ブログが続かない4つの理由と続ける3つのポイント

「ブログ始めたけど、挫折しちゃったな…もう一度始めようか」
「でも、ブログを続けられる方法が知りたい」

「ブログ始めてみようかな、でもどうせやるなら挫折できない…」
「挫折しない方法を知りたいな。」

という人向けに今回は書いていきます。

今、見ていただいているブログは私、杉山が全て書いておりまして、一切の外注はなしで、毎日更新を続けています。

日数にして、68日くらいで、記事数は76記事になります。
最近は一日に3記事更新する時もあり、ここ3日間くらいは一日1万文字程度書いております。

まだまだ、ブログ運営者としてはペーペーかもしれませんが、たぶんこの先もブログ更新は辞めないと思いますし、ブログ更新が一種の習慣化となりました。

この68日継続してきた中でも、同じ時期にブログを始めた人が次々脱落していく姿を見ました。

また、同じ時期ではなく私よりブログを始めたのが遅い人でも、挫折してしまった人が一定数存在します。

それだけ、ブログは続かないもので、大変です。

では、なぜブログを続けることができないのか。
そこには、4つの理由があると分析しました。

また、ブログを続けるには3つのコツのようなものもあると分析しました。

「ブログを再開したい。でも、また途中で辞めるようなことになりたくない」
「これからブログ始めたいけど、挫折しないポイントを知りたい」

そんな風に思う人に、役立ててもらえたら嬉しく思います。

では、まいりましょう。

ブログが続かない理由

ブログが続かない理由

1.誰も見てくれないから

誰も見てくれないから

ブログが続かない理由の大きな理由の一つが誰も見てくれないことにあります。

新規ドメインを取って、サーバーを契約して新たに記事を更新していきますが、まあ、読まれません。

Googleのクローラーにも認知されず、どんなに記事を書いて、その記事が多くの人に役に立つ記事でも誰からも読まれないと価値がありません。

ブログを始めるぞ!と気合を入れて、WordPressでブログを作ったのか、無料ブログから始めているのかは人それぞれですが、記事も気合を入れて書いて、公開ボタンを押したはいいけど。

誰にも読まれていないという期間が、数ヵ月続くのが普通です。
これこそブログの世界で、ここで大半の人が挫折していきます。

気合を入れて書いたものが、誰にも読まれないのは辛いのは当たり前の感情です。

なぜなら、自己満で書いているわけではないからですよね。

ブログを始めるのには、いろいろな思惑があると思います。
例えば、こんな思惑ですよね。

  • インフルエンサーになりたい
  • お金を稼ぎたい
  • 有名になりたい
  • みんなが役に立つ記事を書いて喜んでほしい

ブログを始めるときって、モチベーションが最高潮です。
一つのツイートで一瞬で100いいねが付くような、チヤホヤされるインフルエンサーになった自分をイメージしたり。
ブログでお金を稼いで、海外でハンモックに揺られている自分をイメージしたりと…。

しかし、読まれないという現実に直面したその瞬間に、妄想は音を立てて崩れていき。モチベーションは一気に下降してしまいます。

モチベーションが下降した後も、読まれない日々が残酷にも続きます。

こんなの無理だ。

そう思うのも無理はないのかもしれません。

では、誰も見てくれないからモチベーションが維持できず、ブログが続かない理由にあるのなら、きちんとした対策を講じれば、この問題はクリアすることができます。

「誰も見てくれないから」に対しての対策

見てもらうためには、検索されるか、人の多いところで宣伝するかしかありません。

検索されるには、SEOを考えた文章が必要ですし、始めたばかりのブログが検索上位に表示されるほど、甘い世界ではありません。

長い時間をかけて、Google様と読者のどちらにも好かれる文章を書けるようになった人が検索上位に君臨しています。

そこには血のにじむような努力があるでしょうし、ブログを始めたての初心者が一朝一夕でたどり着けるような場所ではありません。

なので、検索上位に上がるのはブログを運営しながら、考えればいいでしょう。

では、ブログを始めたてに誰にも見てもらえない問題を解決するためにはどうすればいいのか。

それは、もう一つの方法である「人の多いところで宣伝する」です。

人が集まっているところ、5ちゃんねるやSNSやアメブロやはてなブログなどには人がたくさん集まっています。

その中でも私はSNSでの宣伝をオススメします。

SNSをリアルの延長線上で使用している人もいるので、リアルな友人などに知られたくないという思いもあり、難しい人もいるかもしれません。

そういう場合は、別のアカウントを作ってもいいと思います。

そして、恥を捨ててインフルエンサーに積極的に絡むといいと思います。

インフルエンサーがツイートしたものにコメントをして、自分の記事をアピールしてもいいでしょうし、インフルエンサーの運営するサロンやコミュニティに入るのも一つでしょう。

