ブログを毎日更新していると、時折スランプに陥ります【つらいっす…】

Hello World!!
杉山です。

ブログの毎日更新を始めて180記事となりました。
まだまだ、一年の半分にも満たない数字ですが、なかなか180記事も毎日更新し続けるのはハードです。

今回は、ブログを毎日更新、もしくは運営している人ならかならず訪れるスランプについて書いていきたいと思います。

というか、現在この記事を書いている今現在スランプに陥っております。

私のルーティンでは、まず朝起きた瞬間からブログを書く習慣にしておりますが、パソコンの前に座るも一向に筆が進みませんでした。

180記事を生産してきて、時折こういう状況に陥ります。

まさに、ブログスランプです…

これがぶっちゃけ、すごく苦手で、しんどいです。

挫折しちゃいそうになりますよね。

しかし、幾度となくブログスランプは克服してきました。

今日も、なんとか「ブログスランプ中にブログスランプの記事を書くこと」によって克服できそうです。

なので、今回はそんなブログスランプの原因や解決方法について書いていきたいとおもいますので、ブログスランプに陥って…つらい、ざせつしそうなブロガーの方のお役に立てればと思います。

それではまいりましょう。

ブログを毎日更新していると時折スランプに陥ります

ブログを毎日更新していると時折スランプに陥ります

スポーツの世界では、よく「スランプ」って聞きますよね。

一説には、スランプは一流の人しかならないとかいったりもするそうですが、私は一流でもなんでもないので、これをスランプと呼べるのか…ちょっとかっこつけすぎかもしれません笑

ただの、「中だるみ」とも言い換えることができそうですが。笑

そんなブログスランプ?について解説と解決方法をシェアしたいとおもいます。

スランプは突然にやってきます【原因は3種類】

ブログ運営している人にとっては、わりとあるあるかもしれませんがスランプってある日突然訪れます。

まるで、昨日の自分とは別人かのような感覚が、朝起きた瞬間に襲われます。

あんなにもブログのモチベーションが高かったのにもかかわらず、次の日になると、そのモチベーションが吹き飛んでいる時が時折あります。

人間って、本当に勝手だし不思議な生き物ですよね…

このブログスランプの原因は私の中では3種類かなと思っています。

それは。

  • なかなか稼げないこと
  • ブログのネタがない
  • シンプルに書くのがおっくう

この3種類です。

逆に言うと、この3種類しかないのかなと思っております。

まず、「なかなか稼げないこと」
ブログを始めた動機が「稼げたい」であった場合、この原因に稼げるまで悩まされることになり、その潜在意識がスランプにさせると思います。

ブログは成果が出るまで、基本的には長期間かかると言われています。

頭ではわかっているのですが、体がなかなかついてこない日もあります。

結果が出ないことをひたすら続けると不安にもなります。
「このままでいいのか」「続けて大丈夫なのか」「努力した結果報われなかったらどうするのか」いろいろな言葉が頭の中に浮かび上がります。

当然、人間なので楽をしたいという自分もそこで姿を現すことになります。

「いや…努力し続けて結果がでなかったら無駄だし辞めといた方がいいんじゃね?」とか「稼げる効率的な方法はいっぱいあるんだから辞めようぜ」と悪魔のささやきと葛藤することになります。

そして、ブログスランプに陥ります。

どうでしょう。
ブログ運営している人であれば共感できることがあるのではないですか?

そして次に「ブログのネタがない」という場合もスランプの原因の一つでしょう。

だいたいブログのネタなんて、50記事程度書いた時点で、もう尽きていますよね。

後は自分のインプットを増やしてネタを捻出するか、日々の気づきや、起こったことをネタにするしかなくなってきます。

当然、この作業がブログにおいてはしんどい作業であり、多くの人が「ネタ切れ」に悩みます。

最後に「シンプルに書くのがおっくう」というのもスランプの原因のひとつでしょう。

私のブログ記事は、ひとつだいたい3,000~4,500字くらいのボリュームになっています。

これが多いのか少ないのかはわかりませんが、小学校や中学校の時に作文の時間にあくせくしながら完成させた、あの原稿用紙と呼ばれるやつは1枚たったの400字しか書くことができません。

それを約10枚程度、毎日書いている事になるのでそりゃあたまにはシンプルに書くのがおっくうになる時だってあります。

と、このように上記にあげた3種類が主にスランプの原因だと私は分析しております。

原因がわかれば、次にその解決法を導くことができます。

では、どのようにして解決していけばいいのでしょうか。

ブログスランプの具体的な解決方法

実はスランプを脱出する方法はいたってシンプルです。

なんだ~精神論かよ。と思うかもしれませんが、ブログスランプを克服する方法は「気合い」だと思います。

拍子抜けしたかもしれませんが、きっとこれしかありません。

近道なんてありませんし、楽してスムーズにブログスランプを克服できる方法なんてないと思います。

書くことがなくてもとりあえずパソコンの前に座って、必死にネタになりそうなことをネット上から探す。

自宅にある本から、一生懸命にインプットして、なんとかエッセンスを汲み取り記事を書いていく。

筆が進まないけど、なんとかキーボードを無理にでも叩いていく。

ネタが浮かばなくても、何時間でもネタを探し続ける。
これしかないのかなと思います。

毎日更新をしていない人にとっては、「今日はなんだかスランプ気味だから、休んで明日書こう」という判断ができるでしょう。

しかし、毎日更新をしている人は、やはり何かの記事を投下する必要があるので、ひねり出すしかないのです。

そこに「気合い」以外の力は必要ありません。

「気合い」で自分を奮い立たせて、無理にでも筆をとり、記事を書いていくしかないでしょう。

そこに裏技などないでしょう。

ブログで成功されている人はみんなそういう道を歩んでこられていますので、自分だけうまく苦しい事をすり抜けられるはずもありませんから。

「気合い」って重要ですね。

どの世界でもそうですが、「気合い」が必要でない世界なんてありませんね。

ブログスランプをポジティブにとらえよう

とはいえ、ブログスランプを悲観する必要はまったくないありません。

ブログスランプに陥るということは、ある程度がんばってこないとならないと思います。

20記事や30記事程度しか書いていない人はスランプに陥ることは、おそらくないでしょう。

それなりの量をこなし、更新を頑張っている人が陥るものだと思うので、ネガティブなとらえ方をするのではなく、ポジティブにとらえましょう。

「あぁ、自分成長しているんだ」と、悦に入るのも素敵ですね。

スランプを成長痛というとらえ方もありますから、ステップアップの最中だという考え方もできます。

なので、決してブログスランプは悪いものではありません。

むしろ、良いものかもしれません。

ブログスランプに陥った時は、「休む」という簡単な判断はせず、スランプから逃げずに、真っ向から戦っていって、なんとか気合で乗り切りましょう。

ネタが浮かばなくても、書くのがだるかっても、稼げない期間が続いて、まるで出口にない暗いトンネルを歩いているように感じても、それでもパソコンの前に座って、「気合い」で乗り越えましょう。

それでは、今回はこの辺にして終わります。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。