購入時の仲介手数料は賢く値引きしましょう【情弱は損をする】

Hello World!!
杉山です。

今回は、不動産業界ではタブーとされてきた、仲介手数料の値引きについて解説していきます。

仲介手数料とは不動産屋の大きな収入源そのものなので、仲介手数料の値引きに関しては、不動産屋の既得権益でオフレコの風潮がありました。

しかし、インターネットが普及してきて情報が誰でも出せる時代になり仲介手数料に関しても様々な情報が出つつあります。

しかし、それでもまだ仲介手数料に関して、疑問をもたず、上限いっぱいっぱいを払う人がほとんどです。

なので、せめて私のブログを読んでいただいている人は仲介手数料をしっかり理解して、賢く値引きをしてほしいと思い、今回記事を書いていきます。

今は全然家を買う気がない人でも、将来成功してお金が余れば家を買いたいという欲が出てくるかもしれませんし。

家族がいらっしゃる方は、ゆくゆくは家を欲しいと思っている人もいるでしょうし。

今まさに、タイムリーに家を探している人もいるでしょう。

そのような全ての人の役に立つ、「賢く仲介手数料を値引く方法」を書いていきます。

仲介手数料を知る

仲介手数料を知る

まずは、仲介手数料について、どのようなものかを理解することからはじめていきましょう。

不動産を買う時は、当たり前にかかるもので終わるのは、あまりにも思考停止なので、不動産に対してなぜ払うのか?

どのような費用なのかを理解しましょう。

仲介手数料の内訳

仲介手数料とは、不動産の土地引きを取引のプロが滞りなく行うための手数料だと思ってもらえれば大丈夫でしょう。

  • 物件を案内してもらうこと
  • 購入の手続きをしてもらうこと
  • 住宅ローンの申込をしてもらうこと
  • スケジュール管理をしてもらうこと
  • 重要事項説明書を作成してもらうこと
  • 重要事項説明書を読んでもらうこと
  • トラブルにならない為の売買契約書を作成してもらうこと
  • 売買契約を滞りなくおこなってもらうこと
  • 取引の日に立ち会ってもらうこと

内訳としては、このような業務に対して不動産屋にお支払するお金になります。

法律では、物件価格の3% + 6万円 × 消費税を上限としており、それ以上の請求をすることは法律違反になります。

業務は同じですけど、物件価格によって仲介手数料も大きく変わるので、不動産屋からすると、1,000万円以下の物件を取引するより、5,000万円とか1億円の不動産を取引するほうがいいということです。

「法律で決まっています」は嘘

グレーな説明がうまいのも不動産屋の特徴です。

仲介手数料の説明は、「3% + 6万円と法律で決まっています」と説明するように新人で入社すると教えられます。

不動産業界では、宅地建物取引士の資格をもっている人が著しく少ないので、きちんと勉強しないまま実務に入ることも多いので、新人は教えられた通りにお客さんに説明します。

当然、お客さんも不動産の購入は初めての方が多いので、目の前の不動産の営業マンが言ったことは基本的に信用するので、なんの疑いもなく「法律で決まっているのか」と認識してしまい、仲介手数料の値引きなんて概念は脳から消え去ってしまいます。

しかし、実は「3% + 6万円と法律で決まっている」は本当でもあり、嘘でもあります。

法律で決まっているのは、あくまでも「上限」であり。

「一律」ではないということです。

それを、あたかも「一律」のような説明をするように教え込まれます。

しかし、宅建の勉強をしている人は、それが上限であることなんてみんな知っています。

でも、値切られたりするのも鬱陶しいのでグレーな説明を繰り返します。

言っていることは間違っていないので、責任を追及されることもないでしょうし、お客さんは法律で決まっているからとバカ正直に上限いっぱいっぱいの仲介手数料を払う羽目になります。