0から、ブログを読まれるようにしようと思うと、正直これくらいのことをしないと読まれません。

読まれない期間をずっと辛抱できる我慢強い人なら、それでいいかも知れませんが、たいていの人はそうではないはずです。

それならば、読まれる為にプライドと恥を捨てて、積極的にインフルエンサーに絡んでいく、すると誰かは絶対に読んでくれます。

SNSはいい人もたくさんいるので、その中からリアクションしてくれる人もひょっとしたら、現れるかもしれません。

2.お金を稼げないから

お金を稼げないから

お金を稼ぎたいから、ブログを始める人も多いと思います。
稼いでいる人は、何百万円単位で稼いでいますから、夢を抱くのは当然です。

しかし、いざ始めて、数ヵ月すると稼げない現実に直面します。

誰にも読まれない上に、お金も全く稼げない。アドセンスにすら受からない。

こういう状況に陥って、「なんだブログ稼げない」と思ってブログが続かないという人がいます。

現実、私のブログは月に3万PVあります。まだまだ弱小のPV数ですが、個人のブログにしたら、少ないほうではないはずです。

それでも月に1万円くらいしか稼げていません。
マネタイズも下手くそだと思いますが、これがぶっちゃけ現実です。

しかも、1日1万文字程度書いているので、作業時間は一日10~12時間費やしています。

アルバイトして、時給1,000円だったとしたら一日で1万円くらい稼げます。

当然、アルバイトのほうがお金を稼ぐことができますよね。

「じゃあ、ブログ辞めてアルバイトしたほうがいいんじゃね?」
「無駄じゃね?」

って、普通の人なら思うと思います。
しかし、この思考こそ、ブログが続かない根本的な原因だと思います。

「お金を稼げないから」に対する対策

目先のお金に囚われていたら、ブログでお金を稼ぐことは、ほぼ不可能だと思いますし、ブログを続かせることも不可能でしょう。

思考を変えて、「資産を作っている」という思考に変えないとお金を稼ぐ域にたどり着いたり、ましてやブログを続けることはできないでしょう。

例えば、不動産投資で家賃収入を得るということを想像してみてください。

ブログは、不動産に似ていると個人的には思っています。

多く見られる記事を書いて、アフィリエイトリンクを貼ればお金が定期的に入ってきます。
更新を辞めたとしても物理的には自動的に入ってきますよね。

不動産も同じで、賃借人がいれば、寝ていようが遊んでいようが月末になればお家賃として通帳に振り込まれています。

そして、売却もできますよね。

ブログもよく育っているブログであれば、高額で取引されますし。

不動産も、売買は自由に行われています。

ブログも不動産と同じような資産という思考をもつと、目先のお金に囚われる思考から解放されるはずです。

今、解説したように不動産とブログは似ていますが、明確に違うところが一つあります。

それは…。

  • 不動産を手に入れるためにはお金が必要
  • ブログを手に入れるのは無料。育てるのも無料。

不動産は、もちろんですが所有するためにはお金が必要です。
月5万円の家賃収入が入ってくる物件を買おうと思うと、割と高利回りで12%とかでも500万円はかかります。

しかし、ブログは無料で所有できます。(サーバー代とかドメイン代とかはかかりますが、まあ無料みたいなもんです)
しかも、月5万円を生み出すブログに育てあげるのも無料です。

仮に、月5万円生み出すブログを作れたのなら、資産性でいえば、500万円で不動産を買ったのと、明確な違いはほぼないと、私は思います。

労働収入か、権利収入かどちらを得たいかということです。

目先のアルバイトではお金は稼げるかもしれませんが…。
お金が途切れるとまた働かないといけません。

しかし、ブログは育てるのに時間がかかります。
でも大事に育てあげれば労力が必要なくなるフェーズがきて。
自分の代わりにお金を稼いでくれる資産になりえるということです。

この思考になれば、目先のお金に囚われないので、お金が理由でブログを続けることができないということに陥らないのではないでしょうか。

3.ネガティブな意見が嫌でも耳に入る

ネガティブな意見が嫌でも耳に入る

ブログを運営していくと、これまでアンテナを張り巡らせていなかった、たくさんのことに気づきます。

何かに興味をもつと、その分野の情報を脳がキャッチしやすくなるものです。
誰もがこういう経験あるのではないでしょうか?

