ローソク足の見方と使い方を知ろう【トレードの基礎】

Hello World!!
杉山です。

いきなりですが、質問です。

トレードを最近始めたって人でもいいですし、これから始めようと思っている人でもいいのですが、ローソク足の見方って知っていますか?

ちなみにローソク足とは、チャートで表示されるこんなやつのことです。

チャートは、このローソク足の連続によって形成されていますよね。

私が使っている証券口座でいうと、このようなチャート形状ですが、見てもらえれば、ローソク足が連続しているのがわかっていただけると思います。

まさか、なんとなくローソク足を見ていたなんてことはありませんよね?

当然、きちんと意味や使い方をわかっていますよね?

「そんなこと、当たり前だ知っているに決まっている」という人は今回の記事は知識の重複になると思うので、あまり役に立たないかもしれません。

しかし、もしあなたが「ローソク足がどのようにして形成されているのかあまりよくわかっていない」と思っていたり、「ローソク足の計上で次の一手が予測できるかどうかなんて初耳だ!」と言うのなら、今回の記事はお役に立てるはずですので、是非最後まで読んでいただければと思います。

ローソク足とは、トレードの基礎中の基礎です。

しかし、理解度が薄いままトレードをしているかたが多いのも事実です。
それでは非常にもったいないので、しっかり勉強していきましょう。

ローソク足を理解すれば、FXで有利なことはもちろんですが、バイナリーオプションで1分取引や3分取引をする場合にも非常に有利になります。

なぜなら、ローソク足の形状によって「買いサイン」か「売りサイン」かをある程度予測できるからです。

それでは、本題にまいりましょう。

ローソク足を知ろう

ローソク足を知ろう

ローソク足の中に全ての情報が集約されています

このローソク足というのは非常に優秀で、誰が考えたのか、すごいです。

なぜなら、ローソク足の中で、日足なら1日の値動きが、1時間足なら1時間の値動きが、5分足なら5分間の値動きが、ローソク足の中にすべて集約されているからです。

ローソク足を見ると、「始値、終値、高値、安値」というような情報がすべてわかるようになっています。

まず、ローソク足には「陽線」と「陰線」というものがあります。

「陽線」とは、始値から上昇を見せたローソク足のことを指します。

「陰線」は、それとは逆で始値から下降したローソク足のことを指します。

そして、それらは色で見分けをつけられています。

証券会社によって、色付けは様々です。
赤が陽線で、青が陰線のところもありますし。
白が陽線で、黒が陰線のところもあります。

今回の記事では、白を陽線とし、黒が陰線としましょう。

以下のようになります。

それでは、ローソク足の見方について解説していきましょう。

陽線の見方は以下の以下のようになります。

始値とは、読んで字のごとく、その値からスタートという意味です。

「始値」から、値動きが終わるまで動き続けた結果、一番安かったのが下のヒゲを伸ばしている「安値」となり、一番高い値をつけていたのが、上のヒゲを伸ばしている「高値」となります。

そして、最終落ち着いたのが、「終値」の部分だということです。

陰線の場合は、「高値」と「安値」は同じ位置ですが、「始値」と「終値」の見方が逆になります。

陰線の場合は以下の画像のようになります。

「始値」、「終値」、「高値」、「安値」の全ての情報が集約されているので、当然その期間中の値動きによって、ローソク足の形状は千差万別です。

では次に、ローソク足の形状と、そしてその形状をみて「上げ」なのか「下げ」なのか予測していく指標を解説していきます。

ローソク足の形状で予測する次の一手

ローソク足の形状で、次に「上がりそう」か「下がりそう」かをある程度予測できると言われています。

もちろん、相場に100%はないのですべてが正解という風にはいきませんが、値動きを予測する指標としては、インジゲーターを使いまくったり、ラインを引きまくったりする前に、まずは目の前のローソク足の形状を見ることも重要と言えるでしょう。

