不動産屋は家を売るが、商品である家の事は素人同然レベル

Hello World!!
杉山です。

今回の記事は、これから家を購入しようか考えられている方に是非読んでいただきたい記事になります。

また、その中でも「新築を購入するのではなく、中古を購入しようとする方」に関しては必見の内容となっています。

損をしないためにも、是非最後まで読んでいただければ幸いに思います。

もしかすると、不動産業界のことをあまりよく知らない人からすると衝撃を受ける事実かもしれませんが、あなたに、様々な家を紹介してくれている目の前の不動産屋の家に関する知識は「素人同然レベル」であることが多いです。

もちろん、取引に関してはプロでしょう。

住宅ローンの審査のやり方に、契約の手順や、融資金を支払って、取引を滞りなく完結させることに関してはプロであることに間違いはありません。

では、どういうことが「素人同然レベル」かというと、「家に関してです」。

家とは、つまり商品。
あなたに紹介している、あの家もその家もぜーんぶ不動産屋は実はあまりよくわかっていません。

簡単いうと、家がどうやって建っているか、なんてよく知りません。

家がどのように建つかも知らないどころか、販売資料を見なければ、築何年の建物なのか、リビングは何畳あるのか、玄関の向きは何向きなのかすら、わかっていない営業マンがほとんどだと思います。

もちろん、不動産屋を生業としながら建設業もやられている会社だったり、建築の勉強も並行している勉強熱心な営業マンであれば話は別ですが、そんな人はごくごく僅かであります。

不動産大手仲介業者含む、中小、零細含めた、ほとんどの企業に属する営業マンは「家」に関してはお客さんと知識レベルで言ったら大差のない「素人同然レベル」です。

衝撃的な内容かもしれませんが、まずはここをしっかり押さえてください。

ここから本題に入りますが、本題では「なぜ、不動産屋なのに家のことは素人同然レベルなのか?」について紐解いていきます。

言葉を選ばずに言うと、人の一生を占うかもしれない、人生で一番高い買い物と言われている「商品」である「家」を売っている不動産会社の営業マンの知識が素人同然レベルでも、平然と家を売ることができるのかについて書いていきます。

では、まいりましょう。

不動産屋は、取引には詳しいけど売っている商品に関しては素人同然レベル

不動産屋は、取引には詳しいけど売っている商品に関しては素人同然レベル

売主が別にいるし、売主も実はよくわかっていないので、結論:誰もよくわかっていない

そもそも、なぜ自分の「商品」である「家」の知識が素人同然レベルかというと、その「商品」は自社開発した商品ではないからです。

中古を扱うということは、現在は「誰かが所有している」ということになり、今、あなたに紹介してきている不動産の営業マンが属する会社の「商品」ではありません。

ようは、所有者は別なのです。

その不動産営業マンは、その家の所有者から「売って下さい」とお願いをされて販売してるだけに過ぎません。

なので、当然自社製品じゃないので、どのようにして建てられたかとか、何年建築か、間取りがどのようなものかなどは、図面からしか見ることができません。

なので、物件のメリットデメリットも基本的には表面的なことしか答えることができません。

これから何十年住むことを考えているお客さんに対しては、基本的には不十分な情報量しか持ち合わせていません。

それは、不動産営業マンに罪があるわけではありません。

不動産業界がそういう構造になっているので仕方がないのです。

あくまでも、ブローカーでしかないのです。

「右から、左に横流して売る」というのが元来、不動産の仲介業の商いなのです。

その家に住んだこともないですし、建物のことなんてよくわかっていません。

案内当日に、不動産の営業マンすら初めて家の中に入ることなんてザラです。

なので、不動産営業マンに「建物の不具合」について聞いてもわかるわけないんです。

不動産営業マンに「住んでみて気づくこと」を聞いても無駄なんです。

すべてわかりっこありません。

一番は、売主に聞くことです。

居住中の家を内覧行く場合は、売主に聞く絶好のチャンスです。
聞きたいことをリスト化して、遠慮せずに聞きましょう。

空き家であった場合は、不動産営業マンを通じて聞いてもらいましょう。

しかし、売主さんも基本的には一般の人なので、建築の知識もありませんので、素人同然レベルであることに変わりはありません。

なので、結局。
売主も、あまりよくわかっていないですし。
不動産営業マンもよくわかっていません。

全員、よくわかっていないので、当然、あなた自身もわかるはずがありません。
しかし、よくわかっていない状態で購入してしまって、後で後悔するのはあなたですよね。

売主は売れれば、目的達成ですし。
不動産屋は、売れて仲介手数料を受領すれば目的達成です。

これから先、住み続けるあなたが、金輪際「よくわかっていない状態」のリスクを背負い続けることになるので、流されず、自己責任で納得のいくように調べることが必要です。

営業マンの言葉を鵜呑みにするのは危険です

ここまで読んでいただいたのなら、不動産営業マンもあまりよくわかっていないことを理解いただけたかと思います。

なので、営業マンにその「家」のことを質問しても、正確な情報というのは基本的に得られないくらいに思った方が無難でしょう。

そんな、よくわかっていない営業マンの中には「売りたい」が為に、本当は知らないのに、知っているかのように「ふわっとした回答」をするものもいます。

この「ふわっとした回答」が実は最も危険で、受け取り手によっては「不動産営業マンがそういっているなら安心」となってしまうことがあるからです。

例えば、あなたが「あの家って、雨漏りしていませんよね?」と聞いたとします。

営業マンは「そんな話、聞いてないですね。」と答えます。

きっと、あなたは安心します。
でも、実はこの回答には落とし穴があります。

営業マンは嘘はついていません。
本当に、「雨漏り」があるかどうかは聞いていないんでしょう。

でも、雨漏りの話を聞いていないのは、雨漏りがないとはイコールで結びつきません。

営業マンはあくまでも「雨漏りの話を聞いていない」と答えただけで、「雨漏りがない」とは回答していないのです。

高いお金をだして、購入した後に雨漏りがあったとしても、もう後の祭りです。

営業マンにとがめても、「実際、話は聞いておりませんでしたので…。」と諭されて終了です。

そこからは、隠していた売主と裁判するかどうかの話になりますが、せっかくの夢のマイホーム購入をそんな結末で終わらせたくないですよね。

なので、決して営業マンの話を盲信して鵜呑みにするのは危険です。

すべては自己責任というくらいの気概が、中古住宅購入では必要です。

まとめ

不動産業界の構造を少しご理解いただけたでしょうか。

不動産営業マンは、他の業種の営業マンと違い、自分が売っている商品をよく知らないという特殊な傾向がありました。

なにも、不動産営業マンが悪いわけではありません。

仲介という、商売上、普通の話なのです。
しかし、こういう情報を家を買う人は知らないわけですから、今回の記事を読んでいただいて、しっかり理解した上で住宅購入を進めてもらえれば幸いに思います。

基本的に、誰も盲信してはいけません。
購入してから、なにか発見してしまっても、後の祭りなので、頼れるのは自分だけです。

後悔のないように、納得のいくまで調べるのが得策です。

それでは、今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。