ブログも同じです。
それまで気が付かなかったブログに関する情報をキャッチしやすくなります。

当然、いい情報もありますが。
ネガティブな情報もたくさんあります。

「ブログはオワコン」
「ブログなんて稼げない」
「ブログは先行者利益で、終わり。今から始めても無駄」
「ブログよりも、もっと稼げる方法あるよ?」

こういうネガティブな意見に直面したとき、ブログを始めたての人だったらそのような意見に惑わされて、ブログを挫折してしまうこともあるかもしれません。

その結果、ブログを続けられないという事態に陥ってしまうでしょう。

ネガティブな意見は、きっと今後もずっと言われ続けられますし、どの分野に言ってもこういうネガティブな意見はあるでしょう。

では、こういうネガティブな意見に耳を傾けないようにするには、どうすればいいのでしょうか。

「ネガティブな意見が嫌でも耳に入る 」に対する対策

無視です。笑
気にしない事です。

いや、ほんとこれ以外に有効な手段がありません。
そして、ネガティブな意見を言っている人が誰なのかと、自分の軸をしっかりもつことです。

例えば、まったく顔出しもなし、どこの誰だかわからない人が言っている場合であれば、簡単にスルー出来ますよね?

そんな人はだいたい、自分でもブログやっていなくて、だいたい何かにつけて難癖をつける人です。

世の中には、一定数、そういう人がいますから、これは我々がコントロールできる範疇ではありませんから、無視が最善の策です。

たぶん、ブログが続かない人が左右されるのは、ブログで実績を出している人が時たま発信する「ブログオワコン」発言ではないでしょうか。

「え。この人が言っているから本当にオワコンなんじゃないか」
「この人は信頼できる人だし、たぶん、オワコンは本当なんだろうな」

という風に思って、辞めてしまう人も少なくないはずです。

人間は、努力したことが無駄になるのをことごとく嫌う生き物ですから、ブログで権威性のあるインフルエンサーが「オワコン」なんて言った日には。

「え~ブログ頑張っても意味がなくなってしまう」という衝動にかられてしまいます。

その気持ちすごく、共感できます。
影響力がある人から言われると不安になりますよね。

でも、あんまり深く考えなくていいと思います。
軸はあくまでも自分に持つべきです。

インフルエンサーの言葉の一つ一つに振り回されるということは軸が自分にないということの裏返しになります。

強い信念をもって、やると決めたことをとりあえず、半年から1年続けてみる。

この自分軸を持っていると、なにを言われてもブレません。

無駄になってもいいとさえ思えることも大事です。
大丈夫です、たぶん無駄にはなりません。

努力したり、頑張っていることって批判の対象にもなりやすいですし、挫折した人達に足を引っ張られることもありますが。

見てくれている人は、ちゃんといてますし。
かならず、応援してくれる人がいるもんです。

インフルエンサーも人間ですからね。

人間、昨日はこう思っていたけど、今日はこう思うなんて日もあって普通なんです。

そりゃあ、たまにブログオワコンだなと思う日もありますよ。

インフルエンサーだって、100%正しいわけじゃありません。

肩の力を抜いて、ブレない自分軸をもてば、ネガティブな意見に左右されず、ブログを続けることができると思います。

4.物理的に時間がないから

物理的に時間がないから

ブログは時間がかかります。
特に、書き始めて間がない人にとっては文字を書くこと自体時間がかかります。

時間はみんな平等に24時間しかありませんから。
仕事やバイトや学業があって片手間でやるのは大変ですよね。