では、どのようなローソク足の形状が形成されれば「上げサイン」なのか。

どのようなローソク足の形状が形成されれば「下げサイン」なのか。

解説していきましょう。

まず、ローソク足の形状の傾向としては3パターンに分かれます。

  • 長大線
  • 短小線
  • 十字線

長大線

まず、長大線の説明ですが、これはローソク足の実体が大きい形状のことを指します。

急な上昇や、急な下降があり反発もなかなかせずに、落ち着いている状態のことを指します。

長大線には、大陽線や大陰線と言われるものがあります。

まわりのローソク足と比べて、あきらかに大きな形状を見せたときに長大線だと判断できるでしょう。

例えば。

このチャートをみてください。

それまでよりも、あきらかに大きな実体を形成したローソク足がでていますよね。

これを、長大線と言います。
そして、これは陽線なので、正式には「大陽線」と言います。

このように、「大陽線」がでれば今後も上昇してくれることを期待できるサインともなりえます。

それを証拠に、この先のチャートを少しみてみましょう。

調整しながら、ぐいぐいと上げていっていますよね。

もちろん、こうならない場合もありますのでローソク足だけを盲信するのはNGですが、一つの指標としては参考になるでしょう。

「大陽線」がでれば、「上がることが期待できる」ので、「大陰線」であれば「下がることを期待できる」になります。

陽線と、陰線は常に表裏一体になります。

では、最近の相場で大陰線を形成したチャートもついでに見てみましょう。

あきらかに、これまでのローソク足よりも大きな長大線を形成して、大陰線になりました。

大陰線を形成すれば、「下がることを期待できる」でしたよね。

では、この後どうなったのでしょうか。
見てみましょう。

ちなみに、この大陰線を形成したところを確認してからエントリーしたとしても、100pipsくらい抜けた相場でした。

このように、これらは一例にすぎませんが、長大線がでれば、その方向に相場が動く可能性が高くなるということを頭の片隅に入れておいてください。

短小線

長大線の逆の意味で短小線があります。

トレンドが終わった時のもみ合いのときや、レンジ相場の時に形成されるローソク足です。

上にいくのか、下にいくのかどっちかまったく予想ができません。

相場の半分以上は、短小線でもみあっています。

以下のような感じです。

多少、大きい実体を形成している箇所もありますが、めちゃくちゃ大きいとは判断できません。

こういう時は、エントリーしないというのが得策でしょう。

もみ合いの後には必ず相場を形成する時期が来ます。

エントリーしたくて、「ポジポジ病」になってしまい、よくわからない線を引いて自分の解釈で「下がりそう」「上がりそう」という判断でエントリーしてしまうとだいたい、いい結果はでません。

自分の意図した方向とは逆に動くこともよくあります。

こういう、短小線を形成している時はエントリーしないのが吉だと私は思います。

十字線

最後に、十字線と呼ばれるローソク足があります。

十字線とは、その名の通り、実体をみたずに「十字」のように見えるローソク足のことです。

こんな感じの形状です。

実際のチャートの中で言うと、こんな感じのやつです。

始値から、あがったり、さがったりしたけど結局終値も始値で落ち着いたという結果を示すローソク足です。

レンジ相場中の十字線はあまり意味をなしませんが、トレンド発生時や、トレンド終わりかけの十字線は、相場転換の合図かもしれませんの、そろそろ反発しそうだとか、押し目を狙っている場合には十字線は重要な指標になります。

たとえば、上記の画像の十字線はあまり意味がありませんが、以下の画像の示す十字線を見てください。

下降に、突如として「十字線」が現れたと思ったら、それが相場転換になり上昇を始めていますよね。

このように、相場転換になりうる可能性を「十字線」は秘めていますので、そろそろ反発がきそうだなと思ってチャートを眺めていて、「十字線」が形成されれば試しにエントリーしてみてもいいかもしれません。

「頭としっぽはくれてやる」という相場の名言がありますが、相場転換点でエントリーできれば、しっぽから入れますので爆益を生み出せるかもしれません。

まとめ

いちおう、簡単ではありましたが、ローソク足の見方と使い方について解説しました。

上手なトレーダーほど、インジゲーターを使わないとされていて、ラインとローソク足でエントリーポイントを決めていると言います。

なので、ローソク足はチャートの全てであり、生き物だと私は思っています。

トレードを始めたばかりの人は、「RSI」とか「ボリンジャーバンド」とかを覚える前に、まずはロウソク足の概要を掴むことが重要であると私は思っています。

それでは、今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。