみないと、いくら考えても想像ができないのでたぶんジャンル決めることができないと思います。

走りながら、数字をみて改善。
これで解決です。

3. Youtubeやりたいなら、はじめてみよう!

Youtubeやりたいなら、はじめてみよう!

もし、Youtubeやりたいと思っているなら始めてみることを強くお勧めします。

確かに最初の一歩を踏み出すのは怖いですけど、やりたいと思っているのにやらないのは、後悔を生むと思います。

ここからは、実際にYoutubeの始め方を解説していきます。

必要な機材

Youtubeで動画撮影をして、アップするのに私がそろえた機材は以下の3点です。

  • カメラ
  • 三脚
  • 照明
  • 動画編集ソフト

カメラ

動画を撮影するのに、当然カメラが必要になります。

カメラを購入して、それで撮影しているということはなく、iPhoneで撮影しております。

iPhoneの内側カメラで撮影しており、それで画質的にも気にならないレベルにはなるはずです。

より、動きをつけた動画を作る場合はカメラの方がいいかもしれませんが、とりあえず走り始めはiPhoneのカメラで十分だと思います。

三脚

私が購入した三脚は、こんなやつです。

上の部分にiPhoneをセットできるようになっているので、机に置いたりして固定して撮影をしております。

こちらの商品です↓

【2019進化版】 自撮り棒 Bluetooth セルカ棒 軽量 無線 三脚/一脚兼用 360度回転 7段伸縮 Bluetooth リモコン 折りたたみ 持ち運びに便利 iPhoneX iPhone8 iPhone7 iPhone/Android スマホ等対応

照明

一度目の撮影の時は使っていなかったのですが、アドバイスをもらって購入して、2回目の撮影をしたとき、違いを感じることができたので、安いので購入してもいいと思います。

私が購入したのはこんなやつです。

電源はUSBになっているので、パソコンの近くで撮影するか、USB電源プラグが必要になりますが、コストパフォーマンスは最高です。

しっかりと照らしてくれますし、この丸いのがなんとも愛くるしいです。

お気に入りの照明です。

商品はこちら↓

LEDリングライト 三脚スタンドとスマートフォンホルダー付き 6 inchチリングライト Youtubeビデオ撮影用のミニLEDカメラライト – By Womdee

動画編集ソフト

最初は、撮影してそのまま投稿してもいいかもしれませんが、せっかく見てくれている人のために、最低限の編集はしたいと私は思ったので、動画編集ソフトも買ってしまいました。

私は、Macも持っていて、iMovieも使えるのですが、メインに作業しているマシンはWindowsなので、Windows用で別の編集ソフトを買いました。

そのソフトは「Filmora」というソフトです。

Adobeのソフトで、とてもいいものがありそうでしたがコストが結構かかりそうだったので、とりあえず買い切りの編集ソフトを購入しました。

買い切りで7,980円で決して安くないですが、買ってみた感想としては満足しています。

編集も直観的にできますし、あまり勉強しなくても、ここをこうすればこうなるというのがわかりやすい設計なのでいい感じです。

私が購入した動画編集ソフトはこちら↓

Filmora9

あとは勇気を出して!さあ行こう!

必要な機材も、けっしてハードルが高いものではありません。

全部そろえても、15,000円くらいあれば揃えることができます。

ジャンルも決めなくていいということもわかったはずです。

批判されるのが怖くないことも。

あとは、自分自身で決断することです。

勇気をもって、撮影してみることです。

私も、アップする気がないけど、撮影してみました。

すると、せっかく撮影したんだから編集してみようかとなり、編集していたらアップしたくなりました。

あとは、勇気だけです。

まず、撮影してみましょう。

最高のYoutubeライフを共に頑張る仲間が増えたら嬉しく思います。

長い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。