しかも家族なんている人にとっては、ますます一日のうちに取れる時間は少なくなるでしょう。

すると、どれだけモチベーションがあって、どれだけ豊富なネタがあっても時間がないとそれを形にすることはできません。

時間がないことにフラストレーションが溜まって、いつもの毎日に舞い戻ってしまって、ブログを続けることを辞めてしまう。
そういう人も多いのではないでしょうか。

「物理的に時間がないから」に対する対策

時間を増やすという対策は残念ながらありません。
1日の時間は増やすことは魔法使いでもない限りできないからです。

しかし、他の時間を削ることはできると思います。
兼業の人は、時間を削る以外に時間を作る方法はないかと思います。

1日の内の無駄な時間を徹底的に洗い出してみましょう。

  • 通勤・通学時間ゲームしていないか?→スマホでもブログ書ける
  • 昼休憩、周りと同じようにご飯食べてゆっくりして過ごしていないか?→昼食食べなくても死なない。スマホでブログ書ける
  • 無駄な飲み会に参加していないか?→帰ってブログ書く
  • 夕食の後、だらだらテレビ見ていないか?→パソコンのスイッチオンでブログ書く
  • 寝る前、だらだらテレビ見ていないか?→さっさと寝て、朝起きてブログ書く
  • ネットで買えるものをわざわざお店まで買いに行っていないか?→アマゾンでぽちっとして、その時間ブログ書く
  • たまのご褒美が多くないか?→遊びすぎずブログ書く
  • 地元の同窓会、高校の同窓会、大学の同窓会は必要か?→どうしても行きたいものを一つに絞ってブログ書く
  • 休日は一日の疲れを癒していないか?→休日こそチャンス、ブログ書く
  • ゴールデンウィークや、お盆や、年末年始ぼーとしていないか?→長期休暇こそチャンス、ブログ書く

ざっと、時間の捻出する方法を洗い出してみました。

それでも、時間がないのなら。
会社を辞めるか、バイトを辞めるか決断するのも一つでしょう。

無責任なことは言えませんが、綺麗ごと抜きで解説すると人間はなかなか追い込まれないと本気をだせない生き物なのかもしれません。

会社やバイトをやりながらだと、どこかでブログを辞めても死活問題になりませんから、本気をだせないものかもしれません。

なら、いっそのこと辞めて、退路を断つことで本気になる環境を強制的に作ることも選択肢の一つかもしれません。

すると…

生活費はどうするんだ?
家族はどう養うんだ?
子供の学費はどうするんだ?
家賃はどうするんだ?

会社やバイトを辞めれば、課題は山積みです。

無責任な事言うつもりはありませんけど、案外なんとかなるかもしれません。

自殺する人は、多い我が国ですが、餓死した人は聞いたことがありません。

日本にはスラム街もありませんし、周囲の人間で家賃が払えなくなって、生活保護を受給する人は知っていますが、ホームレスになった人はいません。

生活保護を受給するのが嫌なら、実家に転がり込んでもいいでしょう。

そして、頭を下げればいいんです。

「人生変えたいから、1年だけ自分と自分の家族のお金の面倒を見てほしい」と。

そこまで追い込まれれば、すごい力を発揮しそうですね。

まさに排水の陣、プライドもくそもありません。

でも、その気持ちは必ず伝わると思います。
私は、そういうクレイジーなことをする人大好きですね。

ブログを続けるための3つのポイント

ブログを続けるための3つのポイント

これまでは、ブログが続かない理由と、その対策について解説してきました。

対策を講じれば、ブログを続けることが楽になると思いますが、それでもまだ、なかなか続けられないっていう人の為にブログを続ける3つのポイントについて解説していきます。