でも、この記事を読んだ人は今日から大丈夫です。

仲介手数料は、上限は決まっているけど下限は決まっていないということです。

3% + 6万円はあくまでも上限なので、仲介手数料については不動産屋が自由に決めていいのです。

仲介手数料を賢く値引く方法

仲介手数料を賢く値引く方法

仲介手数料には上限があって、下限はないことを理解したところで、実際に不動産屋にどういう風に交渉すればいいのか、解説していきましょう。

購入しようとしている物件の取引態様を調べる

不動産の取引には「片手取引」と「両手取引」というものがあります。

片手取引とは

売主側にも不動産屋が介入しており、買主側にも不動産が介入している場合のことを言います。

この場合、売主は売担当不動産屋に仲介手数料を支払い、買主は買担当不動産屋に仲介手数料を支払います。

なので、片一方からしか仲介手数料を受け取れない、「片手取引」と呼びます。

両手取引とは

売主と買主両方から依頼されている場合、両方から仲介手数料をもらうことができます。

これを「両手取引」と言います。

この「片手取引」と「両手取引」ですが、手数料の値引きがしやすいのは断然、「両手取引」になります。

不動産の取引は、成約しなければ報酬は発生しない仕組みとなっており、契約をしないと仲介手数料も支払い義務が発生しません。

なので、不動産屋の優先順位の1位は契約をすることです。

契約が成立すると、売主からも仲介手数料をもらえる「両手取引」ではなんとしてでも買主には逃げられたくありません。

売主が逃げることは考えにくい(売るのは決まっているから)ですが、買主は他に良い物件があればそっちにいくでしょうし、家を買うのを辞めるという選択を急に取るかもしれない危険を秘めています。

なので、少々強引にでも早期に契約をしたいのが不動産の心情です。

そこを逆手にとって、イニシアチブをとって仲介手数料の値引きを持ち掛ければ、値引きに応じてくれる確率はグッとあがります。

また、両手物件にも種類がありまして、そこの不動産屋が独自にしか販売できない物件もあれば、どこの不動産屋でも販売できる物件があります。

それを調べる方法はとても簡単です。

以下のチェック項目で、全て当てはまったらどこの不動産屋でも販売できる物件ですので、一度当てはめてみてください。

  • SUUMOやHOME’sで購入物件が他の不動産屋からも掲載されている
  • 室内がリフォーム済み、もしくは新築
  • 内覧に行った時に、他の不動産屋の旗がたってた
  • 内覧の際に、他の不動産屋の資料が置いてあった

全て当てはまれば、ほぼ間違いなくどこの不動産屋でも取引ができる物件といえるでしょう。

どこの不動産屋でも取引できる物件は、さらに値引きできる確率があがります。

その物件は、自分のところが独占して販売しているわけではないので、他で契約されるケースもあるし。

今、交渉しているお客さんが他者で同じ物件を取り引きされる可能性だってあります。

なので、不動産屋からすると、少々の条件をのんででも契約したという思考になってきますので値段交渉が通りやすいです。

物件価格と仲介手数料の値引きは別物

実際に仲介手数料の値引きをすると、「仲介手数料の値引きよりも物件の価格の交渉を頑張ります」と話をすり替えるのも不動産営業マンの王道テクニックです。

不動産屋の仲介業というものは、売主の所有する物件を代わりに売るビジネスモデルになるので、言い方を選ばずに言うと、売主が損することは不動産屋からするとあまり関係がありません。

それよりも、不動産屋の収益源である仲介手数料を値引くほうが嫌なわけです。

自分の収益源である仲介手数料を値引くくらいなら、物件の価格の交渉を頑張りたいと思うのが不動産屋の心情です。

しかし、買う側からすると、当然物件価格も値引きたいし、仲介手数料も値引きたいです。

どっちも別々の当事者なので、無理な話ではないはずです。

物件の価格の交渉はあくまで、買主と売主の問題ですし。

仲介手数料の交渉は、売主には関係なく、不動産屋と買主の問題になります。

「それと、これとは話が別です」とバシッと言いましょう。

物件価格と仲介手数料はあくまでも別次元のものです。

まとめ

以上で、仲介手数料の賢い値引き方の記事は終わりです。

不動産屋は、堂々と説明していて、「別に契約してもらわなくて大丈夫です」と強気な営業スタイルをしてきて不安になるかもしれませんが、不動産屋も喉から手が出るほど契約がほしいです。

なので、購入者に逃げられることは絶対に阻止したいものです。

うまく言いくるめかられるのでなく、交渉の余地が十分にある領域に関しては、賢く不動産を買うためにもしっかり交渉しましょう。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。