顔出しブログは160記事くらい書くとリアルな友人に身バレします

Hello World!!
杉山です。

Twitterに疲れ、Twitter更新をお休みしているので「ブログ更新ツイート」をしなくなったせいで、どれくらい記事書いたかを、あまり把握していなかったのですが、なんと160記事くらい積み上げていました。

毎日更新しているので、期間にしては5カ月ですね。

まあ、よくも飽き性の私がここまで続けられているものですね。
まさか、プログラミングよりもブログが続くとは思いもしませんでした。

まあ、そんな私の感想はどうでもいいですよね。
すいません。

実は、最近リアルな友人や昔の職場の同僚などから「ブログを発見した」とか「ブログ見てますよ」とお声をいただくことが増えたので、今回はその事について書いていきたいと思います。

私がブログやツイッターを始めた当初はリアルな友人には一切告知せずに始めました。

なので、始めた当初。
私が、ブログをしているとか、ツイッターをしているとかを知っている人はいなかったと思います。

そして、月日が流れ、会社を辞めて独立をして、ちょうど3ヵ月くらい経って、ブログの記事数が160記事くらいになると、徐々に身バレしだすようになりました。

その要因や心境について書いていきます。

なので、ブログを運営していて「いつ身バレするかな?」と考えられている人にとっては一つの目安になると思いますので、是非ご参考にしてください。

実名顔出しブログをして160記事くらい書いたら、リアルな友人に身バレしました

実名顔出しブログをして160記事くらい書いたら、リアルな友人に身バレしました

ブログが身バレした要因を考察する

私は、160記事くらい書いたら、徐々に身バレし始めました。

把握している範囲では、私の数少ない友人2人と、前の職場の同僚1人です。

把握しているのは3人ですが、この3人に関しては「ブログ見ている」と言ってくれたので私も把握することができましたが、もしかするともっと多くの人が潜在的に見ている可能性はあります。

では、なぜ身バレしたのでしょうか?

160記事くらい書いたら、全員が身バレするのかと言うと、きっとそうではありません。

私には、私の身バレする要因があったからなのではないかと考察します。

きっと要因は以下の点だと考察しています。

  • 「ブログしている」と自分から言っていたから
  • 「杉山翔平」で検索すると3番目くらいにブログがくる
  • 「何しているのか?」と気になる存在であったから

「ブログしている」と自分から言っていたから

まず、一つ目の要因が自分から「ブログをしている」と言っていたからでしょう。

私は、ブログを運営するにあたって「身バレしてもいい」という思いがあったので、ブログをしていることを話していました。

だから、それを聞いた友人がおそらく、名前検索したのではないかと考察します。

「杉山翔平」で検索すると3番目くらいにブログがくる

あとは、全国の同姓同名の方を差し置いて、「杉山翔平」で検索すると上位から3番目は全て私のツイッターだったり、ブログだったりが表示されることにも要因があるでしょう。

私の名前が「田中太郎」であれば、同姓同名の人がいっぱいいるので、検索上位を取るのは難しかったと思いますが、「杉山翔平」の同姓同名は、たぶん少ないので検索上位を独占することができています。

検索流入の分析をしても、月に「杉山翔平」で検索流入してきている人は87人もいますから、もしかしらもっと多くの人に身バレしている可能性もあります。

「何をしているのか?」と気になる存在であったから

最後の要因は、「何をしているのか?」とその人の中で気になる存在であったからだということが考察できます。

私に関心や興味がまったくないのなら「何をしているのか?」なんて気になることすらなく、検索画面にわざわざ「杉山翔平」で検索してくれないわけです。

少なからず、その人の心の中では気になる存在であったと思います。

自分ではあまり何も思いませんが、はたから見るとけっこうクレイジーな生き方をしているのにも、気になる存在でい続けられる存在になれた要因かもしれません。

バレたときの心境と、その後の心境

バレたときは、恥ずかしい気持ちになりますが、でもブログを運営している人間からすると身バレすることは嬉しいことでもあります。

見てくれる人は誰であっても嬉しいものです。
そこから、固定読者になってくれるかどうかは、私の記事次第になるでしょう。

当たり前の事実として、身バレして、この先見るかどうかはリアルな友人であろうと、検索流入で入ってきた初見の読者さんであろうと。

おもしろいと感じてくれれば、定期的に見てくれるでしょうし、おもしろくないと思われれば、わざわざ見てくれることはなくなるでしょう。

なので、身バレしようが、身バレしなかろうがやることは何も変わりません。

好きな事も書くけど、基本的には記事を通じて「おもしろい」「ためになった」と思ってもらえることを念頭においてブログ運営をしていますので、そう思われる記事をこれからも書いていこうと、身バレをして更に身が引き締まりました。

身バレした私が身バレしたくないブロガーに向けて、身バレしない方法を伝授する

私は、どこかの会社に属しているわけでもないし、ブログではけっこう好き放題書いていますが、身バレしても恥ずかしいという気持ちくらいで、たいして何も思いませんが、副業でブログをしている人は身バレするとまずいですよね。

会社にバレたときに、副業禁止の会社だったらクビになる可能性もあります。

あとは、身バレしたらやばいような事を書いているブログなら「身バレしたらやばい」と思っている人もいるでしょう。

そんな人達に向けて、身バレしない方法を伝授します。

方法は至ってシンプルで、以下の2点を守れば身バレは絶対にしません。

  • 実名、顔出しをしない
  • 著者個人のことを一切書かない

実名、顔出しをしない

実名、顔出しをしなければまずもって誰かわかりません。

ネット検索するといっぱいでてきますが、いわゆる匿名ブロガーというやつです。

稼ぐことだけを目的なのであれば、匿名でも十分にお金は稼ぐことはできるので、実名、顔出しが全てではありませんし、身バレが怖いなら、実名、顔出しを考える以前の問題で、匿名にするほうがいいでしょう。

著者個人のことを一切書かない

実名、顔出しはしていないのにバレることもたまにあります。

なぜ、バレるかというと「個人に関する情報を書くから」です。

仮に私が実名、顔出ししていなくても「不動産営業マンしていたけど、辞めてWeb系で独立している」と書いていて、大阪に住んでいて…とか書くと、わかる人が見れば、「あれ?この人もしかして…。」となるでしょう。

なので、身バレを一切してほしくない場合は、個人に関する情報は一切書かないことを徹底したほうがいいでしょう。

なので、著者の思想などは前面に一切ださずに「お役立ち情報」のみを書き続けるブログなどにすれば身バレは防ぐことができます。

以上、上記2点を守れば、身バレを防ぐことができます。

しかし、匿名で、お役立ち情報ばかり書いているブログはその瞬間、瞬間は役に立ってためになるでしょうけど、固定ファンがつくことは期待しにくいと思います。

私はやっぱり、実名、顔出し派です。

その方が、その人の人間性とか思想に触れることができて、見ている側としても楽しく思います。

実名顔出しか匿名か?論争については以下の記事でも詳細に触れていますので、お時間ある方は是非。

ブログで実名顔出しするべきか迷っている人に伝えたい4つのこと

それでは、今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。