それでは、まいりましょう。

1.リアクションをもらえる環境に自分を置く

リアクションをもらえる環境を整えること

重複しますが、とても大切なのでもう一度解説させてください。

ブログを書いていて、一番ダメージを受けるのは批判ではありません。
誰にも読まれない事なんです。

人間の世界と一緒で、悪口を言われているときは、まだマシですよね。

無視して、誰も相手にしてくれなくなったら本当に悲しいですよね。

一人でもいい、ブログのファンになってくれる人を死に物狂いで作ることが継続のコツです。

それは、リアルな友達でもいいでしょうし、彼女でもいいでしょうし、家族でも誰でもいいです。

恥ずかしいかもしれませんが、大丈夫です。

オンラインとオフラインは別世界なので、オンライン上での出来事をオフラインの場に持ち出してくる人はそう多くはありません。

私も、このブログを妻も見ていますが、記事の内容について議論したことはありません。
でも、毎日読んでくれています。

読んでくれる人がいれば、なにかが動き始めます。

感想をくれる場合があるでしょうし、心に響く記事を書ければ誰かがシェアをしてくれるかもしれません。

だから、読んでくれる人を一人でもいいので、作ることが大切です。

読んでくれる人がいない期間が1ヵ月もあれば、普通の人なら萎えます。

萎えたら、ブログ書くのが嫌になります。

でも、見てくれる人がいれば「あの人の為に頑張って書こう」と思えるものです。

冒頭言ったSNSで、告知することも、もちろん有効な手段です。

誰かに読んでもらえる環境を作ることが、ブログを続ける上で大切です。

2.千日回峰行のごとく悟りを開く

そもそも、モチベーションすら甘えで、読んでもらえることすら甘えで、そんなことすら気にせず、思考停止でもくもくと記事を書き続ける器量も、ブログを続ける上で大切です。

今、電車の中とか見れない状況じゃない方は一度、この動画を見てみてください。

15分くらいあって、少し長いですが。
是非、見てみてください。

千日回峰行という、仏に使えるお坊さんの中でも選ばれたお坊さんだけができる修行なんですが、これに比べたらブログを更新することなんて、大したことないいと思えるはずです。

簡単に言うと7年間で1,000日の修行を行います。
最初の1~3年は年間100日で、4~5年は年間200日の修行です。

朝の2時にお寺を出発して、260か所でお参りして、30kmの道のりを歩いて8時くらいにお寺に戻ってくるという行為を7年間繰り返します。

そして、驚くのは、体調が悪く行けない日があったり、途中で怪我をしてお寺に戻れなかったら、自害しなければいけません。

宗教にあまり関心はありませんが、これは同じ人間として尊敬しますし、この偉業に挑戦している人にくらべれば、毎日ブログを更新することは、難しいはずがありません。

ここまでの悟りを開くことができれば、かならず続けることができますね。

挫けそうになったりしたら、「千日回峰行」を思い出して、見てみてください。

3.自分を褒めてあげる

自分を追い込むのは得意だけど、自分を褒めることは苦手な人がけっこういます。

でも、なにかに挑戦して正解かどうかわからないことを続けることは、追い込むパワーと同じくらい、自分を褒めてあげるパワーも大切だと思います。

そして、ブログを続けるためにも、自分を褒めることは非常に大切で、挫折しない一つのコツでもあると思います。

よく考えてください、日本の人口は1億人いて、普通の人は自分の人生に疑問すらもたずに人生の幕を閉じる人ばかりです。

でも、ブログを始めようとか、プログラミングを始めようと思っている人って、なにか人生に疑問を感じているわけだと思うのです。

別に不自由はしていないけど、なにか大きい事がしてみたいと思ったり。

お金を稼いで、ストレスを無くしたいと思ったり。

現状を変えようと、思っている人しか、そもそもなにかに挑戦してみるという思考にさえなりません。

その時点ですごいんです。

普通の人とは違うんです。

まず、その部分で誇らしいことなので、自分を褒めてあげてください。

ブログを書き続けることなんて、変人ですからね。
だから、ほとんどの人が挫折するんです。

でも、変人なことに誇りをもって、クレイジーにブログを書き続ければ必ず結果はでると思います。

そう思って、信じてやるしかないんです。

ブログを書くことを、読まれないうちは誰も褒めてくれません。
褒めてあげるのは自分しかいないんです。

だから、追い込むのと同様に、自分を褒めてあげてください。

  • すごいな自分。天才だ。
  • こんなに文字をかけるやつはいない、天才だ。
  • ブログは大概みんな挫折する中、続けてて偉いな自分
  • 収入がないのは、今まさにジャンプしようとかがんでいる最中だからだ

褒めてあげると、ブログを続けやすくなるはずです。
是非、実践してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ブログを続けるのは、はっきり言って難しいです。
しかも、ある程度続けたからと言って、絶対に成果がでる世界でもありません。

これを、厳しいと、とるか、当たり前と解釈するかです。

ブログはノーリスクハイリターンです。

ブログをするのにかかる費用はほぼ0円。
でも、当たれば月に何百万円ですよ?

ものすごく、ハイリターンです。

こんなものが、あるでしょうか?
大概のものはハイリターンを得ようと思うと、ハイリスクをとる必要があります。

それが世の中であり、常識です。

でも、ブログは違います。

私もハイリターンを目指し中の身なのですが、偉そうな事を解説したかもしれません。

でも、途中で辞めるのはあまりにも、もったいないように思います。

長い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。