短期トレードに元手はそこまで重要じゃない【複利と金持ちを使う】

Hello World!!
杉山です。

短期トレード含めた、いわゆる「投資」に関して、元手が最も重要で、元手を用意できない人は参加できないとあきらめてはいませんか?

最低でも100万円は必要とよく言われますが、特に若者は貯金していな層が60%いると言われているのに、100万円すら用意するのは難しい人も多数いらっしゃるでしょう。

じゃあ、そんな人はそもそも相場の世界に入れないのかと言われれば、けっしてそうではありません。

今回の記事で伝えたいことは、「短期トレードにおいて、元手はそこまで重要ではない」ということです。

もちろん、元手はないよりはあったほうがいいに決まっていますが、この元手の部分に関しては物理的な部分なので、ない人はほんとうにないし、ある人はあるので、数ヵ月でどうこうできる話ではありませんよね。

物理的に不可能であることに執着している時間は、我々はそこまで残されていません。

じゃあ、元手がない人が短期トレードで成功するためにはどうすればいいのか。

そんな話を今回の記事ではしていきたいと思います。

なので、もし「短期トレードには興味はあるけど、貯金もないし」と志半ば、諦められている方がいらっしゃるのであれば、今回の記事は役に立つかも知れませんので、是非最後まで読んでいただければと思います。

短期トレードを始めるのに元手は重要ではない

短期トレードを始めるのに元手は重要ではない

小さな資金でも問題ない、大切なのは「殖やすスキル」

短期トレードにおいて、一番重要なのは「元金を殖やすスキル」です。

短期トレードの意義、意味は、私は「長期投資に充てるお金を稼ぐ局面」だと考えています。

長期投資はリターンは少ない代わりに、安定しており、リスクも極端に減らすことができます。

東南アジアの銀行に定期預金で預けておくだけで、年5%の金利を受け取れるところもあるので、仮に1億あずければ、なにもしなくても年間500万円が金利として受け取れます。

定期預金よりもリスクを取れる人は、株に投資してもいいでしょう。

東証一部の企業であれば、それほど変動もありませんし、世間の情勢を見ながら投資できます。

最終的には、リスクの少ない長期投資をして、労働から解放されたリタイア人生を歩む為の、「短期トレード」だと私は位置づけております。

なので、「短期トレード」で重要なのは「殖やすスキル」にあります。

「短期トレード」において、まだ元手は必要ないという考え方です。

元手が必要なのは、「短期トレード」のフェーズが終わってからの長期投資のフェーズになってからかなと思っております。

「短期トレード」のフェーズにおいて、最重要課題は「殖やすスキル」をまず身に着けるということです。

相場の時流にのって、予想し、仮設を立て、的中率を高め、元金を殖やすスキルというのが非常に重要です。

例えば、あなたが自由に使えるお金が5万円しかなかったとしましょう。

全財産5万円で、「短期トレード」を始めたとします。

例えば、1ヵ月で20%増えたとします。

すると、6万円になります。

金額で見れば、1万円しか増えていません。
一カ月、チャートを毎日見てがんばったのに1万円しか稼げなかったとなると悲しいですよね。

しかし、これを1年続けることができたとします。

12カ月間、月20%のペースで増やせることができればどうなるでしょうか。

  • 1ヵ月目 ¥60,000
  • 2ヵ月目 ¥72,000
  • 3ヵ月目 ¥86,400
  • 4ヵ月目 ¥103,680
  • 5ヵ月目 ¥124,416
  • 6ヵ月目 ¥149,299
  • 7ヵ月目 ¥179,159
  • 8ヵ月目 ¥214,990
  • 9ヵ月目 ¥257,989
  • 10ヵ月目 ¥309,586
  • 11ヵ月目 ¥371,504
  • 12カ月目 ¥445,805

5万円ではじめたものが、445,805円になります。

1年頑張っても、サラリーマンの一カ月分の給料くらいしか稼げていないと思うかもしれません。

さあ、では次の一年はどうなるでしょうか。
いよいよ、おもしろくなってきます。

  • 13ヵ月目 ¥534,966
  • 14ヵ月目 ¥641,959
  • 15ヵ月目 ¥770,351
  • 16ヵ月目 ¥924,421
  • 17ヵ月目 ¥1,109,305
  • 18ヵ月目 ¥1,331,166
  • 19カ月目 ¥1,597,399
  • 20ヵ月目 ¥1,916,879
  • 21ヵ月目 ¥2,300,255
  • 22ヵ月目 ¥2,760,306
  • 23ヵ月目 ¥3,312,367
  • 24ヵ月目 ¥3,974,840

2年頑張れば、5万円が400万円になります。
今の仕事をなにもせず続けていて、2年で400万円貯金ができる人はそうそう多くないと思いますが、短期トレードであればそれが可能です。

しかし、400万円くらいでまだまだ喜べませんので、まだ出金はせずにこのまま複利で回し続けます。

すると、次の3年目はどうなるのか…。

もう長いので、箇条書きしませんが…。
実は、3,000万円になっているのです。

これが、福利の力であり、「短期トレード」のすごさなんです。

最初はじわじわしか、増えませんが年を追うごとに凄まじい勢いで資金が増えます。

これが、私が「短期トレード」で元手が必要ではないと言う理由になります。

5万円が3年で3,000万円になるのです。

1年で、資金を倍にするスキルだけでも金は集まる

先ほどの話で、「確かに、5万円でも3年かければ3,000万円になることはわかった、でも3年長い…。」と思った人に、もう一つ「元手が必要とない理由」をお話します。

1年目に戻っていただきたいのですが。
5万円が1年で445,000円になりました。

つまりは、約9倍になってます。

これ、5万円なんで、大したことないように見えますが、1,000万円の元手なら9,000万円になっているのと同じことなんです。

1億なら9億です。

尋常でない数字なのです。

もし、資金を1年間で9倍にできるスキルを確立させたのならば、お金は必ず集まります。

出資法の関係は勉強しなくてはいけませんが、世の中の金持ちはそんなスキルを持った人には是非ともお金を預けたいと思うでしょう。

9倍になる必要はありません。

2倍でも十分なはずです。

あなたが元手がないなら、金持ちの余っている1,000万円を借りて、1年で9,000万円にして、その金持ちに3,000万円でも渡せば、手を叩いて喜んでくれるはずです。

9,000万円のうち、3,000万円渡しても6,000万円余りますから。
あとは、好きなようにできますよね。

こういう方法もあるのです。

結論:短期トレードは元手よりも「殖やすスキル」があればいい

なので、元手がなくても複利で回せば3年で驚くような数字になりますし、それが待てないならスキルだけ身に着ければ、お金は勝手に集まるはずです。

ですので、元手がないからといって、トレードを諦めるのは機会損失が大きすぎると思うので、是非チャレンジしてみてください。

元手が小さいうちは、お金の増えスピードも少しですけど、重要なのは「殖やすスキル」なのです。

○○円になったよりも、元手が〇%増えたのほうが大事なのです。

その元手がいくらであろうと、やることは変わりませんから…

まずは、「殖やすスキル」を身に着けることが最重要なのかなと思います。

私も、現在そういう風に取り組んでおります。

少額ですが、殖やすスキルと、増やした実績を積み上げています。

この「殖やすスキル」に元手は必要ありませんので、学生であろうと、主婦であろうと、フリーターであろうと、誰でも挑戦できます。

しかも、相場の世界は年齢・学歴・家柄等はまったく関係ありません。

すべて、誰もが平等です。

そして、「勝つ人間が最強なわけです」

だから、元手がないからといって二の足踏むのはもったいないので、是非チャレンジしてみてください。

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。